最新記事

進化

気候よりも都市化が地球規模での生物進化に影響を及ぼしていた 

2022年5月9日(月)11時47分
松岡由希子

トロントのシロツメクサは、トロント郊外の農地や森林に囲まれたエリアよりも東京のシロツメクサとよく似ている...... Junichi Yamada-iStock

<都市化が地球規模で生物進化にも影響をもたらしていることが明らかになった>

人類は都市を開発してその環境を絶えず変えているのみならず、都市化が地球規模で生物進化にも影響をもたらしていることが明らかとなった。

加トロント大学ミシサガ校の進化生物学者を中心に、北海道大学北方生物圏フィールド科学センター(FSC)の内海俊介准教授や安藤義乃学術研究員らも参画する国際共同研究チーム「グローバル・アーバン・エボリューション・プロジェクト(GLUEプロジェクト)」では、世界各地の都市部で広く生息するシロツメクサを用い、都市化による生物進化について研究している。2022年3月17日、学術雑誌「サイエンス」で初めて研究論文が発表された。

matuoka20220509bb.jpgグローバル・アーバン・エボリューション・プロジェクト

遺伝的特徴や気候よりも、都市化の環境変化が大きな影響を及ぼす

研究チームは、トロント、豪メルボルン、独ミュンヘン、東京など、世界26カ国160都市から採取したシロツメクサのサンプル11万19本を分析し、都市部の環境変化によって平行的に類似した進化が地球規模で起きているのかどうかを調べた。

都市部で生息するシロツメクサは、気候によらず、近郊の農地や森林よりも遠く離れた別の都市部のシロツメクサと似ていた。たとえば、トロントのシロツメクサは、トロント郊外の農地や森林に囲まれたエリアよりも東京のシロツメクサとよく似ている。

これは、特定の形質への同じ選択圧によって異なる場所でそれぞれの個体群が形成される「平行進化」だ。各地域の個体群の遺伝的特徴や気候といった自然現象よりも、人類による都市化に伴う環境変化のほうが、このような形質の形成に大きな影響を及ぼしていることを示している。

研究チームは、水ストレス耐性の向上や植食者(植物を食べる動物)に対する防御機構としてシロツメクサが生成するシアン化水素に着目し、適応の基盤となる遺伝的基盤や進化を促す環境要因についても調べた。その結果、都市部のシロツメクサが生成するシアン化水素は田舎のシロツメクサよりも44%少なかった。都市部での植食者の存在や水ストレスの変化が田舎とは異なる適応をシロツメクサに促したと考えられる。

「人類が生物進化を変えていることを裏付ける」

研究論文の筆頭著者でトロント大学ミシサガ校の博士課程に在籍するジェームズ・サンタンジェロ氏は「人類が都市を深く変え、その環境や生態系を著しく変化させてきたことは長年知られている」としたうえで、今回の研究成果について「この現象が同じような方法で地球規模で起こっていることを示すものだ」と述べている。

また、研究論文の責任著者でトロント大学ミシサガ校のマーク・ジョンソン教授は「都市は人類が暮らす場所であり、このことこそ、人類が生物進化を変えていることを裏付ける証拠だ」とし、「生態学者や進化生物学者のみならず、社会にとって重要になるだろう」と指摘している。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

国債金利、金融政策だけでなく様々な要因背景に市場で

ビジネス

グーグル、フィンランドのデータセンターに10億ユー

ビジネス

イタリアの財政赤字と債務、投資家信頼感損ねる恐れ=

ワールド

ロシアのガス生産量、1─4月に8%増 石油は減少
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 3

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の「ロイヤル大変貌」が話題に

  • 4

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『…

  • 5

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 6

    中国の文化人・エリート層が「自由と文化」を求め日…

  • 7

    ベトナム「植民地解放」70年を鮮やかな民族衣装で祝…

  • 8

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 9

    「親ロシア派」フィツォ首相の銃撃犯は「親ロシア派…

  • 10

    服着てる? ブルックス・ネイダーの「ほぼ丸見え」ネ…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両を一度に焼き尽くす動画をウクライナ軍が投稿

  • 4

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 5

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 6

    原因は「若者の困窮」ではない? 急速に進む韓国少…

  • 7

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 8

    北米で素数ゼミが1803年以来の同時大発生、騒音もダ…

  • 9

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気…

  • 10

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 1

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 2

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 3

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 6

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 7

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 8

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 9

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中