コラム

新宿案内人が14年も続けたコラムを休載する理由

2018年12月20日(木)20時55分

街角で会いましょう!(ゴミ拾いボランティアNPOグリーンバードの活動に参加する筆者) 写真提供:筆者

<自分が「主演」するドキュメンタリー映画の上映に通い続けて、大きな発見があった。2015年の新宿区議選で私が立候補したときに投票してくれた人、東京で在日外国人と関わり合って暮らす人......。そんな人たちの生の声を聞く機会を得られたのだ。そして私は14年間続けてきたこのコラムをいったん休載する>

こんにちは、新宿案内人の李小牧です。

3年前の私の選挙戦を取材したケイヒ監督のドキュメンタリー映画『選挙に出たい』の上映が、東京中野区のポレポレ東中野で続いている。東京の公開は12月21日まで、1月からは横浜、名古屋、京都、大阪の各都市で上映が始まる。東中野ではほぼ毎日、上映が終わった後にスクリーンの前に立って観客のみなさんに挨拶している。大変好評で、映画を見た後、必ずホンモノの主演男優と交流できるという新しいスタイルの映画興行を確立した、と自負している(笑)。

もちろん、1人でも多くの人にこの映画を見てもらいたいからだが、私自身にとっても大きな発見があった。2015年の新宿区議選で私は1018票を獲得したのだが、選挙の素人だったから正直誰が投票してくれたのか、ほとんど分からなかった。それが、映画上映後に観客と交流していると、「私、あの時投票したよ!」という人が何人も名乗り出てくれたのだ。

それだけではない。学生時代に歌舞伎町のディスコでアルバイトをしていたという男性はこう語ってくれた。

「映画を見て選挙の大変さが分かった。歌舞伎町の住人だって政治に関心がないわけじゃない。関心が持ちにくいのは、自分たちの代表がいないからだ」

こんな人もいた。杉並区民だが、外国人向け日本語教室のボランティアをしているという女性だ。

「私たちは飲食店で働く『外国人ママ』にも日本語を教えているんだけど、正直どんな風に対応していいか分からない時がある。彼女たちは日本が好きで日本に来ている。決して出稼ぎばかりじゃない。彼女たちにどう対応したらいいか、教えてほしい」

こういった生の住民の声を聞いて、私は改めて政治家として自分がやるべきことを理解した。まず実現しなければいけないのは、日本人にとっても外国人にとっても安全で安心な街づくりだ。私が住む新宿は住民の12.5%、8人に1人が外国人を占める。先日の国会で新しい入管法が成立したが、これからどんどん外国人労働者は日本で増えていく。彼らを排除するだけでなく、どうにかして同じ日本に暮らす仲間として受け入れることが必要だ。

プロフィール

李小牧(り・こまき)

新宿案内人
1960年、中国湖南省長沙市生まれ。バレエダンサー、文芸紙記者、貿易会社員などを経て、88年に私費留学生として来日。東京モード学園に通うかたわら新宿・歌舞伎町に魅せられ、「歌舞伎町案内人」として活動を始める。2002年、その体験をつづった『歌舞伎町案内人』(角川書店)がベストセラーとなり、以後、日中両国で著作活動を行う。2007年、故郷の味・湖南料理を提供するレストラン《湖南菜館》を歌舞伎町にオープン。2014年6月に日本への帰化を申請し、翌2015年2月、日本国籍を取得。同年4月の新宿区議会議員選挙に初出馬し、落選した。『歌舞伎町案内人365日』(朝日新聞出版)、『歌舞伎町案内人の恋』(河出書房新社)、『微博の衝撃』(共著、CCCメディアハウス)など著書多数。政界挑戦の経緯は、『元・中国人、日本で政治家をめざす』(CCCメディアハウス)にまとめた。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ロ朝が包括戦略条約、有事に相互支援 プーチン氏24

ビジネス

英CPI、5月は3年ぶり2%目標回帰 基調圧力なお

ワールド

マレーシアと中国、経済協力協定更新 デジタル経済な

ワールド

イスラエル、戦争法規違反の可能性 国連が報告書
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...ウクライナがドローン「少なくとも70機」で集中攻撃【衛星画像】

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 6

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 7

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 8

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 9

    トランプ前大統領、選挙演説での「異様な容貌」に支…

  • 10

    SF映画の世界...サウジ皇太子が構想する直線型都市は…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 4

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story