コラム

尖閣問題も五輪ボート会場問題も「ノーベル賞マインド」で

2016年10月25日(火)18時01分
尖閣問題も五輪ボート会場問題も「ノーベル賞マインド」で

TT News Agency/Stina Stjernkvist/ via REUTERS

<ノーベル賞3年連続受賞を受け、「日本は本当にすばらしい!」と中国人が大騒ぎ。だが日中両国にはぜひとも、大胆かつオープンな姿勢でノーベル平和賞を共同受賞してもらいたい。東京五輪で韓国開催案が飛び出した会場問題についても、同様の姿勢が求められるのではないか> (写真は今年のノーベル医学生理学賞の発表の様子)

 こんにちは。新宿案内人にして「元・中国人、現・日本人」の李小牧です。最近、中国人の友人の愚痴を聞くのが辛い。

「いやあ、日本は本当にすばらしい。それに比べて中国は......」

 大隅良典・東京工業大学栄誉教授のノーベル医学生理学受賞の後、中国の友人からたびたびこうしたぼやきを聞くようになった。2016年のノーベル賞では大隅教授の受賞が中国でもっとも注目を集めたといってもいいのではないか。中国メディアを見ると、こんな記事が目につく。

「なぜ日本は米国に次ぐ世界第二のノーベル賞大国となったのか?」(財経網、2016年10月6日)
「制度に自信があればこそ、ノーベル賞ラッシュを見る」(財新網、2016年10月10日)
「43歳で助教授、中国なら落ちこぼれの人間がノーベル賞を獲得」(捜狐教育、2016年10月16日)

 いずれも大隅教授の業績を紹介するとともに、日本の教育制度を絶賛する内容だ。日本人(日本国籍保持者)の受賞は3年連続で合計23人。自然科学部門では「今世紀だけで」受賞者数17人となり、米国に次ぐ2位だと報道されている。

 一方、中国は屠呦呦(2015年ノーベル医学生理学賞)の1人だけ。「同じアジアの国なのに、なぜ日本はこれほどクリエイティブな人材を生み出すことができるのか! 中国は詰め込み型教育で子どもたちはへとへとだ。創造性なんて発揮する余裕もない。それに比べて日本はすばらしい」とうらやましがられているわけだ。

【参考記事】それでも中国はノーベル賞受賞を喜ばない

 この中国の報道は不正確で、2001年以降の日本人ノーベル賞受賞者は14人。米国籍を取得した南部陽一郎教授と中村修二教授を加えても16人だ。外国籍を取得した研究者まで入れると、中国にもダニエル・ツイ教授(1998年ノーベル物理学賞)という「元・中国人、現・外国人」の受賞者もいるのだが、これも「中国では実力のある研究者は海外に脱出するのに! やっぱり日本はすばらしい」となるらしい。

 日本の成果はなるべく大きく描き、中国の姿は実像より小さく描く。日本をだしにして中国の教育を嘆く自虐芸にはまっているという側面もありそうだ。

領土問題を平和的に解決できたら受賞確実では?

 もっとも、中国が日本を上回る分野もある。それがノーベル平和賞だ。日本人は佐藤栄作元首相の1人だけ。一方、中国は2人の受賞者を生み出している。

 ただし、ノーベル平和賞には2種類ある。抵抗運動のシンボルとして表彰された者、そして国際平和の課題解決に成果を残した者だ。中国がこれまで受賞したのは前者のパターンだが、世界的大国を標榜している以上、ぜひ後者のパターンでも受賞して欲しい。

【参考記事】「ホワイト・ヘルメット」を無視するノーベル平和賞の大罪

プロフィール

李小牧(り・こまき)

新宿案内人
1960年、中国湖南省長沙市生まれ。バレエダンサー、文芸紙記者、貿易会社員などを経て、88年に私費留学生として来日。東京モード学園に通うかたわら新宿・歌舞伎町に魅せられ、「歌舞伎町案内人」として活動を始める。2002年、その体験をつづった『歌舞伎町案内人』(角川書店)がベストセラーとなり、以後、日中両国で著作活動を行う。2007年、故郷の味・湖南料理を提供するレストラン《湖南菜館》を歌舞伎町にオープン。2014年6月に日本への帰化を申請し、翌2015年2月、日本国籍を取得。同年4月の新宿区議会議員選挙に初出馬し、落選した。『歌舞伎町案内人365日』(朝日新聞出版)、『歌舞伎町案内人の恋』(河出書房新社)、『微博の衝撃』(共著、CCCメディアハウス)など著書多数。政界挑戦の経緯は、『元・中国人、日本で政治家をめざす』(CCCメディアハウス)にまとめた。

ニュース速報

ワールド

北朝鮮の脅威への対抗がトランプ大統領の「最優先課題

ビジネス

独仏伊、EUに欧州企業買収の規制強化を要請=伊紙

ワールド

北朝鮮問題、非核化の意思と行動見せるまで圧力=河野

ビジネス

想定金利最低の1.2%、国債費抑制23.8兆円=1

MAGAZINE

特集:プーチンの新帝国

2017-8・29号(8/22発売)

内向きのトランプを尻目に中東、欧州そして北極へと「新帝国」拡大を目指すプーチン露大統領の野心と本心

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 2

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 3

    英ケンブリッジ大学がチャイナ・マネーに負けた!----世界の未来像への警鐘

  • 4

    トランプ ─ 北朝鮮時代に必読、5分でわかる国際関係論

  • 5

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 6

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 7

    垂れ耳猫のスコフォがこの世から消える!? 動物愛…

  • 8

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 9

    自動車軽量化へ「木」に脚光 鉄の5倍強い新素材CNF…

  • 10

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と…

  • 1

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 2

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 3

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種の拷問

  • 4

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コ…

  • 5

    バルセロナで車暴走テロ、はねられて「宙に舞う」観…

  • 6

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

  • 7

    北の譲歩は中国の中朝軍事同盟に関する威嚇が原因

  • 8

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 9

    垂れ耳猫のスコフォがこの世から消える!? 動物愛…

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 1

    マライア・キャリー、激太り120キロでも気にしない!?

  • 2

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 3

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 4

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショ…

  • 5

    日本の先進国陥落は間近、人口減少を前に成功体験を…

  • 6

    北朝鮮、グアム攻撃計画8月中旬までに策定 島根・広…

  • 7

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コ…

  • 8

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしま…

  • 9

    対北朝鮮「戦争」までのタイムテーブル 時間ととも…

  • 10

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!