最新記事
人と動物の共生

年間200万件の動物衝突事故に挑む、野生動物用トンネルと陸橋の効果とは?

Wildlife Crossings Are a Bear Necessity

2024年6月5日(水)11時30分
ジェフ・ヤング
高速道路の上に設置された野生動物通行用の陸橋(ワシントン州) COURTESY OF WASHINGTON DOT

高速道路の上に設置された野生動物通行用の陸橋(ワシントン州) COURTESY OF WASHINGTON DOT

<アメリカにおける動物と車の衝突事故は年に200万件、動物用の陸橋や地下道は共存に向けた切り札になるか>

ヘラジカやシカ、キツネが三々五々、トンネルの中に入っていく──なんて、お話の一場面のように聞こえるかもしれない。だがこれは、大きな道路の下を通る野生動物専用トンネルの光景だ。

「このオスのヘラジカは真夜中にトンネルに入ってきた。これは出口にあるカメラが捉えた、トンネルの中で眠っている姿」と語るのは、米モンタナ州で野生動物の生態を研究しているパトリシア・クレイマーだ。野生動物のために造られた通路の利用状況を調べるために夫と共に集めた大量の映像の中でも、これは特にお気に入りの一場面だと彼女は言う。

【動画】野生動物用トンネルと陸橋

さて、そこにメスのミュールジカがやって来てトンネルを通ろうとしたが、睡眠中のヘラジカが道を占拠している。「ミュールジカがヘラジカのそばを何とか通り抜けようとしていたとき、反対側のカメラにはキツネが写っていた」とクレイマーは言う。「短時間のうちに3種類の動物がこのトンネルを使い、関わり合いを持っていたわけだ」

この映像からも分かるとおり、大きな道路を野生動物が安全に渡れるようにその上や下に設置された専用の通路は、さまざまな動物によって利用されている。昨年、米運輸省はこうした通路の整備費として地方自治体に対し総額3億5000万ドルの補助金を出すと発表した。

道路で事故に遭う野生動物は非常に多い。走行中の車やバイクと野生動物が衝突する事故は年に200万件に上る。車のほうも壊れるし、年に2万人以上がけがをし、200人近くが死亡している。

「道路を横切るための地下道や陸橋は、野生動物の移動に非常に大きな役割を果たしている」とクレイマーは言う。「そもそも動物のすんでいる場所に人間が道路を造り車を持ち込んだのだ」

クレイマーは野生動物と道路の関係を20年近く調べてきた。「野生動物コネクティビティ研究所」の創設者兼所長として、動物専用通路の場所を決めたり設計するために地方自治体と協力してもいる。

通路の利用状況の研究には、カメラなどの監視装置が役に立つ。「利用者」には、サンショウウオやカエルやカメといった小型の両生類や爬虫類もいる。こうした生き物は春に繁殖のために道路を渡って移動することが多く、路上でひき殺される例も非常に多い。

「産卵地に行くために道を横断しようとして殺される」とクレイマーは言う。「メスガメがみんな事故に遭って、オスガメしか残っていないということもある」

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ロ朝が包括戦略条約、有事に相互支援 プーチン氏24

ビジネス

英CPI、5月は3年ぶり2%目標回帰 基調圧力なお

ワールド

マレーシアと中国、経済協力協定更新 デジタル経済な

ワールド

イスラエル、戦争法規違反の可能性 国連が報告書
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...ウクライナがドローン「少なくとも70機」で集中攻撃【衛星画像】

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 6

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 7

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 8

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 9

    中国不動産投資は「さらに落ち込む」...前年比10.1%…

  • 10

    今回の東京都知事選を「イロモノ」の祭典にしないた…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 4

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中