最新記事

エネルギー

ドイツは原発の運転期間延長できるか? ロシア天然ガス供給減のなか賛否渦巻く

2022年6月25日(土)11時34分

ドイツはロシア産天然ガスの供給が完全にストップする場合に備え、原子力発電を含むあらゆる国内電源の活用を検討している。写真は2021年末に停止した南部グンドレミンゲンの原発。2021年12月29日撮影(2022年 ロイター/Lukas Barth)

ドイツはロシア産天然ガスの供給が完全にストップする場合に備え、原子力発電を含むあらゆる国内電源の活用を検討している。2011年に日本で起きた福島第1原発事故を受け、メルケル前首相は原発の利用停止を約束し、主要な電力会社は今年末までに残る原子炉3基の稼働を停止する準備を進めてきた。

電力会社は、燃料棒と専門スタッフの手配に制約があるため、原子炉の運転期間延長は不可能だとしている。政府も3月、法律、安全、経済負担の問題に鑑みて運転期間延長を却下した。

もっとも、社会民主党(SPD)率いる政権内の一部リベラル派と、野党・保守政党内の一部からは、環境上の理由で国が段階的脱却を進めてきた石炭の活用が再検討されている以上、原発も再検討すべきだとの声が出ている。

ショルツ首相は今のところ、原発の運転期間延長に反対している。

天然ガス供給が縮小

ロシアが2月24日にウクライナ侵攻を開始して以来、ドイツは天然ガス輸入に占めるロシア産の割合を55%から推計35%に減らしたが、今も依存は続いている。

欧州連合(EU)はロシア産エネルギーの利用削減を模索してきた。ロシア側もドイツに天然ガスを送る主要パイプライン「ノルドストリーム1」の稼働率を40%に削減。ロシアは西側の制裁によって修繕作業が遅れていると説明するが、欧州側は供給削減の口実に過ぎないとしている。

いずれにせよ、ドイツ連邦ネットワーク庁は家庭の暖房用と産業用のエネルギー供給に支障が出ると予想している。供給不足による価格高騰は、景気後退リスクを高めることにもつながる。

天然ガス火力発電はドイツの発電の15%を占める。石炭と併せて原発を活用すれば、発電セクターの窮状が緩和される可能性がある。

ドイツの大手電力会社エーオン、RWE、EnBWが運営する原発3基の発電能力は合計4300メガワット(MW)。昨年までは原発6基が稼働して国内電力の12%を供給していたが、昨年末に3基が稼働を停止した。

これ以外のドイツの代替エネルギーは、天候に左右される太陽光・風力発電および、輸入液化天然ガス(LNG)となる。

ただLNGは、輸入施設の容量不足と国際市場における獲得競争という問題がある。特に今月は、米国最大級のLNG輸出用プラントが爆発事故で稼働を停止している。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

新閣僚や党役員、旧統一教会との関係見直しが前提=岸

ワールド

香港、住宅印紙税引き下げも 本土の買い手対象=BB

ワールド

台湾外相、中国が侵略準備を進めていると警告

ワールド

台湾周辺での演習、9日も継続=中国軍

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世界的な著名精神科医が指摘するある『行動』とは

  • 2

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 3

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り裂いた「ニンジャ爆弾」

  • 4

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 5

    【映像】華麗なるスライディングを披露するゴリラ

  • 6

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 7

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリ…

  • 8

    お釣りの渡し方に激怒、女性客が店員にコーヒーを投…

  • 9

    【動画】MIRRORメンバーの頭上に大型スクリーンが落…

  • 10

    【映像】ライブ中のアイドルの頭上に、大型スクリー…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホットコーヒーを浴びせる

  • 3

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 4

    冬に向けて「脱ロシア化」準備中──じわじわ効果を上…

  • 5

    中国ロケット長征5号Bの残骸、フィリピン当局が回収 …

  • 6

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 7

    お釣りの渡し方に激怒、女性客が店員にコーヒーを投…

  • 8

    【動画】ノリノリでピザを投げつけるケイティ・ペリ…

  • 9

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 10

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 9

    【動画】珍しく待ちぼうけを食わされるプーチン

  • 10

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月