最新記事
NCAA

脅威の成功数...ネブラスカ大・富永啓生、NCAA3ポイントコンテストで優勝<動画有>

2024年4月5日(金)12時15分
岩辺智博(本誌記者)
富永啓生

NCAAトーナメント1回戦でプレイした富永啓生(3月22日、米メンフィス) Petre Thomas-USA TODAY Sports via REUTERS

<昨年のワールドカップで日本代表として活躍した富永啓生が、全米から選出された8人の優秀選手たちによる戦いを見事に制した>

FIBAワールドカップ2023で男子バスケットボール日本代表として活躍したネブラスカ大の富永啓生が、NCAA(全米大学体育協会)トーナメント期間中に開催される3ポイントコンテストに招待され、優勝する快挙を成し遂げた。

【動画】ネブラスカ大・富永啓生がNCAA3ポイントコンテストで見せた圧巻のパフォーマンス

富永は桜丘高校(愛知県)を卒業後に渡米し、レンジャー短大へ進学。その後NCAA1部のネブラスカ大に編入して中心選手として活躍した。チームとして10年ぶりの出場となったNCAAトーナメントでは、1回戦でテキサスA&M大に83-98で敗れたが、得意の3ポイントシュート5本を含む21得点を記録するなど存在感を示していた。

 

同コンテストは現地時間4日にアリゾナ州フェニックスのグランド・キャニオン大で行われ、ESPNで生中継された。全米から招待された8人の優秀選手たちによる予選を1位で通過し、セミファイナルとファイナルでも実力を披露してチャンピオンの座を勝ち取った。

シーズンを通しての活躍と今回のコンテストで知名度を上げた富永には、6月末に行われるNBAドラフトでの指名にも期待がかかる。指名されれば、現在ロサンゼルス・レイカーズで活躍する八村塁以来2人目の日本人選手となる。

20240730issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2024年7月30日号(7月23日発売)は「トランプ暗殺未遂」特集。前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

※バックナンバーが読み放題となる定期購読はこちら


今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ネパールの首都で小型機が離陸に失敗し炎上、18人死

ビジネス

仏レミー・コアントロー、4─6月売上高が予想より大

ワールド

台湾金融市場、台風接近で24日休場 TSMCは通常

ビジネス

独消費者信頼感指数、8月は-18.4へ改善 所得期
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 5
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 6
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 7
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 8
    中国海軍、ロシアの手引きでNATOの海を堂々と正面突…
  • 9
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 10
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 10
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 6
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 9
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 10
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中