コラム

「バカにされよう。主流はこっちだ」デジハリ杉山学長が考えるAI時代の教育とは

2018年02月16日(金)12時30分

──分かりました。今の現状と今後については、僕の認識と非常に近いように思います。それではここから本題なのですが、そんな時代に向けて教育はどうあるべきでしょうか?

杉山 学生には「皆さんを育ててきた人はコンピューターやネットがないときに価値観を作った人。大人たちは、いろんなことを言ってくるけど、ほとんど意味がないですよ」とよく言います。

デジタルネイティブと呼ばれるような人たちは、自分たちの感覚を信じて、未来を自分たちなりに作っていくのが一番いいと思っています。

幼いころに身につけた価値観やライフスタイルを変えさせるということは、並大抵のことではない。なので今日、年齢層ごとに価値観も世界観も違うのだと思います。多分一世紀分くらいの混乱期があるのではないかと思っています。

──若い人が新しい感覚を持っているのかどうか、僕はよく分からないですね。心の奥底に新しい感覚を持っているのかも知れないですが、多くの若者を見ていると大人と同じようなことを言っている人が多い。中には独自の価値観を持っていても、その価値観と社会の価値観の違いに苦しみ、自己否定に入っている人が多いように思います。一世紀分の混乱って、そういうこともおっしゃってるんですよね。

杉山 はい、そのとおりです。

──そういう苦しんでいる若者を救うのって教育しかないように思うのですが。

杉山 そうですね。デジタルハリウッドは、1994年に専門スクールを開校し、2004年に大学院を開学しました。そのときは、そうした若者の存在には気づきませんでした。もともと大学院には、新しい価値観に覚醒した社会人がやってきていたからだと思います。2005年に大学を開学してから、高校を卒業したばかりの人たちが入学してくるようになって、彼らに日々接してみてびっくりしました。日本の高校までの教育ってとんでもないことをしているのではないか、と感じました。

──どういうことでしょう?

杉山 おっしゃるような苦しんでいる若者が入学してきたんですね。言葉では、「個性を大事にする教育」と言っていても、日本の高校までの教育って実際には個性をつぶしているんじゃないかと思いました。大人に近づくにつれ「社会ってそういうものだ」「自分もそこに染まらなければならないだろう」「本当は違うんだけど、染まらないと生き延びられない」というような考えが非常に強く刷り込まれているように思います。特に日本はそうですよね。人と違うことを表現すると大変なことになる。それでもなんとなくうまくすり抜けられた子はいいですが、そうでないと自己否定に入る。

プロフィール

湯川鶴章

AI新聞編集長。米カリフォルニア州立大学サンフランシスコ校経済学部卒業。サンフランシスコの地元紙記者を経て、時事通信社米国法人に入社。シリコンバレーの黎明期から米国のハイテク産業を中心に取材を続ける。通算20年間の米国生活を終え2000年5月に帰国。時事通信編集委員を経て2010年独立。2017年12月から現職。主な著書に『人工知能、ロボット、人の心。』(2015年)、『次世代マーケティングプラットフォーム』(2007年)、『ネットは新聞を殺すのか』(2003年)などがある。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

東芝株保有のアクティビスト、キオクシア株の売却を要

ワールド

緊急事態宣言の終了時期、専門家の意見聞き適切に判断

ビジネス

新規追加は86.4兆円、事業規模108.2兆円の緊

ワールド

豪求人広告、3月は前月比10.3%減 2009年以

MAGAZINE

特集:ルポ五輪延期

2020-4・14号(4/ 7発売)

「1年延期」という美談の下に隠れた真実── IOC、日本政府、東京都の権謀術数と打算を追う

人気ランキング

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 3

    新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆発の警告

  • 4

    「コロナ後の世界」は来るか?

  • 5

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 6

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 7

    「感染者ゼロ」北朝鮮の新型コロナウイルス対策

  • 8

    コロナウイルスで露呈した中国の本性(一応、ジョー…

  • 9

    安倍首相、7日に緊急事態宣言・8日発効で調整 首都圏…

  • 10

    新型コロナウイルス感染爆発で顕在化 「習近平vs.中…

  • 1

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 2

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 5

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 6

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 7

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 10

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 9

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 10

    豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!