最新記事

サル痘

ベルギーのサル痘感染者3人はゲイ男性向けのイベントに参加していた

Monkeypox Cases in Belgium May Be Linked to Fetish Festival: Organizers

2022年5月23日(月)16時14分
ジェイク・トーマス

サル痘にかかったリベリアの少女(1971) CDC/Wikimedia Commons

<これまでは主としてアフリカで発生していたサル痘が欧米で急に増えているのはなぜなのか>

ベルギーの公衆衛生当局が5月初旬に北部の都市アントワープで開催されたイベントで参加者のうち3人がサル痘に感染したことを発表したの受けて、イベント主催者は、参加者に対してサル痘感染の可能性について注意を呼びかけた。

「ダークランド・フェスティバル」と呼ばれるこのイベントは、ゲイ男性向けの4日間の祭りで、昼間のフェスティバルと夜のパーティー、そして啓蒙と特選グッズの物販などが9日までに行われた。

ヨーロッパでは珍しいサル痘ウイルスの患者をベルギー公衆衛生当局が確認したのは5月19日。ダークランド・フェスティバル側は即日、ウェブサイトに告知した。サル痘は中央・西アフリカの熱帯雨林でよく見られるウイルス性の感染症だが、このところ欧州で患者の報告が相次ぎ、専門家は感染拡大の懸念を強めている。

「最近、いくつかの国でサル痘の症例が報告されていることから、海外からの参加者がフェスティバルにウイルスを持ち込んだと考えらえる」と、フェスティバルの主催者はウェブサイトで述べた。

同サイトの告知によれば、公衆衛生当局からは他人との密接な接触があった後、3週間は異常な水疱に注意するようイベント参加者に注意を促してほしいという要請があったという。

欧州初の流行

ベルギーのフランク・バンデンブルック保健大臣は、19日に国内でサル痘の感染が3例確認されたことを発表。これまでイギリス、ポルトガル、スペインで感染が報告されており、患者のほとんどが男性と性的接触を持つ男性であることから、患者数を注意深く見守っていると述べた。

ただし「一般市民への感染リスクは低い」と、バンデンブルックは付け加えた。

イタリアの経営技術者アントニオ・カラミアが作成した概要一覧によれば、サル痘の非流行地域の国で確認された患者は現在のところ合計76人、疑わしい患者は65人にのぼる。

この一覧によれば、最近の症例のほとんどがヨーロッパ、特にスペインとポルトガルで発生していることがわかる。ヨーロッパでこれほど多くの感染者が出たのは初めてだ。アメリカでは2人の感染が確認されている。

世界保健機関(WHO)は19日の声明で、「11カ国で報告されている最近のサル痘症例は、これまで流行したことがない国々で発生しており、異常な状態だ」としている。

今回のサル痘の流行では、1300人以上の感染疑い例と58人の死亡例が報告されている。5月初めまで、新規感染者の大半はコンゴ民主共和国に集中していた。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

中国不動産セクター、少数の強気派が楽観維持 目標株

ビジネス

トヨタ株主総会、豊田氏の再任賛成票比率71.93%

ビジネス

日経平均は小幅続伸、ハイテク株がけん引 一巡後は伸

ビジネス

午後3時のドルは157円後半で底堅い、対ドル以外で
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...ウクライナがドローン「少なくとも70機」で集中攻撃【衛星画像】

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 6

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 7

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 8

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 9

    中国不動産投資は「さらに落ち込む」...前年比10.1%…

  • 10

    今回の東京都知事選を「イロモノ」の祭典にしないた…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 4

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中