最新記事

アメリカ社会

レイプで妊娠した10歳の中絶を禁じる州法に怒り

She's 10': Child Rape Victim's Abortion Denial Sparks Outrage on Twitter

2022年7月4日(月)14時53分
アンドリュー・スタントン

中絶の権利を覆した米最高裁判決に抗議するデモ(7月2日、パリ) Benoit Tessier-REUTERS

<中絶を憲法上の権利と認めた最高裁判決が覆り、一部の州で即刻、中絶禁止・規制が効力を発揮。少女のケースは、中絶禁止がもたらす破壊の大きさを示している>

妊娠中絶を憲法上の権利と認めた1973年のロー対ウェイド判決が6月24日に連邦最高裁で覆されたことを受け、共和党主導の多くの州に中絶を禁止する動きが広がっている。そんななか、オハイオ州で10歳のレイプ被害者が中絶を拒否され、インターネット上で怒りの声が湧きあがっている。

インディアナポリス・スター紙の報道によれば、インディアナ州インディアナポリスの産婦人科医ケイトリン・バーナードは、最高裁の判決変更から3日後の6月27日、オハイオ州の児童虐待を専門とする医師からの電話を受けた。診療所に妊娠6週と3日の10歳の少女がいるが、州内では中絶が認められないという訴えだった。

オハイオ州では、胎児の心拍が検出される可能性のある妊娠6週以降の中絶が禁止されているため、この少女は中絶手術を受けることができなかった。共和党主導の一部の州は、妊娠6週で胎児の心拍が確認できると主張し、その時点から中絶を禁止している。

だが、こうしたいわゆる「胎児心拍」による中絶禁止は、医学の専門家から多くの批判があり、妊娠6週目には心拍は存在しないという声も多い。医師が検出できるのは、やがて心臓が形成される領域の拍動だ。さらに、多くの女性や少女はその時点で自分が妊娠していることに気づいていない。

強いられる妊娠継続

この少女は、中絶の制限・禁止を強化する州法の改正がまだ行われていないインディアナ州のバーナード医師のもとで手術を受けることができた。この件に関するその他の情報は、おそらく年齢を考慮したため、報道されていない。バーナード医師はスター紙に、「(いずれインディアナ州でも)中絶という医療行為を行うことができなくなることなど想像できない」と語った。

インディアナ州議会も現在、州独自の中絶規制の制定を進めている。中絶を希望する女性や少女は、手術を受けるために遠い州まで足を運ばざるをえなくなるかもしれない。

最高裁判決の変更を批判する人々は、この少女の状況は今回の最高裁判決がもたらす破壊的な影響を示しており、レイプの被害にあった幼い被害者たちが妊娠の継続を強いられる結果になると主張する。

多くの州で、最高裁判決が変更された場合に自動的に中絶を禁止する、いわゆるトリガー法を成立させていたため、すでにかなり広い範囲で中絶手術が禁止された。州議会で保守派が優勢な他の州でも中絶を禁止する動きがある。一方、民主党優勢の州では中絶の保護を強化している。

最高裁判決に批判的なノースカロライナ州のジョシュ・スタイン州司法長官(民主党)は、少女の中絶を禁止する法律を「正気とは思えない」と評した。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ロシアが原発周辺からロケット弾攻撃、13人死亡=ウ

ビジネス

マスク氏、ツイッター社員への聴取模索 偽アカウント

ワールド

訂正(10日配信記事)-旧統一教会会長「至極残念」

ワールド

米、対中関税巡る対応見直し 台湾情勢受け=関係筋

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 2

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 3

    台湾有事を一変させうる兵器「中国版HIMARS」とは何か

  • 4

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 5

    【映像】多指症の猫、25本の指で毛布をこねこね

  • 6

    【動画】プーチン「影武者」説を主張する画像と動画

  • 7

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 8

    他の動物のミルクを飲むヒトの特殊性と、大人が牛乳…

  • 9

    中国でミャンマー大使が急死 過去1年で中国駐在大使…

  • 10

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 3

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 4

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 5

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 6

    中国ロケット長征5号Bの残骸、フィリピン当局が回収 …

  • 7

    お釣りの渡し方に激怒、女性客が店員にコーヒーを投…

  • 8

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 9

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 10

    【動画】プーチン「影武者」説を主張する画像と動画

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 10

    【動画】珍しく待ちぼうけを食わされるプーチン

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月