注目のキーワード

最新記事

感染症

40年前に根絶したはずの「天然痘ウイルス」が戻ってくる?

Why Smallpox Is so Dangerous As Vials Found in Pennsylvania

2021年11月18日(木)15時51分
エド・ブラウン

天然痘ワクチンを開発し、1984年に世界初のワクチン接種を行なったジェンナーのイラスト traveler1116-iStock

<政府機関の厳重な監視の下に置かれているはずなのに、メルク社の冷凍庫を片付けていた職員がラベルに「天然痘」と記載された小瓶15本を発見。中身は本当に数億人を殺したあのウイルスなのか>

製薬大手メルクが所有する米ペンシルベニア州郊外の施設内で、「天然痘」というラベルの貼られたガラスの小瓶が発見され、FBIと米疾病対策センター(CDC)が調査を行っている。ヤフーニュースによれば、小瓶は15本見つかったということだ。

CDCはCNNの取材に対し、現在これらの小瓶を調べているところだと認め、小瓶は施設内の冷凍庫を片付けていた職員が見つけたものだと明らかにした。誰かが小瓶の中身に接触した形跡はないという。

天然痘(痘そう)は、天然痘ウイルスによって引き起こされる伝染病だ。感染すれば死に至る可能性もあり、かつて世界中で数億人の死者を出したが、1980年にWHO(世界保健機関)が根絶を宣言した。

米食品医薬品局(FDA)によれば、最も一般的で重い症状の「大痘瘡」の場合、死亡率は約30%にのぼる。感染すると、12~14日の潜伏期間の後に症状が出始め、一般的には高熱やひどい頭痛、背中の痛みなどがみられる。さらにその後、水疱性の発疹が出て、それが数週間後にかさぶたになって剥がれ落ちる。

ミシガン大学医療センターによれば、天然痘はくしゃみ、咳や呼気、かさぶたや発疹から浸み出した液体を介して、場合によっては患者の所有物に触れることでも感染が広がる可能性がある。確立された治療法はないが、ワクチンによる予防が可能。1796年にイギリス人医師のエドワード・ジェンナーが初めての天然痘ワクチンを開発し、人類初のワクチン接種を行なった。

WHO指定の保管施設は世界で2カ所だが

1960年代に国際社会が協力してワクチン接種と監視を行ったことで、1980年にはWHOが天然痘の根絶を宣言。これ以降はもう、一般市民を対象とした天然痘ワクチンの接種は推奨されていない。

WHOは天然痘の根絶について「公衆衛生における歴史上、最も注目すべき偉大な成功のひとつ」としており、1977年にソマリアで感染が確認されたのを最後に、感染例の報告はない。

天然痘ウイルスは今も、一部の医学研究所で厳重な安全措置の下、保管されていることが分かっている。CDCによれば、WHOから天然痘ウイルスの保管施設として指定されている研究施設は、世界で2カ所。ジョージア州アトランタにあるCDCの施設と、ロシアのコルツォボにある国立ウイルス学・生物工学研究センターだけだ。

しかし、このほかの施設でも天然痘ウイルスが保管されている可能性はあり、それが誤って、あるいは意図的に流出される可能性が懸念されている。CDCは「そのような事態が起きれば、破壊的な影響がもたらされかねない」と言っている。


 20220705issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2022年7月5日号(6月28日発売)は「広がるインフレ 世界経済危機」特集。ウクライナ戦争、急激なインフレ、食料・エネルギー不足、そして米バブル崩壊。「舵取り役」なき世界経済はどこへ


今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

2022年の中国成長率は3.3%、S&Pが今年2回

ワールド

ロシア、ノルウェーに報復警告 「北極圏の集落に物資

ビジネス

NY連銀、社債市場の窮迫度示す指数を毎月公表 価格

ビジネス

仮想通貨ヘッジファンドのスリーアローズ、清算手続き

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

人気ランキング

  • 1

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 2

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・義経の死に際し実際にやったこと

  • 3

    【モナコ王室】夫婦不仲説をシャルレーヌ公妃が一蹴、キスする姿も

  • 4

    【映像】ロシアの地対空ミサイル、Uターンして発射地…

  • 5

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 6

    インドに移住したJKが軽妙に綴る「カースト」と「肌…

  • 7

    食料品がこんなに高い!?インフレが止まらないNYの…

  • 8

    「中の人」の視点で終わった『東京2020オリンピック …

  • 9

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 10

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 1

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 2

    韓国アイドル、ファンにもみくちゃにされて腕を負傷する「問題シーン」

  • 3

    【動画】「まるで地獄から来たトラック」 中国「犬肉祭」に出荷された犬たちを救出

  • 4

    ジョニー・デップ裁判は「失敗」だった──最大の間違…

  • 5

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 6

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 7

    【映像】フライパン一つでワニを撃退する男性

  • 8

    沖縄の少女たちの経験は日本の若い女性に起きている…

  • 9

    【衝撃映像】小型犬がハクトウワシに連れ去られる瞬間

  • 10

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月