最新記事

中国経済

政府が「経済成長せよ!」と叫ぶだけの中国が、根本的に分かっていないこと

CHINA’S PRO-GROWTH HAPPY TALK

2023年2月15日(水)18時50分
ミンシン・ペイ(本誌コラムニスト、クレアモント・マッケンナ大学教授)
中国の習近平国家主席

毛沢東思想に傾倒する習近平が経済成長を取り戻せるか THOMAS PETERーREUTERS

<ゼロコロナ政策から抜け出した中国が、本当に経済を成長路線に乗せるために必要なのは威勢のいい掛け声ではない>

中国政府の「経済成長」愛に再び火がついた。ゼロコロナ政策の長い闇から強引に、少なくとも数万の命を犠牲にして抜け出した今、あの国の指導者たちは異口同音に、いざ力強い経済を取り戻すぞと叫び始めた。だが号令だけでは何も変わらない。

昨年末に開かれた共産党の中央経済工作会議で、今年は経済成長を政府の最優先課題とすると定められた。こうした党中央の固い決意を受け、地方の党幹部や首長らも同じ言葉を繰り返し、民間の投資家や実業家らの期待をあおっている。コロナの時代には見られなかった光景だ。

こうした変化の政治的動機は明らかだ。国民が苛酷なゼロコロナ政策への不満を爆発させ、その廃止に伴う混乱にも失望している今は、一刻も早く党に対する信頼と支持を回復したい。だが成長賛歌の合唱だけでは不十分。大事なのは行動だ。

停滞する不動産業界へのテコ入れなど、小手先の対策では足りない。金融緩和やインフラ投資の拡大などの景気刺激策も、せいぜい短期の効果しかあるまい。

ゼロコロナ政策は中国経済に深い傷痕を残した。それ以前には中小零細企業が4400万社もあった。登記された民間企業の約98%を占め、国内の雇用(公務員を除く)の8割前後を支えていた。ほかに、自営業者も9000万人以上いた。

中国が再び経済成長するのに不可欠なもの

だがゼロコロナ政策で事情は一変した。ロックダウン中も中小零細業者への資金援助はなかったから、多くが廃業に追い込まれた。

そこへ、地政学的な圧力が成長の阻害要因としてのしかかる。アメリカは中国が半導体を入手できないよう、これまで以上に力を入れている。オランダ企業ASMLが半導体製造装置を中国に売らないよう、同国政府に圧力をかけてもいる。米議会の下院で多数派となった共和党が、新たな経済制裁を打ち出す可能性もある。

ウクライナでの戦争に関して、今も中国はロシアを非難していない。当然、EUは腹を立てており、アメリカと同様に経済的なデカップリング(切り離し)を急ぐべきだとの声も上がっている。こんな政治的緊張が続く限り、経済の先は見えない。投資意欲は冷え、外国企業の撤退で製造業の雇用は確実に減っていく。

つまり、中国経済を再び成長軌道に乗せるには欧米諸国との関係改善が不可欠だ。しかし現時点で、米中関係は修復不能なほどに冷え込んでいる。どうすればいいか。プーチン政権下のロシアに対する支持を取り下げるのもいい。台湾に対する軍事的な威嚇をトーンダウンするのもいい。それだけでも投資家の心理は変わるだろう。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

アングル:海路で遭難する移民、ハイテク技術が命を救

ワールド

アングル:シンガポールのAI活用、焦点は日常生活の

ビジネス

アングル:中国「就職戦線」やや正常化、賃金は伸びず

ビジネス

フィッチ、米格付けを「AA+」に据え置き 24年は
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    アウディーイウカ近郊の「地雷原」に突っ込んだロシア装甲車2台...同時に地雷を踏んだ瞬間をウクライナが公開

  • 2

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライナでの「大失態」でロシアが調達キャンセルの情報

  • 3

    ロシアの新兵器?UFO? ウクライナの戦場の上空に浮かぶ「謎の円盤」を、偵察ドローンが発見...映像を公開

  • 4

    NATO加盟を断念すれば領土はウクライナに返す──ロシ…

  • 5

    ロシア軍「Mi8ヘリコプター」にウクライナ軍HIMARSが…

  • 6

    ロシア軍が戦場に乗り捨てた軍用車の「異形」...後ろ…

  • 7

    メーガン妃がファッションを真似るほど憧れていた、…

  • 8

    「こうした映像は史上初」 火炎放射器を搭載したウク…

  • 9

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 10

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 1

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 2

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 3

    ロシア兵と若者の衝突...帰還兵が路上で一方的に暴行される

  • 4

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 5

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 6

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライ…

  • 7

    もう取り返しがつかない?ロシアがウクライナ侵攻で…

  • 8

    在日外国人と日本社会の共生努力を後退させる右派の…

  • 9

    欧米はなぜもてはやすのか? 「ロシア反体制派のヒー…

  • 10

    中国株の暴落が止まらない 外国人投資家はほぼ撤退

  • 1

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 4

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 5

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 6

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 7

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎…

  • 10

    「こうした映像は史上初」 火炎放射器を搭載したウク…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中