コラム

「バカにされよう。主流はこっちだ」デジハリ杉山学長が考えるAI時代の教育とは

2018年02月16日(金)12時30分

──分かりました。今の現状と今後については、僕の認識と非常に近いように思います。それではここから本題なのですが、そんな時代に向けて教育はどうあるべきでしょうか?

杉山 学生には「皆さんを育ててきた人はコンピューターやネットがないときに価値観を作った人。大人たちは、いろんなことを言ってくるけど、ほとんど意味がないですよ」とよく言います。

デジタルネイティブと呼ばれるような人たちは、自分たちの感覚を信じて、未来を自分たちなりに作っていくのが一番いいと思っています。

幼いころに身につけた価値観やライフスタイルを変えさせるということは、並大抵のことではない。なので今日、年齢層ごとに価値観も世界観も違うのだと思います。多分一世紀分くらいの混乱期があるのではないかと思っています。

──若い人が新しい感覚を持っているのかどうか、僕はよく分からないですね。心の奥底に新しい感覚を持っているのかも知れないですが、多くの若者を見ていると大人と同じようなことを言っている人が多い。中には独自の価値観を持っていても、その価値観と社会の価値観の違いに苦しみ、自己否定に入っている人が多いように思います。一世紀分の混乱って、そういうこともおっしゃってるんですよね。

杉山 はい、そのとおりです。

──そういう苦しんでいる若者を救うのって教育しかないように思うのですが。

杉山 そうですね。デジタルハリウッドは、1994年に専門スクールを開校し、2004年に大学院を開学しました。そのときは、そうした若者の存在には気づきませんでした。もともと大学院には、新しい価値観に覚醒した社会人がやってきていたからだと思います。2005年に大学を開学してから、高校を卒業したばかりの人たちが入学してくるようになって、彼らに日々接してみてびっくりしました。日本の高校までの教育ってとんでもないことをしているのではないか、と感じました。

──どういうことでしょう?

杉山 おっしゃるような苦しんでいる若者が入学してきたんですね。言葉では、「個性を大事にする教育」と言っていても、日本の高校までの教育って実際には個性をつぶしているんじゃないかと思いました。大人に近づくにつれ「社会ってそういうものだ」「自分もそこに染まらなければならないだろう」「本当は違うんだけど、染まらないと生き延びられない」というような考えが非常に強く刷り込まれているように思います。特に日本はそうですよね。人と違うことを表現すると大変なことになる。それでもなんとなくうまくすり抜けられた子はいいですが、そうでないと自己否定に入る。

プロフィール

湯川鶴章

AI新聞編集長。米カリフォルニア州立大学サンフランシスコ校経済学部卒業。サンフランシスコの地元紙記者を経て、時事通信社米国法人に入社。シリコンバレーの黎明期から米国のハイテク産業を中心に取材を続ける。通算20年間の米国生活を終え2000年5月に帰国。時事通信編集委員を経て2010年独立。2017年12月から現職。主な著書に『人工知能、ロボット、人の心。』(2015年)、『次世代マーケティングプラットフォーム』(2007年)、『ネットは新聞を殺すのか』(2003年)などがある。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

訂正:米エアビーアンドビー、1日の宿泊予約が100

ビジネス

アングル:日銀に迫るコロナ「秋の陣」、感染急増で景

ワールド

台湾、海外に民主主義をアピール 投資・人材を誘致へ

ワールド

「GoTo」進め方、明日の分科会で専門家が分析し国

MAGAZINE

特集:台湾の力量

2020-7・21号(7/14発売)

コロナ対策で世界に存在感を示し、中国相手に孤軍奮闘する原動力を探る

人気ランキング

  • 1

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗っただけで71人が2次感染

  • 2

    新型コロナの起源は7年前の中国雲南省の銅山か、武漢研究所が保管

  • 3

    抗体なくてもT細胞が新型コロナウイルス退治? 免疫システムで新研究

  • 4

    香港国家安全法という中国の暴挙を罰するアメリカの…

  • 5

    インドネシア、地元TV局スタッフが殴打・刺殺され遺体…

  • 6

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 7

    「BCGは新型コロナによる死亡率の軽減に寄与している…

  • 8

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 9

    マスク姿で登場したトランプ米大統領とジョンソン英…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

  • 1

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 2

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続200人台、検査数に加え陽性率も高まる

  • 4

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 5

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 6

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 7

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後…

  • 8

    世界へ広がる中国の鉱物資源買収 オーストラリア・カ…

  • 9

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 10

    新型コロナの起源は7年前の中国雲南省の銅山か、武漢…

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!