最新記事

変異株

ステルス・オミクロン「BA.2」、科学者が感染増を警戒

2022年1月31日(月)14時48分

新型コロナウイルスの急激な感染拡大は一部の国で既にピークアウトしたものの、なお収束には程遠い。そして、現在の世界における感染のほぼ全ては、強力な感染力を持つオミクロン株が占めている。英オールダムで2020年8月撮影(2022年 ロイター/Phil Noble)

新型コロナウイルスの急激な感染拡大は一部の国で既にピークアウトしたものの、なお収束には程遠い。そして、現在の世界における感染のほぼ全ては、強力な感染力を持つオミクロン株が占めている。ただ、科学者が今警戒しつつあるのは、このオミクロン株「BA.1」の派生株の1つである「BA.2」が、欧州やアジアの一部で「BA.1」から置き換わる形で勢いを増している事態だ。「BA.2」についてこれまでに分かっていることを以下にまとめた。

「ステルスオミクロン」

世界的な科学イニシアティブであるインフルエンザウイルス遺伝子データベース(GISAID)に今月25日時点で登録されたゲノム解析データに基づくと、世界の新型コロナウイルス感染の98.8%は「BA.1」だ。だが、世界保健機関(WHO)によると、「BA.2」の感染報告も最近増加している。

WHOは「BA.1」と「BA.2」のほか、さらに2種類のオミクロン派生株「BA.1.1.529」、「BA.3」もリストアップ。いずれも遺伝子的には近似しているが、それぞれ微妙に変異した特徴によって働きが違ってくる可能性もある。

フレッド・ハッチンソンがん研究センターで計算科学を用いたウイルス研究をしているトレバー・ベッドフォード氏は28日、GISAIDの情報とオックスフォード大学が運営するデータベース「アワー・ワールド・イン・データ」を踏まえると、「BA.2」はデンマークにおける感染の約82%、英国の9%、米国の8%を占めている、とツイッターに投稿した。

「BA.1」はそれ以前の変異株に比べて検知が幾分簡単だった。「BA.1」は一般的なPCR検査で利用される3つの「標的遺伝子」の1つが欠失しているからで、この特徴を持つウイルスが検出された場合、自動的に「BA.1」だと推定されてきた。

一方で、時に「ステルスオミクロン」と呼ばれる「BA.2」は、「BA.1」のような標的遺伝子の欠失が見当たらない。そのため科学者らは、デルタ株を含めた以前の変異株と同じやり方、つまりGISAIDなどの公的なデータベースに登録されたゲノムの数を追いかけることで動向を注視している。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

EU、米EV購入税控除はWTO違反と懸念=報道官

ビジネス

米卸売物価、7月は前月比0.5%低下 基調的インフ

ワールド

ザポロジエ原発に再度砲撃、ロ・ウクライナ双方が相手

ワールド

ロ、軍拠点や民間インフラへの空爆を倍増=ウクライナ

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 2

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 3

    【映像】多指症の猫、25本の指で毛布をこねこね

  • 4

    台湾有事を一変させうる兵器「中国版HIMARS」とは何か

  • 5

    【動画】露軍基地の大爆発と逃げる海水浴客

  • 6

    他の動物のミルクを飲むヒトの特殊性と、大人が牛乳…

  • 7

    25本の指を使って毛布をこねこねする猫

  • 8

    韓国、観測史上最大の約450ミリの集中豪雨 半地下に…

  • 9

    アートとNFTめぐるダミアン・ハーストの実験 4800人…

  • 10

    中国でミャンマー大使が急死 過去1年で中国駐在大使…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 3

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 4

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 5

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 6

    中国ロケット長征5号Bの残骸、フィリピン当局が回収 …

  • 7

    お釣りの渡し方に激怒、女性客が店員にコーヒーを投…

  • 8

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 9

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 10

    【動画】プーチン「影武者」説を主張する画像と動画

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 10

    【動画】珍しく待ちぼうけを食わされるプーチン

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月