注目のキーワード

最新記事

ウクライナ

マリウポリの地下室で、8歳の少年が「絵日記」に書いた「ロシア侵攻」の悲痛

8-Year-Old's Diary Narrates Horrors Of Russian Invasion In Mariupol

2022年5月11日(水)11時07分
ミーラ・スレシュ

@Evgeny Sosnovsky/Facebook

<少年は砲撃で大怪我を負い、日記には2匹の飼い犬と祖母が亡くなったことも書かれている。彼はまだマリウポリにいるという>

ロシアによる侵攻を受け、激戦が続くウクライナ南東部マリウポリ。この町に住む8歳の少年が書いた日記がSNSに投稿され、戦争の恐怖が無実の子供に与えるトラウマに改めて注目が集まっている。

少年は砲撃で彼の「肉が引き裂かれた」様子や、「2匹の飼い犬」と「ガリアおばあちゃん」が「愛するマリウポリ」とともに亡くなった悲痛を、文章と絵で日記に書いた。この日記の画面をSNSに投稿したのは写真家のエフゲニー・ソスノフスキーで、少年の親戚でもある。少年は安全上の懸念から身元は明らかにされていないが、今もマリウポリにいるという。

少年の日記には、文章とともに絵も描かれていた。そこには破壊された家々や、道に倒れた人たちの姿、炎上するビル、さらにはヘリコプターが飛ぶ下で戦車とともに銃を持った兵士たちが進軍する様子も描かれている。

一方、別のページには彼の誕生日をちゃんとお祝いすることを夢見る絵もある。テーブルに大きなケーキが置かれ、誕生日パーティーにたくさんのお客さんが集まっている様子だ。

アゾフスターリ製鉄所への攻撃の巻き添えを受けた家族

ソスノフスキーは戦争が始まって以来、少年の家族とともに過ごしてきたと語る。日記に書かれている少年の怪我については、ウクライナ側部隊が立てこもりロシア軍が包囲するアゾフスターリ製鉄所への攻撃によって負ったものだとした。

ソスノフスキーは「アゾフスターリに向けて撃たれた砲弾は私たちの真上を飛んで行ったが、いくつかは住宅にも落ちてきた。(少年の)祖母は、私たちの近所に住んでいた。彼女と少年は、本当に仲の良い友達同士だった。彼女が亡くなったのは自然死だったが、戦争によってそれが早められたことは疑いようもない」と、ラジオ・フリー・ヨーロッパのロシア語版ウェブサイトに語っている。

「そして、そう、犬たちもだ。1匹は砲撃の破片によって部屋の中で体を切断され、2匹目は後になってがれきの下で遺体を発見した」

3月17日にはアゾフスターリへの砲撃で、ソスノフスキーの姪とその2人の子供が怪我をしたという。2人の子供のうちの1人が、日記を書いた少年だった。「少年は背中と腕に大怪我を負い、少女は頭に切り傷を負った」と、ソスノフスキーは語る。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

スリーアローズが「デフォルト」=暗号資産仲介ボイジ

ビジネス

国庫短期証券の入札、8月24日の6カ月物をキャンセ

ビジネス

中国恒大、清算申し立てに反対 再建計画に影響ないと

ビジネス

米議会、速やかに半導体支援法案の可決を=商務長官

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 2

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 3

    世界が見るウクライナ戦争の姿はフェイク? 「戦争PR会社」と「情報戦」の深層

  • 4

    女性の耳から小さなカニ、ピンセットで摘出される動…

  • 5

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 6

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 7

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 8

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから…

  • 9

    40年ぶりの「超インフレ」アメリカに暮らして

  • 10

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のた…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 3

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 4

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 5

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 6

    最も明るく、最も急速に成長するブラックホール発見…

  • 7

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

  • 8

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから…

  • 9

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 10

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月