World Voice

powerd_by_nw

England Swings!

ラッシャー貴子|イギリス

無料のコロナ検査キットを試してみた

イングランドで誰にでも無料で配られている簡易検査キットの外箱。この検査はあくまで予備的なもので、症状がある人や正式な陰性証明が必要なときには本格的な検査が必要になる。筆者撮影

 イングランドでは6月21日にコロナ規制が完全に取り払われる予定だった。が、感染力の高いデルタ株が相変わらず急拡大しているので、期日が4週間延びることになってしまった。この日に向けて準備を進めていた業界は大打撃で気の毒だけれど、焦って解禁しても、すぐにロックダウン生活に逆戻っては意味がないので、これでよかったと個人的には思う。

 最近見つかったコロナ感染の90%がデルタ株と言われている。患者は圧倒的に25歳以下の若者。まだワクチンを打っていなくて、でも外で遊びたくてたまらない世代だ。そこで、政府は延期した4週間の間に若者層のワクチン接種を一気に進める予定でいる。6月18日からは予約できる年齢が18歳に引き下げられ、この週末には予約せずに飛び込みで注射が受けられる会場も設置されている。

 デルタ株の拡大は心配だけれど、わたしたちの暮らしには春先から少しずつ日常が戻ってきている。レストランでご飯も食べられるし、友だちの家に行くこともできる。映画館や美術館に行ったり、スタジアムやパブで人と一緒にサッカーを観たりもできる。まだ制限付きとはいえ、家から出ることさえできなかった去年の春に比べたら夢のような話だ。

 わたしも少しずつ友人に会い始め、気持ちがずいぶん和んできだのを感じる。何か月かぶりかに広い空間で見たアートは心にも体にも染み込むようだった。ちょうど夏至が近づく今の時期は一年のうちでもいちばん気持ちのいい季節。日も長くなり、真夏のような天気も続いて、春先よりぐっと心持ちが明るくなっている。

ゴッホブログぐぐ - 1.jpeg

現在ロンドンで開催されているイベントのひとつVan Gogh Alive。ゴッホの作品が揺れて動いて、作品そのものとはまた違う体験ができる。英国ではバーミンガムでも開催中で、すでに世界各地で開かれている。筆者撮影

 これから出かける機会が増えてくるのは嬉しいが、やはりまだ不安でもある。外に出れば人と感染し合う確率が上がる、とつい思ってしまうからだ。わたしはワクチンを2度打ったし、英国全体でもワクチンが完了した人が60%に達するというのに。コロナ禍の長いロックダウン生活で植え付けられた恐怖は、思った以上に心の奥まで染み付いているのかもしれない。そこで、政府が配布しているコロナ簡易検査キットを使ってみることにした。簡易検査でも陰性と出れば、少しは不安が和らぎそうだ。

 4月からイングランドでは自宅で簡易検査ができるキットを誰にでも無料で配っている。このキットを使うと、「ラテラルフロー」と呼ばれる、30分で結果が出る抗原検査をすることができる。コロナの症状がある人はすぐに本格的なPCR検査を受けることになっているので、この検査の対象は症状のない人だけだ。簡易検査なので結果は完全とは言えないものの、その時点で人に感染させる確率がほぼないとわかるそうだ。

 学校で広く使われているとニュースで読んだ気がしたけれど、周りに話を聞いてみると取り入れ方は学校によってまちまちなようだ。週に2回、必ず結果を報告しているところもあれば、何もしていないところもある。ちなみにわたしが実際に知っている成人で、この検査を実行しているのは今のところ1人だけだ。

Profile

著者プロフィール
ラッシャー貴子

ロンドン在住15年目の英語翻訳者、英国旅行ライター。共訳書『ウェブスター辞書あるいは英語をめぐる冒険』、訳書『Why on Earth アイスランド縦断記』、翻訳協力『アメリカの大学生が学んでいる伝え方の教科書』、『英語はもっとイディオムで話そう』など。違う文化や人の暮らしに興味あり。世界中から人が集まるコスモポリタンなロンドンの風景や出会った人たち、英国らしさ、日本人として考えることなどを綴ります。

ブログ:ロンドン 2人暮らし

Twitter:@lonlonsmile

Ranking

アクセスランキング

Twitter

ツイッター

Facebook

フェイスブック

Topics

お知らせ