World Voice

powerd_by_nw

England Swings!

ラッシャー貴子|イギリス

泣きっ面に蜂のクリスマス、それでも明るく生きる人たち

(クリスマスに向けて飾りつけられたパブも実質のロックダウンで閉店。筆者撮影)

日本でも報道されているように、感染力の高い新型コロナウィルスの変異種が英国で見つかった。英国からの渡航を禁止する国が増えて、ユーロトンネルでつながっているフランスも規制を始めたので、約4,000台の大型トラックがドーバー海峡を渡れずに立ち往生している。

それでなくてもヨーロッパ大陸との物資の行き来は今、繊細な問題だ。今月末が期限のEU離脱の交渉がはかどらず、1月からの食料不足が心配されるからだ。英国はEUから食料を大量に輸入しているため、離脱前から物流が滞ると先行きがどうしても不安になる。

変異種の発見で、もちろん国内の規制も強められた。突如としてこれまでの3段階の警戒レベルになかったTier 4という最強レベルが現れて、ロンドンやイングランド南東部などは実質上のロックダウン。イングランドで予定されていた特別なクリスマスの規制緩和も5日間から当日だけに減らされて、家族や友人と集まる計画がクリスマスのたった6日前に台無しになった。

ジョンソン首相は、この発表の3日前まで「クリスマスを家族と過ごせないなんて人道的ではない」と専門家からの反対を押し切って緩和を進めていたのに、これは本当に急な方向転換だ。変異種の感染力が想像以上に高かったとはいえ、もう少し前に決めてくれたら心の準備ができたのにと、みんながっかり。

たとえば、同じフラット(集合住宅)に住むインドの90代のおばあさん。許可されていた5日間めいっぱい、お嬢さんのところに泊まってお孫さんやひ孫さんと過ごす予定で、もう1か月ぐらい前から会うたびに嬉しそうに話してくれていた。ところが首相発表の翌日に庭でばったり会った彼女は、もう目も当てられないほどしょんぼり。「何か月も会っていない孫の好きなインド料理も作ってあったのに」と泣き出しそうになったので、明るい話題を探すのに汗をかいてしまった。

christmaslockdown - 3.jpg(今年はもともとネット上の買い物が増えていた中、クリスマスプレゼントの買い物も加わって配達が急増。配って歩く配達員がまるでサンタのように見えた。クリスマスカードの配達もあるので、郵便は例年以上に遅れている。筆者撮影)

ロックダウン不況、コロナの変異種、クリスマスの中止、はかどらないEU離脱交渉。今の英国はまさに泣きっ面に蜂状態のまっただなかだ。それでも、それでも人はたくましく生きている。そんな人たちに出会うとどれほど励まされることか。

よく晴れたクリスマスイブの朝、散歩先の緑地ですれちがった人たちは、ほぼ全員が「メリークリスマス!」と言い合っていた。知らない人があいさつしあうのは毎年のことだが、今年は確実にいつもより多くの人が口に出している。みんな心配で、みんな励ましあいたいのだ、きっと。

ここからは、不安の中でプラスに意識を向けて明るく生きる人たちのニュースをご紹介しよう。

まずはタクシー運転手のデイルさん(動画ではロンドン市内のイルミネーションも見られます)。

この記事はBBC日本語版で日本語字幕付きでも見られます(ロンドンのブラックキャブでイルミネーションツアー 「ロックダウンでも活路」)。

ロンドン市内のすべての道路を完璧に覚えなければならないブラックキャブの運転手になるには、超難関の試験が必要だ。ロックダウン中もタクシーはずっと営業していたものの、外出する人自体が少ないので厳しい状況だった。このデイルさんはこの間、宅配の仕事を見つけてなんとかつなぎ、クリスマス時期の今は市内のイルミネーションを巡るツアーをしている。

実質ロックダウンのロンドンで、タクシーに乗ってイルミネーションを見るのは認められるの? という疑問はあるけれど、国営放送で報道するからには許可されているのだろう。実際、ビジネスに関する規制は、業界や地域によって細かい決まりがあるようで、一般に報道される規制だけでは簡単に判断がつきにくい。このイルミネーションはクリスマスで終わらず新年まで続くので、デイルさんもしばらくは安心だろうか。

Profile

著者プロフィール
ラッシャー貴子

ロンドン在住15年目の英語翻訳者、英国旅行ライター。共訳書『ウェブスター辞書あるいは英語をめぐる冒険』、訳書『Why on Earth アイスランド縦断記』、翻訳協力『アメリカの大学生が学んでいる伝え方の教科書』、『英語はもっとイディオムで話そう』など。違う文化や人の暮らしに興味あり。世界中から人が集まるコスモポリタンなロンドンの風景や出会った人たち、英国らしさ、日本人として考えることなどを綴ります。

ブログ:ロンドン 2人暮らし

Twitter:@lonlonsmile

Ranking

アクセスランキング

Twitter

ツイッター

Facebook

フェイスブック

Topics

お知らせ