コラム

尖閣問題も五輪ボート会場問題も「ノーベル賞マインド」で

2016年10月25日(火)18時01分
尖閣問題も五輪ボート会場問題も「ノーベル賞マインド」で

TT News Agency/Stina Stjernkvist/ via REUTERS

<ノーベル賞3年連続受賞を受け、「日本は本当にすばらしい!」と中国人が大騒ぎ。だが日中両国にはぜひとも、大胆かつオープンな姿勢でノーベル平和賞を共同受賞してもらいたい。東京五輪で韓国開催案が飛び出した会場問題についても、同様の姿勢が求められるのではないか> (写真は今年のノーベル医学生理学賞の発表の様子)

 こんにちは。新宿案内人にして「元・中国人、現・日本人」の李小牧です。最近、中国人の友人の愚痴を聞くのが辛い。

「いやあ、日本は本当にすばらしい。それに比べて中国は......」

 大隅良典・東京工業大学栄誉教授のノーベル医学生理学受賞の後、中国の友人からたびたびこうしたぼやきを聞くようになった。2016年のノーベル賞では大隅教授の受賞が中国でもっとも注目を集めたといってもいいのではないか。中国メディアを見ると、こんな記事が目につく。

「なぜ日本は米国に次ぐ世界第二のノーベル賞大国となったのか?」(財経網、2016年10月6日)
「制度に自信があればこそ、ノーベル賞ラッシュを見る」(財新網、2016年10月10日)
「43歳で助教授、中国なら落ちこぼれの人間がノーベル賞を獲得」(捜狐教育、2016年10月16日)

 いずれも大隅教授の業績を紹介するとともに、日本の教育制度を絶賛する内容だ。日本人(日本国籍保持者)の受賞は3年連続で合計23人。自然科学部門では「今世紀だけで」受賞者数17人となり、米国に次ぐ2位だと報道されている。

 一方、中国は屠呦呦(2015年ノーベル医学生理学賞)の1人だけ。「同じアジアの国なのに、なぜ日本はこれほどクリエイティブな人材を生み出すことができるのか! 中国は詰め込み型教育で子どもたちはへとへとだ。創造性なんて発揮する余裕もない。それに比べて日本はすばらしい」とうらやましがられているわけだ。

【参考記事】それでも中国はノーベル賞受賞を喜ばない

 この中国の報道は不正確で、2001年以降の日本人ノーベル賞受賞者は14人。米国籍を取得した南部陽一郎教授と中村修二教授を加えても16人だ。外国籍を取得した研究者まで入れると、中国にもダニエル・ツイ教授(1998年ノーベル物理学賞)という「元・中国人、現・外国人」の受賞者もいるのだが、これも「中国では実力のある研究者は海外に脱出するのに! やっぱり日本はすばらしい」となるらしい。

 日本の成果はなるべく大きく描き、中国の姿は実像より小さく描く。日本をだしにして中国の教育を嘆く自虐芸にはまっているという側面もありそうだ。

領土問題を平和的に解決できたら受賞確実では?

 もっとも、中国が日本を上回る分野もある。それがノーベル平和賞だ。日本人は佐藤栄作元首相の1人だけ。一方、中国は2人の受賞者を生み出している。

 ただし、ノーベル平和賞には2種類ある。抵抗運動のシンボルとして表彰された者、そして国際平和の課題解決に成果を残した者だ。中国がこれまで受賞したのは前者のパターンだが、世界的大国を標榜している以上、ぜひ後者のパターンでも受賞して欲しい。

【参考記事】「ホワイト・ヘルメット」を無視するノーベル平和賞の大罪

プロフィール

李小牧(り・こまき)

新宿案内人
1960年、中国湖南省長沙市生まれ。バレエダンサー、文芸紙記者、貿易会社員などを経て、88年に私費留学生として来日。東京モード学園に通うかたわら新宿・歌舞伎町に魅せられ、「歌舞伎町案内人」として活動を始める。2002年、その体験をつづった『歌舞伎町案内人』(角川書店)がベストセラーとなり、以後、日中両国で著作活動を行う。2007年、故郷の味・湖南料理を提供するレストラン《湖南菜館》を歌舞伎町にオープン。2014年6月に日本への帰化を申請し、翌2015年2月、日本国籍を取得。同年4月の新宿区議会議員選挙に初出馬し、落選した。『歌舞伎町案内人365日』(朝日新聞出版)、『歌舞伎町案内人の恋』(河出書房新社)、『微博の衝撃』(共著、CCCメディアハウス)など著書多数。政界挑戦の経緯は、『元・中国人、日本で政治家をめざす』(CCCメディアハウス)にまとめた。

ニュース速報

ビジネス

ECB緩和策巡り内部の亀裂鮮明、独出身者は出口戦略

ビジネス

米インフレ率、2%の目標に向かって上昇=シカゴ連銀

ワールド

トランプ米大統領、連邦政府改革の責任者にクシュナー

ビジネス

インタビュー:ECBの金融スタンス、これまでの決定

MAGAZINE

特集:フランス大統領選 ルペンの危険度

2017-4・ 4号(3/28発売)

4月末のフランス大統領選で大躍進が見込まれる極右・国民戦線の女性党首ルペンが支持を広げる理由

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    トランプは張り子の虎、オバマケア廃止撤回までの最悪の一週間

  • 2

    「日本の汚染食品」告発は誤報、中国官制メディアは基本を怠った

  • 3

    森友学園問題、中国でねじれ報道――「極右教育」籠池氏側に立つ?

  • 4

    米株急落、トランプ手腕を疑問視し始めたウォール街

  • 5

    英国警察はなぜ丸腰? ロンドンのテロ事件受けて変…

  • 6

    欧米でブームの「ヒュッゲ」で日本人も幸せになれる?

  • 7

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 8

    情で繋がり、情でつまずく保守の世界~森友学園以外…

  • 9

    トランプの燃費規制緩和、メーカー側の勝利か

  • 10

    金正男殺害の容疑者は北朝鮮の秘密警察に逮捕されて…

  • 1

    韓国セウォル号、沈没から1073日目で海上へ 引き揚げは最終段階

  • 2

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 3

    金正男殺害の容疑者は北朝鮮の秘密警察に逮捕されていた

  • 4

    サウジ国王が訪問を中止したモルディブが今注目され…

  • 5

    北朝鮮、ミサイル発射するも失敗 打ち上げ直後に空…

  • 6

    サウジ国王来日 主婦はほんとに爆買いにしか関心な…

  • 7

    亡命ロシア下院議員ボロネンコフ、ウクライナで射殺

  • 8

    ロンドン襲撃テロ事件で死者4人・負傷40人 英首相「…

  • 9

    米ビール業界を襲うマリファナ「快進撃」

  • 10

    朴大統領失職後の韓国と蔓延する「誤った経済思想」

  • 1

    ウーバーはなぜシリコンバレー最悪の倒産になりかねないか

  • 2

    買い物を「わり算」で考えると貧乏になります

  • 3

    韓国セウォル号、沈没から1073日目で海上へ 引き揚げは最終段階

  • 4

    英女王「死去」の符牒は「ロンドン橋が落ちた」

  • 5

    金正男の長男ハンソル名乗る動画 身柄保全にオラン…

  • 6

    ISISが中国にテロ予告

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 9

    スカーレット・ヨハンソンが明かしたイバンカ・トラ…

  • 10

    ウィリアム王子が公務をさぼって美女と大はしゃぎ、…

Hondaアコードの魅力

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

原子力緊急事態への対応力を向上
日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!