コラム

2022年中間選挙で赤い波はあった、下院の接戦選挙区に届かなった理由

2022年11月28日(月)14時59分

選挙情勢全体結果を冷静に分析すると、「赤い波は来なかった」という論評自体は間違いである...... REUTERS/Jonathan Ernst

<2022年連邦議会中間選挙の結果は驚きをもって受け止められた。が、選挙情勢全体結果を冷静に分析すると、「赤い波は来なかった」という論評自体は間違いである......>

2022年連邦議会中間選挙では、連邦上院は民主党が過半数の議席維持、連邦下院は共和党が僅差で過半数奪還という結果になった。事前の下馬票では、少なくとも下院では共和党大勝が予測されてきただけに、この結果は驚きを持って受け止められた。
 
選挙直後のメディアでは、Red Wave(赤い波)は来ず、というストレートニュースが踊り、共和党が事前予測通りに十分な議席を確保することができなかったことに関して様々な分析が試みられてきた。

選挙区見直しが行われた影響は極めて大きかった

しかし、選挙情勢全体結果を冷静に分析すると、「赤い波は来なかった」という論評自体は間違いである。むしろ、赤い波は実際には来ていたが、過半数確保に向けた重要選挙区にはその波が届かなかったと評するべきだろう。
 
直近4回分の連邦議会中間選挙(下院)の民主党・共和党の総得票数は下記の通りとなっている。
 
(2022年)民主党50,998,469、共和党54,218,158(11月28日現在)
(2018年)民主党60,572,245、共和党50,861,970
(2014年)民主党35,624,357、共和党40,081,282
(2010年)民主党38,980,192、共和党44,829,751    
(2006年)民主党42,338,795、共和党35,857,334
 
Election Statisticsによると、2010年、2014年はオバマ大統領に対して共和党が反対政党として優位を確保しており、ブッシュ・トランプ政権下の2006年と2018年連邦議会中間選挙では真逆の選挙結果となっている。特に2018年は投票率が高く反トランプの青い大津波が起きたと言ってよいだろう。(2018年では共和党は上院でも勝てるはずの選挙区を十分に奪えなかった)

では2022年はどうだろうか。Cook Political Reportによると、11月28日現在までの集計結果(2022 National House Vote Tracker)では、共和党が民主党に対して総得票数で約300満票の優位を形成している。つまり、2018年を除く、他年と比べて相対的に高い投票率を記録した上で、赤い波は来ていたことになる。
 
しかし、問題は「何故、総得票数の差が議席数の差として十分に現れなかったのか」ということにある。その原因は選挙区割り見直しによるゲリマンダーとトランプ前大統領の負の影響にある。巷で論じられていたように中絶問題なども争点の一つとして存在していたが、それは選挙全体の構造や構図の問題に比べれば些細な論点に過ぎないものだ。
 
2022年連邦議会中間選挙の前提として、10年に1度の国勢調査に基づく選挙区見直しが行われた影響は極めて大きかった。この選挙区見直しは非常に曲者であり、民主党・共和党の両党が自党(≒現職)にとって有利な線引きを行う(ゲリマンダー)ために死力を尽くすイベントとなっている。

赤い波が狙った接戦選挙区に届かない構造になっていた

その激しい攻防の結果として、近年では選挙結果の勝敗が不明な中間的選挙区は減少の一途を辿っており、2022年時点では下院選挙区の9割弱は事前に本選の勝敗がついている。つまり、下院過半数獲得に実際に影響する選挙区は極めて限定されており、その他の大半の選挙区は政党の議席変動とは無関係の選挙となっている。
 
特に2022年のゲリマンダーは裁判闘争などを経て特殊な経過を辿っており、共和党は民主党との選挙区割りの見直しの綱引きで極めてディフェンシブな選挙区割りを行う状況となった。そのため、共和党側は現有選挙区を徹底的に固めた上で、民主党が有する議席の一部を奪うことで下院過半数を得る手堅い戦略を採用せざるを得なかった。

プロフィール

渡瀬 裕哉

国際政治アナリスト、早稲田大学招聘研究員
1981年生まれ。早稲田大学大学院公共経営研究科修了。 機関投資家・ヘッジファンド等のプロフェッショナルな投資家向けの米国政治の講師として活躍。日米間のビジネスサポートに取り組み、米国共和党保守派と深い関係を有することからTokyo Tea Partyを創設。全米の保守派指導者が集うFREEPACにおいて日本人初の来賓となった。主な著作は『日本人の知らないトランプ再選のシナリオ』(産学社)、『トランプの黒幕 日本人が知らない共和党保守派の正体』(祥伝社)、『なぜ、成熟した民主主義は分断を生み出すのか』(すばる舎)、『メディアが絶対に知らない2020年の米国と日本』(PHP新書)、『2020年大統領選挙後の世界と日本 ”トランプorバイデン”アメリカの選択』(すばる舎)

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

EU、「グリーン」産業支援策を提案 米中に対抗

ワールド

トルコ、スウェーデンのNATO加盟支持せず=エルド

ワールド

ウクライナからのロシア領内への砲撃阻止すべき=プー

ビジネス

米建設支出、22年12月は0.4%減 金利高受け一

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:日本のヤバい未来 2050

2023年2月 7日号(1/31発売)

ジャーナリズム・アカデミズム・SFで読み解く人口減少ニッポンの実像(カバーイラスト:東京幻想)

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうやって見る?

  • 3

    12歳子役の「最低主演女優賞」候補入りに批判殺到 子供のノミネートは過去にも

  • 4

    「服と関係ない」「不快」 裸のモデルの胸に手術跡..…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    卵1パック974円──アメリカで超高級食材になってしま…

  • 7

    本を読まないヘンリー王子の回顧録は「文学作品とし…

  • 8

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 9

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 10

    ロシア、ウクライナ東部バフムト近郊で攻勢強める …

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 5

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 6

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 7

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 8

    英国の伝統を侮辱? メーガン「ふざけたお辞儀」に大…

  • 9

    ロシアが誇る最新鋭T-14戦車ついに戦場へ? だが現場…

  • 10

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前…

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 3

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    飼い主が目を離した隙にハンバーガーを食べ、しらを…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 9

    現役医師が断言「血液型と性格は関係ないし、自分の血…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中