注目のキーワード

最新記事

映画

戦争で夫を奪われ瓦礫のなかで出産する女性...現実と不気味に重なる映画への注目

History Keeps Repeating

2022年5月11日(水)18時50分
サム・アダムズ(スレート誌映画担当)

ドンバス地方に暮らす妊娠中の女性の視点から描いた『クロンダイク』の一場面 KEDR FILMーSLATE

<『クロンダイク』『破片でできた家』──ウクライナとロシアの監督作品に見る、見覚えのある戦場の現実とアーティストの苦悩>

崩壊したマリウポリの病院から運び出される負傷した妊婦――その画像は、ウクライナで続く戦争の光景のうち最も恐ろしいものの1つだった。

だが、あり得ないほど痛ましいシーンでありながら、奇妙にも見覚えがあるという感覚に襲われた。実人生ではなく、アート作品の中で。

今年1月、米サンダンス映画祭でプレミア上映されたウクライナの映画監督マリナ・エル・ゴルバチの『クロンダイク』のクライマックスは、今から思えば不気味なほど現実と重なる。

サンダンスに出品された初のウクライナの劇映画である同作の主な舞台は、同国東部ドンバス地方にある住宅だ。爆撃を受けて半壊した家には、初めての子供の誕生を待つ夫婦が暮らしている。妻は臨月間近で、夫は親ロシア派の分離主義武装勢力による徴兵を避けようと必死だ。

物語は妻の視点を中心にして語られる。彼女の願いは、男たちが領土争いをやめ、平和の中で家庭を築くこと。だが最後の場面では、夫が武装勢力に連れ去られ、かつて自宅だった瓦礫の中で妻は出産を迎える。

『クロンダイク』を予言的作品と称するのは行きすぎだろう。ウクライナ東部のような紛争地では、歴史は必ず繰り返される。むしろそれが、本作の根底にあるものの一部だ。

この映画は特定の時と場所をめぐって展開する。具体的に言えば、2014年7月17日、ウクライナ東部上空を飛行中のマレーシア航空の旅客機が同地の分離主義勢力に撃ち落とされ、乗員乗客298人全員が死亡した事件だ。

自分たちの命を守ろうとする夫妻の切羽詰まった状態と、誰からも明確な答えが得られない情報不足のはざまで、撃墜事件は当初、遠くの出来事として捉えられる。悲劇を示すのは、地平線に立ち上る油煙やロケットランチャーを載せたトラックの列だけだ。

記録映画が伝えること

同じく、今年サンダンスで上映されたドキュメンタリー映画『破片でできた家』では、家族の間で歴史が繰り返される。デンマーク人のサイモン・レレング・ウィルモント監督は、旧作『犬の遠吠え』(17年)の舞台、ウクライナ東部を再訪。裁判所の決定で親と引き離された児童の保護シェルターを取材している。

近年のウクライナでの出来事には触れないが、画面に広がる光景は『クロンダイク』と同じだ。荒涼として爆撃の傷だらけで、耐えるしかないから耐える人々で満ちている。

一方、ウクライナ人監督セルゲイ・ロズニツァは、過去の映像資料を発掘・再利用する手法を多用して、歴史と真正面から向き合う。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

インフレ抑制が「最優先」、景気後退は招かず=SF連

ビジネス

IMF、米成長見通し下方修正 積極利上げ背景 景気

ワールド

従業員の中絶に絡む交通費を負担へ、米企業が相次いで

ビジネス

米国株式市場=大幅続伸、積極利上げ観測後退

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:沖縄の論点

2022年6月28日号(6/21発売)

「本土復帰50年」を迎えた、オキナワの語られていない語られるべき問題

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 3

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベットとの対面時間を制限した訳

  • 4

    「あの」河瀬直美監督とは思えない繊細さでマイノリ…

  • 5

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 6

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

  • 7

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 8

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 9

    スリム化は不可欠、「ポスト・エリザベス」の英王室…

  • 10

    今度の参議院選挙で審判を受けるのはむしろ「野党」

  • 1

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 2

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 3

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 4

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

  • 5

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 6

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 7

    大量のシラミがわいた9歳少女は貧血で亡くなった....…

  • 8

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 9

    「毛深すぎる」と専門家も困惑......とんでもなくモ…

  • 10

    こっそりカンボジアに拠点を作った中国人民解放軍に…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 9

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月