コラム

ジンバブエの旗とハイパーインフレ

2016年04月07日(木)16時00分
ジンバブエの旗とハイパーインフレ

5000億%のインフレ  ジンバブエで発行された100兆ジンバブエドル札  Philimon Bulawayo-REUTERS

 東京、大塚の駅前に「岩舟」という蕎麦の名店がある。店の構えはお蕎麦屋さんとは思えないモダンな造りだが、開店前から人が並ぶ人気のお店でもある。そこでつい最近、評論家の古谷経衡氏と待ち合わせて昼食をともにした。彼も僕も大の蕎麦好きなのである。ただ今回は蕎麦をめぐる経済学の話ではない。

 この連載では、僕が街角でみかけたものを気軽に経済学の視点から書くという企画だ。ちなみに「街角経済学」とは、戦前に活躍した当時のリフレ派(デフレを脱して低インフレ状態にすることで経済を活性化する政策を支持する人たち)の代表者であった小汀利得の代表作『街角経済学』(1931年)からそのまま表題を拝借している。

 で、古谷氏とその蕎麦屋を出た後に、彼が送ってくれるというので車で赤坂までドライブに出た。その日はラジオ日本主宰のアイドルたちのイベントが赤坂であったのだ。蕎麦つながりでいえば、「うどんは五分そばは三分」とラップとロックを組み合わせて、超美少女が四人で、舞台におかれたやかん(カップ麺に注ぐお湯をイメージしている)を前に激しく踊る赤マルダッシュ☆が、そのイベントにでていた。だが、残念ながら今回はアイドル経済学の話でもない。

安倍首相とジンバブエのムガベ大統領が会談した

 古谷氏運転の自家用車で東京の街をドライブしていると、ちょうど迎賓館の前から永田町にかけての沿道に、見慣れない国旗が日の丸とともに掲揚されているのに気が付いた。そう下のような国旗だ。

iStock_0406.jpg

ジンバブエの国旗 iStock

 ふたりでこの国旗はどこの国だろうか? とお互いにいくつもの国の名前を出し合った。古谷氏はアフリカの国のどこかではないか、と言ったがそれは正しかった。その日、ジンバブエ共和国のムガベ大統領が安倍首相らと会談するために国賓として来日していた。日本が主導する第6回アフリカ開発会議(TICAD6、2016年8月27日,28日にケニアで開催)に、ジンバブエの協力を要請したと、安倍首相とムガベ大統領の写真が新聞やネットのサイトに掲載されていた。アフリカで意欲的な外交戦略を展開する中国への対抗として、日本はこのアフリカ会議を利用する腹積もりのようである。そのためアフリカ諸国の首脳の中でも重鎮といえるムガベ大統領に協力を要請したのだろう。

 ただジンバブエと中国はすでに深い関係にある。昨年末、中国からの負債をチャラにすることと引き換えに、2016年から中国の人民元をジンバブエの法定通貨にすることが決められている。ムガベ大統領の独裁が続くジンバブエは、欧米社会から厳しい批判をうけていた。国際社会での孤立を恐れるジンバブエと、アフリカへの影響力を強めたい中国との政治的な利害の一致が背景にある。

史上最高レベルの「ハイパーインフレ」

 またジンバブエの独自通貨「ジンバブエドル」はとっくの昔に同国での流通価値を失っている。21世紀に入る頃からインフレが高進し、初めはまだ100%台のインフレ率でマイルド(!)だったのが、ピークの2008年には一説によれば5000億%に達したという。僕の手元にも知人(評論家・翻訳家の山形浩生氏)からプレゼントされた100兆ジンバブエドルがあったりする。まさに「ハイパーインフレ」だ。それもおそらく史上最高レベルの。

プロフィール

田中秀臣

上武大学ビジネス情報学部教授、経済学者。
1961年生まれ。早稲田大学大学院経済学研究科博士後期課程単位取得退学。専門は日本経済思想史、日本経済論。主な著書に『AKB48の経済学』(朝日新聞出版社)『デフレ不況 日本銀行の大罪』(同)など多数。近著に『ご当地アイドルの経済学』(イースト新書)。

ニュース速報

ワールド

アングル:乾燥化進むブラジル、「貯水の森」再生目指

ビジネス

アングル:ワクチンパスポートは航空業界の「救世主」

ビジネス

焦点:投資家がアジア国債保有見直し、相対的に安全な

ワールド

アストラ製ワクチン、英独で対応分かれる 接種進展の

MAGAZINE

特集:韓国ドラマ&映画 50

2021年4月27日/2021年5月11日号(5/ 4発売)

韓国を飛び出し、世界で支持を広げ続ける「進撃の韓流」── いま見るべき映画&ドラマ50作を厳選して紹介

人気ランキング

  • 1

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 2

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 3

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心肺機能を向上させると研究結果

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 6

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 7

    死海文書に2人目の書き手、AIが見破る 筆跡から筋肉…

  • 8

    メーガン処女作「父子の絆を描く絵本」にあの著名司…

  • 9

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 10

    コロナに勝った「中国デジタル監視技術」の意外に地…

  • 1

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガンとの不和につながる「可能性は高い」

  • 2

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 3

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 6

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 7

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 8

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 9

    「心をえぐられた」「人生で一番泣いた」...ハリー杉…

  • 10

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと思ってた」母親らが会見で涙

  • 4

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 5

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 6

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 7

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 8

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 9

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
「韓国ドラマ&映画50」SNSキャンペーン 売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中