コラム

ヴォーグ誌、独裁者夫人を讃美

2011年03月01日(火)18時20分

シリアのファーストレディー、マサド・アサド

場違いな華 シリアのファーストレディー、アスマ・アサド
Khaled al-Hariri-Reuters


 今日発売の高級ファッション誌ヴォーグの特集は、シリアのアサド一族だ。中東が過去30年で最大の革命の波に襲われているこの時期に、シリアの独裁者へのお追従記事を出すのは非常識だと、ヴォーグの編集者が気づかなかったらしい。

 記事には、中東諸国に広がる反政府デモには、シリア国内のものも含めて一言も触れていない。代わりにクローズアップされているのは、シリアの大統領夫人アスマ・アサド。「茶色の瞳にウェーブのかかった髪と長い首が活気ある優雅さを醸し出し」、「最も新鮮で最も引き付けられるファーストレディー」とある。

 中東の他のファーストレディーたち、とりわけチュニジアのベンアリ前大統領夫人のレイラ・トラベルジィなどは、国外逃亡の際に金塊を持ち逃げしたと非難されるなど国民の怨嗟の的になっている。アスマのほうも、自分の魅力をひけらかしている場合ではないだろう。

 おそらくアサド家は、各国の反政府デモがここまで激しくなる前にインタビューを承諾したのだろう。墓穴を掘るようなことまで言っている。あるエピソードで、アスマは自ら設立したNGOマサールが運営する青少年教育センターの一つを訪ね、楽器の練習をしたりパソコンでチェスをしたりしていた子供たちにいきなり嘘をつく。


 彼女は思いがけないことを言い出した。「ここのセンターを閉鎖して、別の場所に作ったほうがいいと言われているの」と、アスマは言った。子供たちはびっくりする。涙をこらえる子供もいる。怒り出す子も。一人の男の子は健気に言った。「別にいいさ。もうやり方はわかったから、僕たちが小さい子に教えるよ」

 するとファーストレディーは言う。「嘘よ、閉鎖するなんて。どのくらいマサールのことを想ってくれているか試したの」。


 恩着せがましいを通り越して残酷な仕打ちだ。

──デービッド・ケナー
[米国東部時間2011年02月25日(金)12時10分更新]

Reprinted with permission from FP Passport, 1/3/2011. © 2011 by The Washington Post Company.

プロフィール

ForeignPolicy.com

国際政治学者サミュエル・ハンチントンらによって1970年に創刊された『フォーリン・ポリシー』は、国際政治、経済、思想を扱うアメリカの外交専門誌。発行元は、ワシントン・ポスト・ニューズウィーク・インタラクティブ傘下のスレート・グループ。『PASSPORT:外交エディター24時』は、ワシントンの編集部が手がける同誌オンライン版のオリジナル・ブログ。

ニュース速報

ワールド

北朝鮮大使、米韓軍事演習続く限り交渉しないと言明

ビジネス

焦点:中国金融機関の外資規制緩和、早期活用は厳しい

ワールド

特別リポート:サウジ「王室分裂」の裏側、汚職口実に

ビジネス

中国人民銀、穏健で中立的な金融政策を維持へ=四半期

MAGAZINE

特集:ビットコイン 可能性と危険性

2017-11・21号(11/14発売)

高騰を続け、今や1000種類以上に増えた仮想通貨 未来を変え得る新技術のリスクとメリットを真剣に考える

グローバル人材を目指す

人気ランキング

    • 1

      北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

    • 2

      北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

    • 3

      北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

    • 4

      「セックスしている子もいるけど私はしたくない」 …

    • 5

      サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

    • 6

      飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

    • 7

      日中首脳会談、習近平はなぜ笑顔だったのか

    • 8

      北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

    • 9

      体臭とセックスアピールの意外な関係

    • 10

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 1

      北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

    • 2

      北朝鮮の電磁パルス攻撃で「アメリカ国民90%死亡」――専門家が警告

    • 3

      北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

    • 4

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 5

      人はロボットともセックスしたい──報告書

    • 6

      北朝鮮経済の「心臓」を病んだ金正恩─電力不足で節約…

    • 7

      生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過…

    • 8

      国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料ま…

    • 9

      トランプは宣戦布告もせず北朝鮮を攻撃しかねない

    • 10

      北朝鮮危機「アメリカには安倍晋三が必要だ」

    PICTURE POWER

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
    日本再発見 シーズン2
    定期購読
    期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
    メールマガジン登録
    売り切れのないDigital版はこちら

    MOOK

    ニューズウィーク日本版 特別編集

    最新版 アルツハイマー入門

    絶賛発売中!