最新記事

進化

気候よりも都市化が地球規模での生物進化に影響を及ぼしていた 

2022年5月9日(月)11時47分
松岡由希子

トロントのシロツメクサは、トロント郊外の農地や森林に囲まれたエリアよりも東京のシロツメクサとよく似ている...... Junichi Yamada-iStock

<都市化が地球規模で生物進化にも影響をもたらしていることが明らかになった>

人類は都市を開発してその環境を絶えず変えているのみならず、都市化が地球規模で生物進化にも影響をもたらしていることが明らかとなった。

加トロント大学ミシサガ校の進化生物学者を中心に、北海道大学北方生物圏フィールド科学センター(FSC)の内海俊介准教授や安藤義乃学術研究員らも参画する国際共同研究チーム「グローバル・アーバン・エボリューション・プロジェクト(GLUEプロジェクト)」では、世界各地の都市部で広く生息するシロツメクサを用い、都市化による生物進化について研究している。2022年3月17日、学術雑誌「サイエンス」で初めて研究論文が発表された。

matuoka20220509bb.jpgグローバル・アーバン・エボリューション・プロジェクト

遺伝的特徴や気候よりも、都市化の環境変化が大きな影響を及ぼす

研究チームは、トロント、豪メルボルン、独ミュンヘン、東京など、世界26カ国160都市から採取したシロツメクサのサンプル11万19本を分析し、都市部の環境変化によって平行的に類似した進化が地球規模で起きているのかどうかを調べた。

都市部で生息するシロツメクサは、気候によらず、近郊の農地や森林よりも遠く離れた別の都市部のシロツメクサと似ていた。たとえば、トロントのシロツメクサは、トロント郊外の農地や森林に囲まれたエリアよりも東京のシロツメクサとよく似ている。

これは、特定の形質への同じ選択圧によって異なる場所でそれぞれの個体群が形成される「平行進化」だ。各地域の個体群の遺伝的特徴や気候といった自然現象よりも、人類による都市化に伴う環境変化のほうが、このような形質の形成に大きな影響を及ぼしていることを示している。

研究チームは、水ストレス耐性の向上や植食者(植物を食べる動物)に対する防御機構としてシロツメクサが生成するシアン化水素に着目し、適応の基盤となる遺伝的基盤や進化を促す環境要因についても調べた。その結果、都市部のシロツメクサが生成するシアン化水素は田舎のシロツメクサよりも44%少なかった。都市部での植食者の存在や水ストレスの変化が田舎とは異なる適応をシロツメクサに促したと考えられる。

「人類が生物進化を変えていることを裏付ける」

研究論文の筆頭著者でトロント大学ミシサガ校の博士課程に在籍するジェームズ・サンタンジェロ氏は「人類が都市を深く変え、その環境や生態系を著しく変化させてきたことは長年知られている」としたうえで、今回の研究成果について「この現象が同じような方法で地球規模で起こっていることを示すものだ」と述べている。

また、研究論文の責任著者でトロント大学ミシサガ校のマーク・ジョンソン教授は「都市は人類が暮らす場所であり、このことこそ、人類が生物進化を変えていることを裏付ける証拠だ」とし、「生態学者や進化生物学者のみならず、社会にとって重要になるだろう」と指摘している。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

中国主席、コロナ戦略の堅持表明 「適切かつ効果的」

ビジネス

独製造業、23年にかけて資材不足続くと予想=IFO

ビジネス

日経平均は大引け=反落、値がさ株が軟調 一時300

ビジネス

午後3時のドルは136円前半、24年ぶり高値圏で上

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

人気ランキング

  • 1

    【モナコ王室】夫婦不仲説をシャルレーヌ公妃が一蹴、キスする姿も

  • 2

    食料品がこんなに高い!?インフレが止まらないNYの実態

  • 3

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 4

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 5

    「中の人」の視点で終わった『東京2020オリンピック …

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    世界が見るウクライナ戦争の姿はフェイク? 「戦争PR…

  • 8

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 9

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 10

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 3

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 4

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 5

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 6

    【モナコ王室】夫婦不仲説をシャルレーヌ公妃が一蹴…

  • 7

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 10

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のた…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月