最新記事
韓国

ロ朝軍事協力を警戒し、NATOに急接近する韓国がロシアに突き付けた賭け

Seoul Warns of Threat From Russia and North Korea

2024年7月10日(水)17時30分
マイカ・マッカートニー
韓国の尹錫悦大統領

6月4日、南北軍事合意の効力を停止し、南北間の軍事衝突の可能性に道を開いた韓国の尹錫悦大統領 dpa via Reuters Connect

<朝鮮半島の緊張が近年になく高まっているいま、ロシアと北朝鮮が軍事協力を進めることに韓国は黙っていない。対抗してウクライナに武器支援をするぞ、とロシアを脅す>

韓国の尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領は、ロシアと北朝鮮の関係深化が、韓国だけでなく欧州にも脅威をもたらすと警告した。

【動画】韓国海警、違法操業の中国漁船に初の機関銃700発使用

「ロシアと北朝鮮の軍事協力は、朝鮮半島および欧州の平和と安全に対する明確な脅威であり、重大な挑戦だ」。7月10日から11日にかけて北大西洋条約機構(NATO)首脳会議に出席する予定の尹は、米国への出発に先立ち、ロイター通信にそう語った。

米国の他の同盟諸国との防衛関係の緊密化を求める尹は、韓国大統領として、日本やニュージーランドの首脳とともに、NATOの首脳会議に出席する。3年連続のオブザーバー参加だ。一方NATOは、中国と北朝鮮の脅威を視野に、アジア太平洋地域の非加盟パートナー国との関係を深めている。

韓国は、米国などとともに、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)総書記が6月に署名した「包括的戦略パートナーシップ条約」を非難している。どちらかの国が攻撃された場合に軍事支援を約束する条約だ。

尹はロイターに、韓国とロシアの今後の関係は、すべてロシアの出方にかかっていると語り、ロシアに対して、韓国と北朝鮮のどちらを選べばより自国の利益にかなうか判断するよう迫った。

北か韓国か選べ

ロシア大統領府のドミトリー・ペスコフ報道官はロシア国営メディアに対し、「我々はこのアプローチには断固反対だ」と述べた。さらに、ロシアは韓国と北朝鮮の両国と良好な関係を求めているが、北朝鮮はパートナーである一方、韓国は対ロシア制裁に加わっているとして、「我々に敵対的な立場をとる国々と、どうやって良好な関係を築くことができるだろうか」と語った。

北朝鮮と韓国の緊張は、ここ数十年で最も高まっている。両国は2018年に南北軍事合意を締結したが、北朝鮮は2023年11月、この合意にこれ以上縛られないと宣言。韓国も2024年6月に合意を全面停止し、南北の軍事境界線沿いや北西部の国境付近の島々で軍事訓練を再開した。

2027年までに世界第4位の武器輸出国になることを目指す韓国は、ロシアと北朝鮮の条約締結を受け、ウクライナへの武器支援を検討する意向を示した。プーチンはこれに対し、こうした動きは「大きな間違い」につながると警告している。

尹はロイターに対し、韓国がウクライナに武器を提供するかどうかは、「ロシアと北朝鮮の軍事協力のレベルと内容」次第だと述べた上で、韓国政府が注視する分野の例として、武器移転や軍事技術移転を挙げた。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

製造業PMI7月は49.2に悪化、サービス業は50

ビジネス

三菱自株が10%超安、4─6月期決算で 「円安加味

ワールド

韓国消費者信頼感、7月は2年3カ月ぶり高水準 イン

ワールド

米ネットフリックス共同創業者、ハリス氏支持団体に寄
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 5
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 6
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 7
    中国海軍、ロシアの手引きでNATOの海を堂々と正面突…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 6
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 10
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 6
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 9
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 10
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中