コラム

バイデン政権初の連邦レベル選挙、米テキサス州の下院補選が象徴する共和党の実相

2021年04月28日(水)16時45分
トランプ元大統領

補欠選挙の推薦もトランプ元大統領らしい行動原理に基づくものだった...... REUTERS/Carlo Allegri

<バイデン政権下で行われる初の連邦レベル選挙となるテキサス州連邦下院第6区の補欠選挙では、共和党の現状が浮き彫りとなっている......>

ドナルド・トランプ元大統領がテキサス州連邦下院第6区補欠選挙においてスーザン・ライト女史への推薦を行った。ライト女史は補欠選挙の原因となったコロナで亡くなられた故ロン・ライト下院議員の妻である。

タラント郡の南西部、エリス郡、ナバロ郡を含む選挙区の連邦下院の空席を埋める当該補欠選挙は、バイデン政権下で行われる初の連邦レベル選挙としても注目されている。

共和党内の三つ巴状況を象徴する3人の有力候補

3月3日の締め切りに11人の共和党員と10人の民主党員を含む23人の候補者が立候補を申請する大混戦となってはいるものの、2か月間のレースの早い段階から、共和党スーザン・ライトは同選挙で優勢である共和党内の最有力候補と見なされてきた。

故ロン・ライト議員は保守派フリーダムコーカスのメンバーであり、活動資金面で保守派資金提供団体であるクラブ・フォー・グロースに依存してきた人物だ。当然、スーザン・ライト女史もその政治的遺産を引き継ぐ人物である。地域の政界有力者もライトを推しているが、草の根的な広がりに欠けるため、個人献金の集まりは良好とは言えない。

一方、共和党内の主要ライバルは州議会議員のジェイク・エルゼイ氏、保健福祉省の元首席補佐官ブライアン・ハリソン氏の2名が挙げられる。

エルゼイ氏は2018年に故ライト議員と予備選挙で激戦を繰り広げた人物で、テッド・クルーズ上院議員ら保守派の一部から反トランプ系の候補者として強烈な攻撃に晒されている。彼はリック・ペリー元テキサス州知事からの推薦を盾として、それらの批判に対抗しており、同氏を支持する人々からも多額の個人献金も集めている状況だ。

ハリソン氏もトランプ元大統領との繋がりを匂わせながら、37歳の若さも相まって多額の個人献金を集めることに成功してきた。トランプ政権下での政府関係者による支持リストを公表し、自らの正当性を高める作業をしてきた。その他の候補者としてはトランプ元大統領との縁を主張するプロレスラーのロディマー氏なども存在している。

保守派であるライト、主流派系であるエルゼイ、トランプ系であるハリソンという3人の候補者の存在は、共和党内に存在する三つ巴状況を象徴するものだと言えるだろう。選挙区によって各勢力間のバランスは異なるだろうが、今後も共和党内の予備選挙で同じ構図が作られていくと見るのが妥当だろう。

プロフィール

渡瀬 裕哉

国際政治アナリスト、早稲田大学招聘研究員
1981年生まれ。早稲田大学大学院公共経営研究科修了。 機関投資家・ヘッジファンド等のプロフェッショナルな投資家向けの米国政治の講師として活躍。日米間のビジネスサポートに取り組み、米国共和党保守派と深い関係を有することからTokyo Tea Partyを創設。全米の保守派指導者が集うFREEPACにおいて日本人初の来賓となった。主な著作は『日本人の知らないトランプ再選のシナリオ』(産学社)、『トランプの黒幕 日本人が知らない共和党保守派の正体』(祥伝社)、『なぜ、成熟した民主主義は分断を生み出すのか』(すばる舎)、『メディアが絶対に知らない2020年の米国と日本』(PHP新書)、『2020年大統領選挙後の世界と日本 ”トランプorバイデン”アメリカの選択』(すばる舎)

ニュース速報

ワールド

米超党派議員がIOCに書簡、北京五輪の延期や開催地

ビジネス

アングル:暗号資産ブームのパキスタン、後手に回る法

ビジネス

アングル:ノンアルビール、「コロナ明け」機に大手が

ビジネス

米国株、ダウ史上初の3万5000ドル乗せ 好決算で

MAGAZINE

特集:ドキュメント 癌からの生還

2021年7月27日号(7/20発売)

東大病院から「逃亡」、転院先では手術回避、最後は自ら選んだ治療で生き延びた記者の「決断と選択」

人気ランキング

  • 1

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 2

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手、審判の指摘に絶句

  • 3

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な相違点がある)

  • 4

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 5

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽…

  • 6

    世界で最も静かな場所...深遠なる静寂が広がる「音の…

  • 7

    大谷翔平は既にメジャー100年の歴史を覆し、アメリカ…

  • 8

    東京五輪はアスリート生命を脅かすスーパースプレッ…

  • 9

    日本の皆さん、習近平は「シー・チンピン」でなく「…

  • 10

    最先端!がんセンター東病院トップが明かす「若者」…

  • 1

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 2

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 3

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 4

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 5

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 6

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 7

    ユーチューブが投げ銭機能「スーパーサンクス」導入 …

  • 8

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 9

    経済依存してきた中国に、真っ向から歯向かうオース…

  • 10

    東大病院の癌治療から逃げ出した記者が元主治医に聞…

  • 1

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 2

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 3

    閲覧ご注意:ヘビを捕食するクモが世界中で確認されている

  • 4

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 5

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 6

    「寝はじめる姿勢」で目覚めが変わる 寝ても疲れが取…

  • 7

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 8

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 9

    ある日突然「人工透析です」と告げられたら? 高血圧、…

  • 10

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中