最新記事

感染症

40年前に根絶したはずの「天然痘ウイルス」が戻ってくる?

Why Smallpox Is so Dangerous As Vials Found in Pennsylvania

2021年11月18日(木)15時51分
エド・ブラウン

天然痘ワクチンを開発し、1984年に世界初のワクチン接種を行なったジェンナーのイラスト traveler1116-iStock

<政府機関の厳重な監視の下に置かれているはずなのに、メルク社の冷凍庫を片付けていた職員がラベルに「天然痘」と記載された小瓶15本を発見。中身は本当に数億人を殺したあのウイルスなのか>

製薬大手メルクが所有する米ペンシルベニア州郊外の施設内で、「天然痘」というラベルの貼られたガラスの小瓶が発見され、FBIと米疾病対策センター(CDC)が調査を行っている。ヤフーニュースによれば、小瓶は15本見つかったということだ。

CDCはCNNの取材に対し、現在これらの小瓶を調べているところだと認め、小瓶は施設内の冷凍庫を片付けていた職員が見つけたものだと明らかにした。誰かが小瓶の中身に接触した形跡はないという。

天然痘(痘そう)は、天然痘ウイルスによって引き起こされる伝染病だ。感染すれば死に至る可能性もあり、かつて世界中で数億人の死者を出したが、1980年にWHO(世界保健機関)が根絶を宣言した。

米食品医薬品局(FDA)によれば、最も一般的で重い症状の「大痘瘡」の場合、死亡率は約30%にのぼる。感染すると、12~14日の潜伏期間の後に症状が出始め、一般的には高熱やひどい頭痛、背中の痛みなどがみられる。さらにその後、水疱性の発疹が出て、それが数週間後にかさぶたになって剥がれ落ちる。

ミシガン大学医療センターによれば、天然痘はくしゃみ、咳や呼気、かさぶたや発疹から浸み出した液体を介して、場合によっては患者の所有物に触れることでも感染が広がる可能性がある。確立された治療法はないが、ワクチンによる予防が可能。1796年にイギリス人医師のエドワード・ジェンナーが初めての天然痘ワクチンを開発し、人類初のワクチン接種を行なった。

WHO指定の保管施設は世界で2カ所だが

1960年代に国際社会が協力してワクチン接種と監視を行ったことで、1980年にはWHOが天然痘の根絶を宣言。これ以降はもう、一般市民を対象とした天然痘ワクチンの接種は推奨されていない。

WHOは天然痘の根絶について「公衆衛生における歴史上、最も注目すべき偉大な成功のひとつ」としており、1977年にソマリアで感染が確認されたのを最後に、感染例の報告はない。

天然痘ウイルスは今も、一部の医学研究所で厳重な安全措置の下、保管されていることが分かっている。CDCによれば、WHOから天然痘ウイルスの保管施設として指定されている研究施設は、世界で2カ所。ジョージア州アトランタにあるCDCの施設と、ロシアのコルツォボにある国立ウイルス学・生物工学研究センターだけだ。

しかし、このほかの施設でも天然痘ウイルスが保管されている可能性はあり、それが誤って、あるいは意図的に流出される可能性が懸念されている。CDCは「そのような事態が起きれば、破壊的な影響がもたらされかねない」と言っている。


20240416issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2024年4月16日号(4月9日発売)は「オッペンハイマー アメリカと原爆」特集。アカデミー作品賞映画が突き付けた、埋もれた記憶と核のリアル。アメリカは原爆に向き合い始めたのか

※バックナンバーが読み放題となる定期購読はこちら


今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

バイデン政権、27.7万人の学費ローン74億ドルを

ワールド

焦点:ナスカのミイラが「宇宙人」に、止まらぬ古代遺

ワールド

政治の信頼回復と先送りできない課題以外考えず=解散

ビジネス

USスチール株主総会、日鉄による買収計画を承認 9
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
2024年4月16日号(4/ 9発売)

アカデミー作品賞映画がアメリカに突き付けた、埋もれた記憶と核兵器のリアル

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 3

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 4

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 5

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 6

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 7

    「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女…

  • 8

    『大吉原展』炎上とキャンセルカルチャー

  • 9

    『オッペンハイマー』:被爆者イメージと向き合えな…

  • 10

    「住む国も分散」したいアメリカ人が急増中 富裕層…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 3

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 4

    NewJeans、ILLIT、LE SSERAFIM...... K-POPガールズグ…

  • 5

    ドイツ空軍ユーロファイター、緊迫のバルト海でロシ…

  • 6

    ドネツク州でロシアが過去最大の「戦車攻撃」を実施…

  • 7

    金価格、今年2倍超に高騰か──スイスの著名ストラテジ…

  • 8

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 9

    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…

  • 10

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 3

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の瞬間映像をウクライナ軍が公開...ドネツク州で激戦続く

  • 4

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 5

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    野原に逃げ出す兵士たち、「鉄くず」と化す装甲車...…

  • 9

    ケイティ・ペリーの「尻がまる見え」ドレスに批判殺…

  • 10

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中