コラム

りんながAIスピーカーでしゃべりだす!?マイクロソフトが新技術発表

2018年04月09日(月)14時00分
りんながAIスピーカーでしゃべりだす!?マイクロソフトが新技術発表

電話で「シャオアイス」と話し、新機能を試してみるユーザー Microsoft

AI新聞からの抜粋

Microsoftの女子高生AIりんな。今のところLINEなどのメッセージング上で文字の対話しかできないが、今後半年以内にAIスピーカーに搭載されて音声でユーザと対話が出来るようになる可能性が出てきた。文字の対話でも人気なのに、音声で対話できるようになれば、りんなに恋する人が出てくるかも。

Microsoftの公式ブログによると、同社は全二重通信音声センスと呼ばれる種類の技術を開発。トランシーバーのような交互に話す対話ではなく、電話のように双方が同時に話すことを可能にする技術らしい。

具体的には、ユーザーの話の途中で意図を汲み取り、文末がどのような形で終わるのかを予測したり、相手が次にどのようなことを言うのかを予測し、ぎこちない時間差を発生させないのだという。また話が脱線しても、すぐに元の話題に戻れるのだとか。

中国で大人気の同社のチャットボット「シャオアイス」には、この技術をすでに搭載済み。2カ月前に発売されたXiaomi製のAIスピーカーYeelingtには既にしゃべれるシャオアイスが搭載されているという。日本の女子高生AI「りんな」など、シャオアイスの姉妹ボットにも搭載を進めているという。

米誌VentureBeatによると、Microsoft関係者が「今後半年以内に他のデバイスへの搭載も進めていく」と語っており、日本でもAIスピーカーにしゃべれる女子高生AIりんなが登場する可能性が高い。

中国のシャオアイスはものすごい人気で、シャオアイスに恋する若者を特集したニュース番組が組まれるほどだとか。りんながしゃべれるようになれば、りんなの人気も高まりそうだ。

【参考記事】女子高生AI「りんな」が世界を変えると思う理由
【参考記事】女子高生AI「りんな」より多才な人工知能が中国で生まれたワケ

*AI新聞からの抜粋

プロフィール

湯川鶴章

AI新聞編集長。米カリフォルニア州立大学サンフランシスコ校経済学部卒業。サンフランシスコの地元紙記者を経て、時事通信社米国法人に入社。シリコンバレーの黎明期から米国のハイテク産業を中心に取材を続ける。通算20年間の米国生活を終え2000年5月に帰国。時事通信編集委員を経て2010年独立。2017年12月から現職。主な著書に『人工知能、ロボット、人の心。』(2015年)、『次世代マーケティングプラットフォーム』(2007年)、『ネットは新聞を殺すのか』(2003年)などがある。

MAGAZINE

特集:沖縄ラプソディ

2019-2・26号(2/19発売)

報道が過熱するほど見えなくなる沖縄のリアル 迫る県民投票を前にこの島を生きる人々の息遣いを聞く

人気ランキング

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    数百万人の「中年フリーター」が生活保護制度を破綻させるかもしれない

  • 3

    日本、オランダ、ついにアメリカも 培養肉の時代がやって来る

  • 4

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    貧困家庭の女子が人生を見限る「自己選抜」......「…

  • 7

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 8

    いじめで「死ななかった子」と親を取材して分かった…

  • 9

    習近平が仕掛ける「清朝」歴史戦争

  • 10

    アップルの税逃れ拠点、アイルランドの奇妙な二重生活

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 5

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

  • 6

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 7

    地球温暖化で鳥類「血の抗争」が始まった──敵を殺し…

  • 8

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 9

    アリアナのタトゥー炎上と日本人の「不寛容」

  • 10

    南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 7

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 8

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 9

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

  • 10

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!