Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2016.12.27号(12/20発売)

特集:独裁者とSNS 偽ニュースの世界

2016年12月27日号(12/20発売)

Cover Story

独裁者が悪用するソーシャルメディアの「暗黒面」 民主主義をむしばむフェイクニュースの脅威

メディア 「脱事実」が民主主義を殺す
視点 ソーシャルメディアの暗黒面
ソーシャルメディア フェイスブックの避けられない戦い
サイト 偽ニュースで築いたプロパガンダ帝国
ビジネス フェイスブックよ、中国はやめておけ
社会 ポスト真実時代のメディアリテラシー
【PERISCOPE】
InternationaList
CHINA 中国の米潜水機拿捕で南シナ海に緊張が
SYRIA 「アレッポの惨劇」を招いた欧米の重い罪
YEMEN アメリカの武器が民間人を殺す
ITALY ポピュリスト躍進でイタリアはさらに迷走
BRITAIN 移民労働者の不足はロボットに任せろ
UNITED STATES トランプ政策の勝算はゼロ
MONGOLIA モンゴルが切るインドカード
JAPAN 北方領土問題はプーチンの「肩すかし」
U.S. Affairs
女性初の米大統領はトランプの娘かも
次期国務長官は「ロシアの手先」か
Business
FRB利上げが阻むトランポノミクス
People
2016年に逝った世界のカリスマたち
【FEATURES & ANALYSIS】
貿易 トランプの勘違い対中政策
米外交 中国が笑えないトランプ外交
ブラジル ポスト五輪のリオに訪れた大混乱
欧州 迫り来るファシズムの靴音
【LIFE/STYLE】
Theater 『くるみ割り人形』の冬が来た!
Movies マイルス・デイビスの輝きを探して
Movies 愛が空回りした『MILES AHEAD』
Movies テレンス・マリックの深遠なるマンネリ
Travel 農園暮らしは巨匠が手掛けた別荘で
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 見えない監獄と裸の中国人

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 2

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え中国にも圧力か?

  • 3

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為が危ない流行?

  • 4

    石平「中国『崩壊』とは言ってない。予言したことも…

  • 5

    北朝鮮危機、ニクソン訪中に匹敵する米中合意の可能性

  • 6

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 7

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 8

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 9

    金正恩、中国共産党大会に祝賀メッセージ

  • 10

    北朝鮮「国連加盟国、米の軍事行動に参加しない限り…

  • 1

    イージス艦事故の黒幕は北朝鮮か? 最強の軍艦の思わぬ弱点

  • 2

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 3

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 4

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 5

    石平「中国『崩壊』とは言ってない。予言したことも…

  • 6

    通勤時間というムダをなくせば、ニッポンの生産性は…

  • 7

    北朝鮮の金正恩が愛する実妹ヨジョン 党中枢部入り…

  • 8

    北朝鮮がフィッシング攻撃、米電力会社が標的に

  • 9

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え…

  • 10

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 9

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 10

    カンボジアで飼育されている巨大変異ブタ、安全なの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!