最新記事

ウクライナ

ウクライナ軍がハイマースで海からクリミア大橋を狙う!?

Is Ukraine Using Floating HIMARS to Target Crimea Bridge -

2022年8月25日(木)20時05分
ニック・モードワネック

屈辱のクリミア併合を象徴するクリミア大橋 Pavel Rebrov-REUTERS

<ウクライナの独立記念日を記念するかのように、最も大胆なクリミア奪還作戦が行われれようとしていた──ロシア本土とクリミアを結ぶ橋に照準を定めたハイマースの動画が大拡散>

ウクライナ軍は、黒海に浮かぶピンクのゴムボートに高機動ロケット砲システム「ハイマース(HIMARS)」を据え、要衝クリミア大橋を狙う動画が、プラットフォームを超えて大拡散している。ウクライナ軍は、ロシアのクリミア支配の象徴であるクリミア大橋を、ハイマースを海に浮かべてまで破壊しようというのだろうか。そんなことが可能だったのか。

【動画】ゴムボートから「プーチンの橋」に狙いを付けるハイマース?

ケルチ海峡大橋とも呼ばれるこの橋は、8年前にクリミアを併合したロシアのウラジーミル・プーチン大統領がロシア本土とクリミア半島を直接結ぶだめに作らせたもの。ウクライナにとっては忌むべき橋だ。

ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領の顧問を務めるミハイロ・ポドリャクは8月17日、「この橋は違法に建設された醜悪な物体であり、この橋の建設をウクライナは許可していない」とツイートしている。「橋は、(クリミア)半島の生態系を損なっているため、解体しなければならない」

ただし、ハイマースが海上からクリミア大橋に狙いを定めているこの動画は、フェイクだった。この動画の作者は「cds_899」を名乗るウクライナ人のTikTokユーザーであることが判明している。「ウクライナに栄光を」というハッシュタグを付け、110万回再生されたこの動画は、3Dモデリングソフト「ブレンダー」で作ったものだという。

その出来栄えに対しては、波の揺れるスピードが遅過ぎると指摘するコメントもあったが、多くは騙された。作者自身も、これほど拡散するとは思っていなかったと驚いている。

ウクライナ人クリエイターがロシアに報復するために作った作品が、上手すぎた例の一つだ。

20240423issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2024年4月23日号(4月16日発売)は「老人極貧社会 韓国」特集。老人貧困率は先進国最悪。過酷バイトに食料配給……繫栄から取り残され困窮する高齢者は日本の未来の姿

※バックナンバーが読み放題となる定期購読はこちら


今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

モービルアイ、自動運転支援用半導体4600万個を受

ワールド

豪BHP、西オーストラリア州ニッケル事業は8月まで

ビジネス

物価が基調的に2%近傍で上昇し続けるには「相応の時

ビジネス

訂正(発表者側の申し出)トヨタ、プリウス生産を当面
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    価値は疑わしくコストは膨大...偉大なるリニア計画って必要なの?

  • 3

    【画像・動画】ヨルダン王室が人類を救う? 慈悲深くも「勇ましい」空軍のサルマ王女

  • 4

    パリ五輪は、オリンピックの歴史上最悪の悲劇「1972…

  • 5

    人類史上最速の人口減少国・韓国...状況を好転させる…

  • 6

    アメリカ製ドローンはウクライナで役に立たなかった

  • 7

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 8

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 9

    対イラン報復、イスラエルに3つの選択肢──核施設攻撃…

  • 10

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 3

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 4

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 5

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 8

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 9

    温泉じゃなく銭湯! 外国人も魅了する銭湯という日本…

  • 10

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中