コラム

日本は原発を捨てるべきか

2011年03月31日(木)19時22分

 福島第一原発の事故で、これから日本で原発を建設することは絶望的になった。各地で、建設中の原発も工事が止まるなど、見直しが相次いでいる。他方、オバマ米大統領は、原油の輸入量を向こう10年で1/3削減する「エネルギー安全保障政策」を発表した。この中で彼は「公益企業は2035年までに電力の80%を風力、太陽熱、原子力、天然ガスなどのクリーン・エネルギーでまかなうことを義務づける」として原子力をクリーン・エネルギーと位置づけた。

 原子力がクリーン・エネルギーだという話には、福島原発の事故を見ている日本の国民は抵抗を覚えるだろう。しかし原発は、少なくとも死者数を基準にすると、他の発電所より安全である。IEA(国際エネルギー機関)の統計によれば、発電量1TWh(兆ワット時)あたりの死者は、石炭火力の161人、石油火力の36人に対して原子力は0.04人。そのほとんどはチェルノブイリ原発事故で、西側諸国で原発事故による死者はほとんどいない。

 たとえ確率は低くても、一度起こると非常に大きな災害になる場合には配慮が必要だ。チェルノブイリ事故の死者は推定によって大きく違うが、最少のIAEA(国際原子力機関)の推定でも4000人、多い推定ではガンによる死者を入れて10万人という説もある。しかし先々週のコラムでも書いたように、今回の事故では地震と同時に運転が止まったので、チェルノブイリのような大惨事になることは考えられない。今のところ放射能汚染による死者はゼロで、今後もそれに近いだろう。今回のような最悪の条件でこの程度の被害なら、管理可能である。

 もちろん原発の周囲は放射能で汚染されたため、半永久的に立ち入り禁止になるだろう。住居を失った人や農畜産物の被害は1兆円以上と推定されるが、これは5兆円以上にのぼる東京電力の1年間の売り上げで賠償できない額ではない。損害賠償によって東電の経営が破綻する可能性もあるが、これは原子力を推進してきた国が支援することになっている。経済的被害だけなら、今回の地震と津波の損害20兆円の1割程度だろう。

 問題は、今回のような大きなリスクをおかすメリットが原発にあるのかということだ。原子力安全委員会の試算では、1kWhあたりの発電原価は次のようになっている:

・原子力:5.9円
・天然ガス火力:6.4円
・石炭火力:6.5円
・石油火力:10.2円
・水力:13.6円

 原子力のコストには、遠い将来までの核燃料サイクルのコストや、今回のような損害賠償のコストが入っていないという批判もあるが、それを入れても原子力の安定性や規模の経済は大きい。石油火力は原油価格の上昇で、コストや供給に不安がある。石炭は上にも見たようにもっとも危険なエネルギーであり、二酸化炭素の排出量も多い。化石燃料に依存するリスクは大きいので、原子力はエネルギー安全保障という観点からも環境保護という観点からも有力だ。

 原子力発電の減少を補うエネルギー源として短期的に有力なのは、天然ガスだろう。ガスタービン炉は成熟した技術で、大量生産でコストも安いので、大きな工場では自家発電に使うこともできる。東電は今年の夏のピーク時までにガスタービン炉を増設するとしているが、出力は30万kWと原発の1/3程度で、ピーク時には1600万kWにのぼると予想される首都圏の電力不足を補うには力不足だ。

 太陽光や風力などの再生可能エネルギーを開発することも重要だが、不安定なので基幹的な電力源にはなりえない。東電の試算では、100万kWの原発と同じ出力を出そうと思うと、山手線の内側全体に太陽光パネルを張る必要があり、発電原価は約70円/kWh。風力はさらにその3.5倍だ。再生可能エネルギーは土地利用型なので、アメリカの砂漠などでは使えても、狭い日本には向いていない。

 日本は原子力への依存度はそれほど高くないのだが、地元対策が困難なために福島や敦賀などの「原発銀座」に立地が集中し、今回のような事故が起こると大量の電力不足が生じる。多様なポートフォリオをもつことは資産運用の鉄則だが、エネルギーについてもリスク分散の戦略が必要だ。そのポートフォリオの一つとして、原子力は捨てないほうがいい。当分、新設は無理だろうが、アメリカのように建設をやめてしまうと再開が困難になる。技術を温存しながら、情報公開によって国民の理解を得る必要がある。

プロフィール

池田信夫

経済学者。1953年、京都府生まれ。東京大学経済学部を卒業後、NHK入社。93年に退職後、国際大学GLOCOM教授、経済産業研究所上席研究員などを経て、現在は株式会社アゴラ研究所所長。学術博士(慶應義塾大学)。著書に『アベノミクスの幻想』、『「空気」の構造』、共著に『なぜ世界は不況に陥ったのか』など。池田信夫blogのほか、言論サイトアゴラを主宰。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

NY外為市場=ドル一時155円台前半、介入の兆候を

ワールド

英独首脳、自走砲の共同開発で合意 ウクライナ支援に

ビジネス

米国株式市場=S&P上昇、好業績に期待 利回り上昇

ワールド

バイデン氏、建設労組の支持獲得 再選へ追い風
MAGAZINE
特集:世界が愛した日本アニメ30
特集:世界が愛した日本アニメ30
2024年4月30日/2024年5月 7日号(4/23発売)

『AKIRA』からジブリ、『鬼滅の刃』まで、日本アニメは今や世界でより消費されている

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 2

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴らす「おばけタンパク質」の正体とは?

  • 3

    「誹謗中傷のビジネス化」に歯止めをかけた、北村紗衣氏への名誉棄損に対する賠償命令

  • 4

    心を穏やかに保つ禅の教え 「世界が尊敬する日本人100…

  • 5

    マイナス金利の解除でも、円安が止まらない「当然」…

  • 6

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 7

    ケイティ・ペリーの「尻がまる見え」ドレスに批判殺…

  • 8

    ワニが16歳少年を襲い殺害...遺体発見の「おぞましい…

  • 9

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 10

    イランのイスラエル攻撃でアラブ諸国がまさかのイス…

  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価」されていると言える理由

  • 3

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた「身体改造」の実態...出土した「遺骨」で初の発見

  • 4

    「世界中の全機が要注意」...ボーイング内部告発者の…

  • 5

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ…

  • 6

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴…

  • 7

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士…

  • 8

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 9

    「たった1日で1年分」の異常豪雨...「砂漠の地」ドバ…

  • 10

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 10

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story