コラム

ヴォーグ誌、独裁者夫人を讃美

2011年03月01日(火)18時20分

シリアのファーストレディー、マサド・アサド

場違いな華 シリアのファーストレディー、アスマ・アサド
Khaled al-Hariri-Reuters


 今日発売の高級ファッション誌ヴォーグの特集は、シリアのアサド一族だ。中東が過去30年で最大の革命の波に襲われているこの時期に、シリアの独裁者へのお追従記事を出すのは非常識だと、ヴォーグの編集者が気づかなかったらしい。

 記事には、中東諸国に広がる反政府デモには、シリア国内のものも含めて一言も触れていない。代わりにクローズアップされているのは、シリアの大統領夫人アスマ・アサド。「茶色の瞳にウェーブのかかった髪と長い首が活気ある優雅さを醸し出し」、「最も新鮮で最も引き付けられるファーストレディー」とある。

 中東の他のファーストレディーたち、とりわけチュニジアのベンアリ前大統領夫人のレイラ・トラベルジィなどは、国外逃亡の際に金塊を持ち逃げしたと非難されるなど国民の怨嗟の的になっている。アスマのほうも、自分の魅力をひけらかしている場合ではないだろう。

 おそらくアサド家は、各国の反政府デモがここまで激しくなる前にインタビューを承諾したのだろう。墓穴を掘るようなことまで言っている。あるエピソードで、アスマは自ら設立したNGOマサールが運営する青少年教育センターの一つを訪ね、楽器の練習をしたりパソコンでチェスをしたりしていた子供たちにいきなり嘘をつく。


 彼女は思いがけないことを言い出した。「ここのセンターを閉鎖して、別の場所に作ったほうがいいと言われているの」と、アスマは言った。子供たちはびっくりする。涙をこらえる子供もいる。怒り出す子も。一人の男の子は健気に言った。「別にいいさ。もうやり方はわかったから、僕たちが小さい子に教えるよ」

 するとファーストレディーは言う。「嘘よ、閉鎖するなんて。どのくらいマサールのことを想ってくれているか試したの」。


 恩着せがましいを通り越して残酷な仕打ちだ。

──デービッド・ケナー
[米国東部時間2011年02月25日(金)12時10分更新]

Reprinted with permission from FP Passport, 1/3/2011. © 2011 by The Washington Post Company.

プロフィール

ForeignPolicy.com

国際政治学者サミュエル・ハンチントンらによって1970年に創刊された『フォーリン・ポリシー』は、国際政治、経済、思想を扱うアメリカの外交専門誌。発行元は、ワシントン・ポスト・ニューズウィーク・インタラクティブ傘下のスレート・グループ。『PASSPORT:外交エディター24時』は、ワシントンの編集部が手がける同誌オンライン版のオリジナル・ブログ。

ニュース速報

ビジネス

日航・ハワイアン航空が業務提携、共同運航やマイレー

ビジネス

焦点:中国の「ゾンビ企業」改革、担い手も国有企業か

ビジネス

ドル111円半ばで方向性出ず、次の材料待ち

ビジネス

日経平均は反落、円高・ハイテク株安が重し 配当取り

MAGAZINE

特集:中国が北朝鮮を見捨てる日

2017-10・ 3号(9/26発売)

核とミサイルを手に恫喝を繰り返す北朝鮮 「血の友情」で結ばれたはずの中国はどう出るのか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮、太平洋での水爆実験あり得るか? 専門家は「大災害」を指摘

  • 2

    北朝鮮「ロケット米全土到達」警告にトランプ反発 米朝、非難の応酬

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    「核保有国」北朝鮮と世界は共存できるのか

  • 5

    13年ぶり凱旋、トヨタのでかいピックアップ車は売れ…

  • 6

    北朝鮮の次はNFLを「口撃」、スポーツまで敵に回した…

  • 7

    金正恩の狂人っぷりはどこまで本物か?

  • 8

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 9

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 10

    北朝鮮、米が宣戦布告と主張 領空外でも爆撃機撃墜…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 3

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 4

    世界初の頭部移植は年明けに中国で実施予定

  • 5

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 6

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(後編)

  • 7

    北朝鮮外相「太平洋でかつてない規模の水爆実験」示唆

  • 8

    猫は固体であると同時に液体でもあり得るのか!? 

  • 9

    北朝鮮「ロケット米全土到達」警告にトランプ反発 …

  • 10

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 3

    北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

  • 4

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

  • 5

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 8

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 9

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 10

    【戦争シナリオ】北朝鮮はどうやって先制攻撃してく…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ザ・サークル」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!