最新記事
米軍機事故

オスプレイの特殊能力は突入作戦に欠かせない

Ospreys Still 'Important' to U.S. Military Despite Deadly Crash

2023年12月6日(水)15時51分
エリー・クック
オスプレイ

物理の法則に逆らって浮くオスプレイはバランスを崩しやすい(4月26日、フィリピンのサンバレス州で合同演習中の米軍V-22オスプレイ) REUTERS/Eloisa Lopez

<屋久島沖の墜落事故だけでなく、これまで何度も人命にかかわる事故を繰り返しているオスプレイ。安全上のリスクも上回る「特殊能力」とは>

鹿児島県屋久島沖で11月29日に米空軍のCV-22輸送機オスプレイが墜落し、乗っていた兵士全員が死亡したことから、米軍に対する批判が高まっている。ヘリコプターと飛行機のハイブリッドであるオスプレイはこれまでも多くの事故を起こし、死傷者を出している。だが米軍は、オスプレイの使用を停止する気はない。

<動画>やはり怖い!特殊任務に不可欠なオスプレイの超・離着陸


今回の事故は、山口県の米軍岩国基地から沖縄の嘉手納基地に向かう訓練飛行中に起きた。米軍は5日、乗組員8人全員の死亡を確認した。

米軍は数百機のオスプレイを保有しているが、今回の事故が起きる前から、何度も重大な事故が起きていた。

今年8月、オーストラリア北部での共同訓練中にMV-22Bオスプレイが23人を乗せたまま墜落し、3人の米海兵隊員が死亡、安全性に疑問符がついた。

2022年6月にはMV-22Bオスプレイがカリフォルニア州グラミス近郊での訓練中に墜落、米海兵隊員5人が死亡した。同年 3月にもノルウェーで行われたNATOの演習中に海兵隊のMV-22Bオスプレイが墜落し、米軍兵士4人が死亡した。

2016年12月には、米軍のオスプレイが沖縄本島付近に墜落する事故が起きている。乗組員5人が負傷し、アメリカはオスプレイの飛行を一時的に停止した。

危険と隣り合わせの構造

オスプレイはヘリコプターと同じように垂直に離着陸できるティルトローター機。米軍によると、オスプレイにはいくつかのバリエーションがあり、戦闘中の部隊を支援するほか、特殊作戦部隊の潜入、脱出、補給任務用に設計されている。

オランダのシンクタンク、ハーグ戦略研究センターのアナリスト、フレデリック・メルテンスによれば、オスプレイは「真に実践的な初のティルトローター機」であり、それゆえ「非常に複雑な機械で、多くのことがうまくいかなくなる可能性がある」。

「ヘリコプターとは、物理の法則に逆らってエンジンの力だけで飛行状態を維持する航空機だ」と、彼は本誌に語った。「それだけに、何かトラブルが起こるとあっという間に危機に陥る」

「そういうヘリコプターの一種であるオスプレイが人員輸送に使われているという事実が、事故の犠牲を大きくしている」と、彼は言う。

オスプレイには「機械的故障の長い歴史がある」と言うのは、海兵隊の退役軍人で弁護士のティモシー・ロレンジャーだ。

だが、アメリカはすぐにはオスプレイを手放すことはないだろう、と専門家はみている。

「墜落事故が起こるたびに、なぜオスプレイはまだ飛んでいるのかという疑問が起こる」と、ロレンジャーは言う。「答えは簡単だ。オスプレイは役に立ち、必要とされているからだ」

メルテンスも同意見だ。「オスプレイは複雑さとリスクに見合う価値がある。従来のヘリコプターとは段違いのスピードと航続距離があるからだ」

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:シンガポールのAI活用、焦点は日常生活の

ビジネス

アングル:中国「就職戦線」やや正常化、賃金は伸びず

ビジネス

フィッチ、米格付けを「AA+」に据え置き 24年は

ワールド

ナワリヌイ氏葬儀、支持者数千人集まる 厳戒態勢 全
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライナでの「大失態」でロシアが調達キャンセルの情報

  • 2

    ロシアの脅威を知り尽くしたスウェーデンがNATOを強くする

  • 3

    世界的人気のニセコ、TSMC進出の熊本...「ラーメン1杯3000円」でも、決して「バブル」ではないワケ

  • 4

    欧米はなぜもてはやすのか? 「ロシア反体制派のヒー…

  • 5

    「これが野生だ...」ワニがサメを捕食...カメラがと…

  • 6

    金正恩独裁体制の崩壊「5つのシナリオ」を検証する

  • 7

    ロシアの新兵器?UFO? ウクライナの戦場の上空に浮…

  • 8

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 9

    ロシア兵と若者の衝突...帰還兵が路上で一方的に暴行…

  • 10

    英王族にプライベートは許されない? 「ドタキャン」…

  • 1

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 2

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 3

    ロシア兵と若者の衝突...帰還兵が路上で一方的に暴行される

  • 4

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 5

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 6

    もう取り返しがつかない?ロシアがウクライナ侵攻で…

  • 7

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 8

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年.…

  • 9

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライ…

  • 10

    在日外国人と日本社会の共生努力を後退させる右派の…

  • 1

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 2

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 3

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 4

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 7

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 10

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中