World Voice

powerd_by_nw

ドイツの街角から

シュピッツナーゲル典子|ドイツ

コロナでまさかの大ヒット クリスマス煙出し人形「ウィルス学者」が話題に

大ヒット商品ウィルス学者の煙出し人形。見るだけでも微笑ましい。画像提供ティノ・ギュンター氏 ©Detlef Mueller

「今年、頻繁に聞いた言葉『コロナウィルス』。これをヒントに商品を作ってみました。まさかこんなに大ヒットするとは夢にも思わなかった」

こう話すのは東部ザクセン州ザイフェンで木製クリスマスグッズや玩具制作工房を経営するティノ・ギュンター氏だ。同氏の発案した煙出し人形「ウィルス学者」は、発売と同時に大きな反響を呼んだ。

この煙出し人形のモデルは、ベルリン・シャリティ大学病院ウィルス学者クリスティアン・ドロステン教授らしい?­­ギュンター氏がこの商品に込めた思いとは。

■発売一夜で完売

ドイツの伝統的なクリスマスデコレーション「煙出し人形」は、口から煙を出す大きさ10㎝前後の木彫り人形煙から漂う香りを楽しむクリスマスシーズンならではの人気アイテムだ。

今回、注目を集めた煙出し人形「ウィルス学者」(以下、学者人形)は、大きさ27㎝。口から煙を出す伝統的な商品とはちょっと趣きが違う。

「煙は頭から出ます。マスクはウィルス学者の必需品。さらにコロナ感染防止のためマスクを外すわけにはいきませんから」(ギュンター氏)

まるでオーバーヒート(失礼)した学者の頭から湯気が出ているようだ。そして大敵を踏み倒すかのごとく、学者はウィルスのプレートに立つ。

「でもマスクを外せば、舌をペロっと出しています」と、ギュンター氏の遊び心に満ちたアイデアに思わず笑ってしまった。

d228c1f9-fff2-48d2-8fd4-e480254b580d.JPG「煙出し人形ウィルス学者」の価格は1体119ユーロ(約1万5千円)。ティノ・ギュンター氏 ©Detlef Mueller

木材は、エルツ山地産のシラカバやブナ、トネリコを用いる。約2年乾燥させ、木材の湿度が8%になると作業に取りかかる。こうして長い行程と時を経て、ひとつの作品が生み出される。

「学者人形は、家族でアイデアを出し合い試行錯誤しました。12月13日(第三アドヴェント)と20日(第四アドヴェント)に発売するつもりで、まず15体を作ろうと考えました。商品として作るからには、収益に繋がることも念頭に入れねばなりません。それが一夜で予約完売し、想定外の人気にびっくり」(ギュンター氏)

今注文すれば、完成するまで2か月ほどかかるそうだ。(12月中旬現在)

「今年は、コロナ禍で辛抱が強いられました。学者人形の完成を待っていただくのも辛抱の一言です」と、ここでも笑いを誘うギュンター氏だ。

■必要は発明の母

2020年のクリスマスシーズンは、コロナ禍で過去に例を見ない減収を強いられた。工房経営者の一人としてギュンター氏は、こう明かした。

Profile

著者プロフィール
シュピッツナーゲル典子

ドイツ在住。国際ジャーナリスト協会会員。執筆テーマはビジネス、社会問題、医療、書籍業界、観光など。市場調査やコーディネートガイドとしても活動中。欧州住まいは人生の半分以上になった。夫の海外派遣で4年間家族と滞在したチェコ・プラハでは、コンサートとオベラに明け暮れた。長年ドイツ社会にどっぷり浸かっているためか、ドイツ人の視点で日本を観察しがち。一市民としての目線で見える日常をお伝えします。

Twitter: @spnoriko

Ranking

アクセスランキング

Twitter

ツイッター

Facebook

フェイスブック

Topics

お知らせ