最新記事
ブラジル

若き女教師TikToker、生徒たちと教室で撮影した猥褻動画をSNS投稿...クビになる

2023年5月22日(月)18時50分
坂本 孝
シベリィ・フェレイラ

@cibellyferreira_-Instagram

<OnlyFansやPornHubといったアダルトサイトにもコンテンツを多数投稿...>

ブラジルのとある語学学校で、生徒たちと「不適切」な行為を働いたとされる女教師が解雇された。その「不適切」行為は撮影されており、彼女自身によってSNSに投稿されていると、タイムズ・ナウなどが報じている。

【動画】若き女教師TikToker、生徒たちと教室で撮影した猥褻動画をSNS投稿

女教師の名前はシベリィ・フェレイラ。ブラジル人の英語教師だ。彼女はTikTokやInstagramといったSNSのユーザーで、セクシー系コンテンツを中心に投稿。TikTokのフォロワー数は1000万人、Instagramのフォロワー数も130万人を超えるなど、芸能人顔負けの注目を集めている。

報道によると、解雇の一因となったのは、フェレイラが生徒たちとセクシーなダンスを踊る動画だ。彼女は多くの動画を投稿しているが、尻を振るダンスや、男子生徒と密着するダンスなどを披露。ネットユーザーたちからは、服装も「露出度が高すぎる」と指摘されている。

フェレイラは、生徒たちの集中力ややる気を高めることを目的に、動画を撮影・投稿したなどと説明しているという。

アダルトサイトのOnlyFansやPornHubでも活動

フェレイラはTikTokやInstagramだけでなく、アダルトサイトのOnlyFansやPornHubにもコンテンツを投稿している。タイムズ・ナウによると、そうした活動が解雇の一因になったかは定かではないが、彼女はそこから副収入を得ていたそうだ。

語学学校はクビになってしまったが、ファンからは「これを機にフルタイムのインフルエンサーになるべき」とのアドバイスも上がっているという。

20240625issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2024年6月25日号(6月18日発売)は「サウジの矜持」特集。脱石油を目指す中東の王国――。米中ロを手玉に取るサウジアラビアが描く「次の世界」とは?

※バックナンバーが読み放題となる定期購読はこちら


【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

英労働党、史上最多の議席獲得か スナク首相落選の可

ワールド

イスラエルに安全な場所ない、本格戦争勃発なら=ヒズ

ワールド

英世界遺産「ストーンヘンジ」にオレンジ色のペンキ、

ワールド

ウクライナGDP、1─5月は前年比4.3%増 5月
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が苦言...相変わらず「しつけが悪い」?

  • 4

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 5

    トランプ前大統領、選挙演説での「異様な容貌」に支…

  • 6

    SF映画の世界...サウジ皇太子が構想する直線型都市は…

  • 7

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 8

    今回の東京都知事選を「イロモノ」の祭典にしないた…

  • 9

    なぜガザの停戦案はまとまらないのか?「イスラエル…

  • 10

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 6

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 7

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 8

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 9

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 10

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 3

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間

  • 4

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 5

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中