注目のキーワード

最新記事

後遺症

「怒りが込み上げてくる」、コロナ後遺症が1年以上も続く11歳少女の苦しみ

Girl, 11, Struggles to Walk, Needs Feeding Tube One Year After Catching COVID

2022年2月4日(金)18時02分
ロバート・リー

ティリー・アダムズ @tilliesjourney/Instagram

<1年以上にわたって新型コロナの「後遺症」に苦しむ11歳の少女。コロナ感染者は年齢に関係なく後遺症を経験する可能性がある>

新型コロナウイルスに感染してから1年以上がたった現在も、後遺症のためチューブを通しての栄養補給を余儀なくされているイギリスの少女がいる。

英ミラー紙によれば、ロンドン東部に暮らす11歳のティリー・アダムズは2021年1月、新型コロナウイルスに感染した。数週間にわたって入院した後、今でもしばしば体調不良で学校を休まざるを得ない状況が続いているという。

アダムズは食事をとるのが困難で、体重も激減した。2021年夏以降、経鼻胃管(鼻から喉を通って胃に到達する管)で栄養を摂取している。

また、自宅の階段を上ることすら難しく、失神も何度か経験した。ミラー紙の取材に対し、アダムズは次のように語っている。「時々、怒りが込み上げてくる。学校に行きたいけれど、すごく難しい。あまりに疲れ切っていて、本当に何もできない日がある」

@tilliesjourney/Instagram


新型コロナウイルス感染症と診断された当初には、典型的な症状である嗅覚と味覚の喪失、頭痛、発熱を経験した。しかし、これらの症状はその後、頭痛、胃痛、食欲不振へと変わっていった。

その結果、外で遊ぶのが好きだったアダムズは、動くことを怖がるようになり、ベッドで過ごす時間が増えた。

年齢に関係なく後遺症の可能性が

英国民保健サービス(NHS)は、新型コロナウイルスの急性症状の後にも継続する症状、または後になって発現する兆候や症状について、「long COVID(新型コロナウイルス後遺症)」と非公式に定義している。

この名称は、4週間以上続いている新型コロナウイルスの症状と、ほかの疾患に起因しない症状が12週間以上続く後遺症に適用されている。

米疾病対策センター(CDC)によれば、新型コロナウイルスに感染した人は、年齢に関係なく後遺症を経験する可能性がある。それでも、子供や青年に見られることは少ないという。

CDCは、子供に最も広く見られる症状として、疲労や倦怠感、頭痛、不眠症、集中力の低下、筋肉や関節の痛み、せきを挙げている。

CDCのウェブサイトには、次のように書かれている。「新型コロナウイルス後遺症を防ぐ最善の方法は、新型コロナウイルス感染症を防ぐことだ。対象となる人は、できるだけ早くワクチン接種を受けることが、新型コロナウイルス感染症を防ぐ最善の方法であり、周囲の人々を守ることにもつながる」

アダムズは現在、ロンドンにあるユニバーシティー・カレッジ病院が行っている、子供の新型コロナウイル後遺症に関する研究に協力している。さらに、インスタグラムを使い、新型コロナウイルス感染症が大人だけの病気ではないことを伝えている。彼女の症状や体験が記録されているインスタグラムのアカウントは、すでに約5000人のフォロワーを獲得している。
(翻訳:ガリレオ)

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

来夏以降の電力安定供給のため、さらなる原発再稼働は

ビジネス

日野とトヨタを米国運送業者が提訴、トラック不正で損

ワールド

東京都で2万0401人の新型コロナ感染確認、30人

ビジネス

アングル:復調する米株、強気相場開始と決めつけられ

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 2

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 3

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパーのパートも断られたシングルマザーに残された選択肢

  • 4

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 5

    「女性らしくない」との批判──ファーストレディ・オ…

  • 6

    【動画】露軍基地の大爆発と逃げる海水浴客

  • 7

    中国でミャンマー大使が急死 過去1年で中国駐在大使…

  • 8

    イーロン・マスク、自家用ジェットで車10分の距離を…

  • 9

    【映像】車庫にいた巨大ムースを至近距離で撮影

  • 10

    インドで手足が4本ずつある赤ちゃんが生まれる

  • 1

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 2

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 3

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 4

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 5

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 6

    中国ロケット長征5号Bの残骸、フィリピン当局が回収 …

  • 7

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 8

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 9

    【動画】プーチン「影武者」説を主張する画像と動画

  • 10

    お釣りの渡し方に激怒、女性客が店員にコーヒーを投…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 10

    【動画】珍しく待ちぼうけを食わされるプーチン

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月