最新記事
フィンランド

ロシア経由の「自転車難民」、動画で運搬手段が明らかに

Refugees Fleeing Russia Brave 14 F Freeze to Cross NATO Border on Cycles

2023年11月28日(火)22時39分
ブレンダン・コール
国境で難民が乗り捨てた自転車

国境で難民が乗り捨てた自転車。運搬手段は?(2023年11月23日) Lehtikuva/Jussi Nukari/REUTERS

<ロシアが西側への新たなハイブリッド攻撃を開始した。隣国フィンランドの国境検問所へ自転車で送り出す、中東やアフリカからの難民だ>

<動画>フィンランドの国境警備隊に追われる自転車難民


ロシアからフィンランドへ国境を越えようとする人々の様子を収めた動画が拡散している。ロシア経由で西側の国に入国しようとする中東やアフリカなどの難民だ。彼らは極北の、氷点下の寒さの中、自転車で唯一開いている国境検問所を目指している。

フィンランドは11月に入り、陸路で入国可能な8つの国境検問所のうち4つを閉鎖した。フィンランドはロシアが、難民を送り込んでいると非難している。4月にNATOに加盟し、アメリカとの軍事協力を強化しているフィンランドへの報復措置だと主張している。11月24日には、最北の「ラヤ・ヨーセッピ」国境検問所除くすべての国境検問所を閉鎖した。

動画を投稿したロシア語アカウント「Raspad i Neuvazhenia(崩壊と軽蔑)」は、「難民たちは摂氏マイナス10度という寒さの中、ロシア経由でやってくる」とコメントしている。視聴回数が27日時点で23万6000回以上となっている。

数十人の難民が自転車に乗り、雪の中で待っている。フィンランド報道機関のラヤは、シリアとアフガニスタンから逃れてきた男性3名が、フィンランド入国を許可されたと伝えた。

ロシア軍が支援

入国を許可された男性の1人であるモアヤド・サラーミは、フィンランド報道機関YLEの取材に、ロシア経由でEU圏内に入るルートは、SNSで広まっていると語った。サラーミによれば、ロシア当局の支援もあったという。

サラーミは、母国からサンクトペテルブルクに到着した後、密航業者から、この移動はロシア軍が取りしきっていると聞かされた。亡命希望者のグループは車で国境地帯まで連れてこられ、自転車を与えられて検問所まで行くように命じられたという。

「ロシア人たちは、『お前たちには難民申請をする権利があるのだから、とりあえず国境検問所に押し寄せてみるといい』と言った」とサラーミは述べた。

フィンランド外務省において戦略的広報を担当するミッコ・キンヌネン大使は23日、本誌の取材に対し、ロシアはNATOの軍事報復を受けない「武器化した」移民を使って戦争を仕掛けている、と非難した。

さらにキンヌネンは、ロシアには「西側社会を分裂させ、問題を発生させることで、ウクライナ支援を再考させようとしている」、と付け加えた。
(翻訳:ガリレオ)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

ドル34年ぶり155円台、介入警戒感極まる 日銀の

ビジネス

エアバスに偏らず機材調達、ボーイングとの関係変わら

ビジネス

独IFO業況指数、4月は予想上回り3カ月連続改善 

ワールド

イラン大統領、16年ぶりにスリランカ訪問 「関係強
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した日本アニメ30
特集:世界が愛した日本アニメ30
2024年4月30日/2024年5月 7日号(4/23発売)

『AKIRA』からジブリ、『鬼滅の刃』まで、日本アニメは今や世界でより消費されている

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴らす「おばけタンパク質」の正体とは?

  • 2

    「誹謗中傷のビジネス化」に歯止めをかけた、北村紗衣氏への名誉棄損に対する賠償命令

  • 3

    マイナス金利の解除でも、円安が止まらない「当然」の理由...関係者も見落とした「冷徹な市場のルール」

  • 4

    心を穏やかに保つ禅の教え 「世界が尊敬する日本人100…

  • 5

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 6

    ケイティ・ペリーの「尻がまる見え」ドレスに批判殺…

  • 7

    イランのイスラエル攻撃でアラブ諸国がまさかのイス…

  • 8

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 9

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 10

    コロナ禍と東京五輪を挟んだ6年ぶりの訪問で、「新し…

  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価」されていると言える理由

  • 3

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた「身体改造」の実態...出土した「遺骨」で初の発見

  • 4

    「世界中の全機が要注意」...ボーイング内部告発者の…

  • 5

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ…

  • 6

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴…

  • 7

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 8

    「たった1日で1年分」の異常豪雨...「砂漠の地」ドバ…

  • 9

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の…

  • 10

    ダイヤモンドバックスの試合中、自席の前を横切る子…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 10

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中