最新記事

ドラマ

「信仰心と誠実さ」の暴走は、なぜ24歳の人妻と幼い娘の惨殺に至った? 実録ドラマ

Faith and Murder

2022年5月27日(金)11時10分
ロクシー・サイモンズ

ガーフィールドはユタ州に住むモルモン教徒の刑事に取材し、役作りに役立てた。

「似た体験を持つ刑事に話を聞くことができた」と、彼は言う。「モルモン教に関係するむごたらしい事件の捜査で実際に信仰を試されたというんだ。ジェブをリアルに肉付けする意味で、捜査と信仰のはざまで葛藤した彼の体験談は勉強になった」

ガーフィールドは、傑作『レント』を生んだミュージカル作家であるジョナサン・ラーソンに扮したドラマ『tick, tick...BOOM! :チック、チック...ブーン!』での熱演も記憶に新しい。今回はタイプの違う役柄に挑戦するのが楽しみだったと、彼は言う。

「最近は身も心も丸裸にするようなエモーショナルな役柄、ドラマチックなキャラクターが続いた。だから感情を出さない内向的な人物になれると思うと、わくわくした。

モルモン教徒の刑事ほど、ブロードウェイのミュージカル作家と懸け離れたキャラクターは、そういない。控えめな表現でどれだけ内面を雄弁に伝えられるかチャレンジしたかったし、ジェブの苦悩も演じるかいがあった」

殺人者を演じるうえでの理解と不快感

ロンにはサム・ワーシントン、ダンにはワイアット・ラッセルが扮した。実在の殺人犯を演じるとなると気が重くなりそうだが、ワーシントンはあえて殺人そのものには注目しなかったという。

「暗く邪悪な人間だと決め付けたら、この手の役は演じられない」と、彼は言う。

「ランスと話し合い、ロンのキャラクターにひたむきで誠実な面を見つけようとした。その誠実さが暴走してしまうのだが、僕にとってロンは家族の結束を一心に守ろうとした男だった。そうと決まると、特定の場面の演じ方や雰囲気づくりに選択肢が増えた」

220531p48_nje03.jpg

義兄たちに惨殺されるブレンダをデイジー・エドガージョーンズが演じた MICHELLE FAYE/FX

対照的にラッセルは、ダンを演じた経験を「船酔い」に例える。「船酔いしたみたいに、ずっと気分が悪かった。ダンは人気者だったから、和気あいあいとしたシーンもある。だが彼がしたことを思うと、楽しい気分になるたび胃がむかつき、やましさを覚えた。ああいう人物を演じるのに不快感は付き物だ」

ラッセルは服役中のダン本人に連絡を取ろうとしたが、果たせなかった。「会わないほうがいいかもしれないと思い直した。録音テープで彼の証言は聞いていたし、ダンの人柄に新たな光を当てるような質問も思い付かなかった」

ワーシントンが頼りにしたのは生前のロンを知る人々ではなく、10年かけて『信仰が人を殺すとき』の映像化に取り組んだランス・ブラックだった。「ランスを情報源にした」と、ワーシントンは語る。「彼はモルモン教徒として育ち、モルモン教の人たちに敬意を抱いている。だから宗教について分からないことは彼に尋ねた。それに『アンダー・ザ・バナー・オブ・ヘブン』はランスが10 年温めた企画だ。彼ほどストーリーを熟知し、どう語りたいか理解している人はいないよ」

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ドイツ、公共施設の暖房最高19度に エネルギー節減

ビジネス

中国国有大手4社、米上場廃止申請へ 取引減や事務負

ビジネス

中国新規融資、7月は6790億元に急減 予想下回る

ワールド

台湾、通年の成長率予想を下方修正 半導体需要は堅調

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 2

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 3

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパーのパートも断られたシングルマザーに残された選択肢

  • 4

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 5

    「女性らしくない」との批判──ファーストレディ・オ…

  • 6

    【動画】露軍基地の大爆発と逃げる海水浴客

  • 7

    中国でミャンマー大使が急死 過去1年で中国駐在大使…

  • 8

    イーロン・マスク、自家用ジェットで車10分の距離を…

  • 9

    【映像】車庫にいた巨大ムースを至近距離で撮影

  • 10

    インドで手足が4本ずつある赤ちゃんが生まれる

  • 1

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 2

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 3

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 4

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 5

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 6

    中国ロケット長征5号Bの残骸、フィリピン当局が回収 …

  • 7

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 8

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 9

    【動画】プーチン「影武者」説を主張する画像と動画

  • 10

    お釣りの渡し方に激怒、女性客が店員にコーヒーを投…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 10

    【動画】珍しく待ちぼうけを食わされるプーチン

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月