コラム

スーダン南部、独立後の国名も重要

2011年01月11日(火)17時39分

 国のブランディングに関する専門サイト「ネーション・ブランディング」のアンドレアス・マルケシニスは興味深い質問を投げかけている。今週にもスーダンから独立して誕生するはずの新しい国家が何という名前になるのか、だ。


 一つの可能性は「新スーダン」だが、この国名では、国際社会から「ならず者国家」と見なさている元のスーダンを連想させてしまうという反対意見も多い。何の影響力も持たない弱小新国家が、元のスーダンと新スーダンの違いを世界の人々にわからせるには長い歳月を要するだろう。

 世界には、いまだに韓国と北朝鮮を混同していて、どっちがならず者のほうだったかを思い出せない人もたくさんいるぐらいだ。スーダンという言葉を含むいかなる国名もマイナスのほうが多いのでは、と当事者たちは懸念する。

 同じ理由で、スーダン南部の人々のほとんどがやはり好きになれないのが「南スーダン」という国名だ。これでは、南スーダンはいまだにスーダンの南部地域を指すように見えて、独立国家として認識してもらえない恐れがある。

 もっとも一方には、スーダンという固有名詞を国名から失いたくないという人々もいる。彼らは、南スーダンの領土こそ本当の「スーダン」だと信じている。アラブ系イスラム教徒が多数派を占めるようになった北部はもはやスーダンではない。

「スーダン」という言葉はアラビア語の語源では「黒人の土地」を意味する。だから「スーダン」という名は、黒人より薄い茶色や白い肌の色をしているアラブ人が支配的な北部より、黒人が多い南部にふさわしいというのだ。


 

■今のスーダンは「虐殺」と同義語

 世界のメディアでこの地が「南スーダン」として定着していることを考えると、実際問題としては南スーダンに落ち着かざるを得ないのではないかと思う。

 だが、スーダンという言葉が近年では虐殺や飢餓と同義語になってしまったことを考えると、その名を捨てることのほうが国家ブランディングの立場から賢明そうだ。今のバングラデシュ人で、自分たちの国名が「東パキスタン」のほうがよかった、と思う人がいないのと同じだ。

 何より南スーダンは、旧仏領のコンゴ共和国と、旧ベルギー領ザイールが転じたコンゴ民主共和国のように、どっちがどっちか誰にも分からない紛らわしいネーミングは避けなければならない。

 ナイル川の名を取って、ナイル共和国というのも悪くないが、マルケシニスが指摘するように、ナイル川の名称を使うとエジプトがうるさい。

 大手タバコ会社のフィリップ・モリスがアルトリアに社名変更したのをまねて、いっそまったく無関係の名前をでっち上げてはどうか。新たなスタートを何より必要としている国家にとって、そう悪い考えではあるまい。

──ジョシュア・キーティング
[米国東部時間2011年01月7日(金)17時40分更新]

Reprinted with permission from FP Passport, 11/1/2011. © 2010 by The Washington Post

プロフィール

ForeignPolicy.com

国際政治学者サミュエル・ハンチントンらによって1970年に創刊された『フォーリン・ポリシー』は、国際政治、経済、思想を扱うアメリカの外交専門誌。発行元は、ワシントン・ポスト・ニューズウィーク・インタラクティブ傘下のスレート・グループ。『PASSPORT:外交エディター24時』は、ワシントンの編集部が手がける同誌オンライン版のオリジナル・ブログ。

ニュース速報

ワールド

ユーロ弱過ぎ、ECB金融緩和で=メルケル独首相

ワールド

英との離脱交渉、6月19日の週に開始へ=EU側代表

ビジネス

インタビュー:世界は常に不確実、リスク分散図るオル

ワールド

トランプ米大統領、中東和平実現へ協力呼び掛け イス

MAGAZINE

特集:トランプの陰謀

2017-5・30号(5/23発売)

アメリカを再び揺るがす大統領側近たちの策謀──。「ロシアゲート」はウォーターゲート事件と同じ展開になるか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    トランプ政権のスタッフが転職先を探し始めた

  • 2

    「最大で178万円」高騰する北朝鮮からの脱出費用

  • 3

    給食費未納の問題を「払わない=悪」で捉えるな

  • 4

    「折れない心」を持っている人には、信頼できる人間…

  • 5

    初外遊の憂鬱、トランプはアメリカ料理しか食べられ…

  • 6

    「やっちゃだめ」を全部やっちゃうトランプ大統領

  • 7

    「これでトランプを終わらせる」マイケル・ムーアが…

  • 8

    菅官房長官「共謀罪法案の人権報告書簡に抗議」 国連…

  • 9

    中国「一帯一路」国際会議が閉幕、青空に立ち込める…

  • 10

    カナダで性別を定義しない出生証明書実現の見込み

  • 1

    ニクソンより深刻な罪を犯したトランプは辞任する

  • 2

    トヨタとホンダをまねた中国自動車メーカーが躍進!

  • 3

    初外遊の憂鬱、トランプはアメリカ料理しか食べられない!

  • 4

    トランプ、最高機密をロシア外相らに話して自慢

  • 5

    共和党はなぜトランプを見限らないのか

  • 6

    「これでトランプを終わらせる」マイケル・ムーアが…

  • 7

    習近平の顔に泥!--北朝鮮ミサイル、どの国への挑戦…

  • 8

    日本はAIIBに参加すべきではない--中国の巨大化に手…

  • 9

    トランプのエルサレム訪問に恐れおののくイスラエル

  • 10

    トランプ降ろし第3のシナリオは、副大統領によるクー…

  • 1

    25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

  • 2

    ディズニーランド「ファストパス」で待ち時間は短くならない

  • 3

    ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメント拒否

  • 4

    北朝鮮ミサイル実験「失敗」の真相

  • 5

    北朝鮮ミサイル攻撃を警戒、日本で核シェルターの需…

  • 6

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 7

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 8

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 9

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 10

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!