最新記事
ハワイ

手繋ぎ散歩にキスシーンも...パリス・ヒルトン、被災地マウイ島でのバカンス写真に「利己的」と批判殺到

2023年8月16日(水)16時35分
千歳香奈子
パリス・ヒルトン

パリス・ヒルトン(2022年6月、米サンタモニカ) Kathy Hutchins-Shutterstock

<一家が滞在していたリゾートは、壊滅的な被害を受けた歴史地区ラハイナからわずか48キロの位置に。「超富裕層には関係ないこと」とあきれるネットユーザーも>

【写真】マウイ島で撮影されたパリス・ヒルトンと夫の手繋ぎ散歩、キスシーン

元祖お騒がせセレブのパリス・ヒルトンが、8月8日に発生した大規模森林火災で甚大な被害を出した米ハワイ州マウイ島でバカンスを楽しむ姿が目撃され、「恥知らず」「亡くなった方や遺族に敬意を持つべき」だと批判を浴びている。

15日までに死者が99人に達し、いまだ1300人が行方不明になっているマウイ島では、観光目的での渡航を中止するよう呼びかけられていたが、現地では観光を楽しむ旅行者の姿も目立ち、被災者を苛立たせていることが伝えられている。

報道によると、パリスは2021年に結婚した実業家のカーター・リウムと代理出産で誕生した生後8カ月の長男フェニックス君を連れ、火災が発生した当日にマウイ島に到着。ハワイ観光局が島に滞在する旅行者にホテルの部屋を被災者に明け渡し、生活を守るために離島を要請した9日以降も滞在を続け、12日にはビーチではしゃぐ一家の様子が撮影された。

英デイリー・メール紙が、フェニックス君を腕に抱き、海パン姿のカーターとキスするパリスの姿や夫婦で手をつないで散歩する様子などを報じると、「利己主義」だと瞬く間に世界中に拡散された。

「すでに行動している」と関係者

一家が滞在していたリゾート「ワイレア」がある島南部は、火災の影響を受けていないものの、街がほぼ焼失したとされる歴史地区ラハイナからは48キロしか離れていない。すぐ近くで行方不明者の捜索や消火活動が続いている最中に何事もなかったかのようにバカンスを楽しむ一家に、「超富裕層には関係ないこと」「彼らに何を期待しているの?」とあきれるユーザーも多かった。

ホノルル出身の俳優ジェイソン・モモアは、自身のインスタグラムで「マウイ島は今、観光に行く場所じゃない。渡航しないで」と呼びかけて話題になったが、「島の限られた重要な資源を守る上でも観光客は少ない方が良い」と訴えている。それでも島を訪れる旅行者はおり、「ここで今、泳いだり、素潜りしたりする地元民はいない」「仲間たちが亡くなったのと同じ海で遊ぶ人たちの神経が理解できない」と憤慨する被災者もいる。

ジェイソンや幼少期をハワイで過ごした俳優ドウェイン・ジョンソンが、現地の状況や寄付先を紹介して支援を呼びかける投稿を行う中、家族旅行を優先させたパリスの関係者は、「マウイ島は彼女にとって常に特別な場所。物資を集めて避難所や必要としている人たちに届けており、すでに行動しているし、これからも続けていくつもり」と釈明。

しかし、具体的に現地で活動しているとの情報はなく、ネットでは「いくら(寄付金を)払ったの?」「ビーチにいないで防火服を着て、消火活動に参加すべきだった」など批判が寄せられている。

【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

台湾、年次軍事演習を縮小 台風接近で戦闘機訓練など

ワールド

ハリス氏は「brat」、英人気歌手投稿が拡散 陣営

ビジネス

中国、MLF融資の担保要件引き下げで「資産飢餓」緩

ワールド

ハリス氏、大統領候補指名に十分な代議員数確保 支持
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 2
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 3
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連時代の装備にも限界が...近づく局面の変化
  • 4
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 5
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 6
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 7
    酔った勢いで彫った「顔のタトゥーは似合わない」...…
  • 8
    中国海軍、ロシアの手引きでNATOの海を堂々と正面突…
  • 9
    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…
  • 10
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 3
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 4
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 5
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 6
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 7
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 8
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 9
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 10
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 6
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 7
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 8
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 9
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 10
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中