最新記事

テレワーク

テレワークの普及で女性の負担が増加したのはなぜか

2022年12月14日(水)11時00分
舞田敏彦(教育社会学者)

コロナ禍で日本でもテレワークが一気に普及したが…… Drazen Zigic/iStock.

<テレワークによる生活変化を育児世代で見てみると、女性の負担は以前よりも増加している>

コロナ禍以降、人々の生活は大きく変わった。働き方について言うと、テレワークの普及が大きい。テレワークとは、「ICT(情報通信技術)を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方」(日本テレワーク協会)のことで、社員がオフィスに集って一定時間仕事をする従前の働き方とは異なる。

その多くは在宅勤務だが、通勤がないので時間的余裕が生まれ、その分を家事や育児等に充てることもできる。周知のように日本の男性の家事分担率は低いが、在宅勤務が広がっている今、家庭内の性役割分業の歪みはなくなっているのだろうか。

2021年の総務省『社会生活基本調査』から、各種の行動の平均時間(1日あたり)が分かる。働き盛りの35~44歳の雇用労働者を取り出し、調査日の平日にテレワークをしなかった者(非TW組)とした者(TW組)に分け、家事の平均時間を見ると、男性では前者が12分、後者が16分。女性は順に110分、115分。テレワークによる変化はあまりない。

だが育児時間は、男性の非TW組が9分、TW組が21分であるのに対し、女性では順に27分、76分。男性の増分12分に対し、女性は49分も増えている。これがどういうことかは、他の行動変化と併せて見ると分かる。<表1>は、7つの行動の平均時間を非TW組とTW組で比べたものだ。

data221214-chart01.png

TW組が非TW組より何分長いか(右端)を見ると、テレワークによる生活変化が分かる。注目はマークをつけた箇所で、1)睡眠や休養は男性では増えているが女性では減っている、2)男性では趣味・娯楽、女性では育児の増分が大きい、という2点を指摘できる。

簡単に言うと、女性の負荷が増えている、ということだ。タスクとしての性格が強い仕事、家事、育児の合算をとると、非TW組では男女同じくらいだが、TW組では女性が男性より42分も長い(赤字)。

テレワークによって、男女の生活時間格差が縮まるどころか開いてしまっている。既婚の男女に限れば、上記のような傾向はもっと顕著だろう。「在宅の夫の世話も加わってしんどい、大きな子どもが1人増えたようだ」という女性の嘆きがSNS上で散見されるのも頷ける。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

北朝鮮、米国によるウ軍への戦車供与非難 「ロと同じ

ワールド

イスラエルのユダヤ教礼拝施設で銃撃、7人死亡

ビジネス

NY外為市場=ドル対ユーロで小幅高、米経済指標受け

ワールド

アングル:印首都で石炭使用禁止、バイオマス移行迫ら

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:実録 中国海外警察

2023年1月31日号(1/24発売)

他国の主権を無視し現地の民主派を取り締まる中国「海外110」の驚くべき実態を暴く

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前とここまで酷似する不気味な符合

  • 3

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を嗅いだ子犬、臭すぎてえずく

  • 4

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 7

    米ロの主力戦車「エイブラムス」と「T90」の性能を比…

  • 8

    かつてはオバマ夫妻と「同列」だったヘンリー&メー…

  • 9

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 10

    「子供に興奮する変態」と批判され...「肉体は8歳」…

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    「この年齢の子にさせる格好じゃない」 米セレブ娘の「肌見せすぎ」ファッションに批判

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 7

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 8

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前…

  • 9

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を…

  • 10

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 3

    飼い主が目を離した隙にハンバーガーを食べ、しらを切る犬の表情がこちら

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 8

    現役医師が断言「血液型と性格は関係ないし、自分の血…

  • 9

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

  • 10

    「バンコクのゴミ捨て場で育った......」 ミス・ユ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月