最新記事

コロナワクチン

妊娠中にワクチンを接種したら赤ちゃんが抗体をもって生まれてきた

Vaccinated Mother Gives Birth to Baby With COVID-19 Antibodies

2021年8月11日(水)15時20分
トーマス・キカ
ワクチン接種を受ける妊婦

母と子、一石二鳥の感染予防になった(写真はメキシコ) Daniel Becerril-REUTERS

<生まれてくる赤ちゃんをコロナ感染から守るには、母親がワクチンを接種するのが数少ない方法の一つ>

ミズーリ州セントルイスに住む女性が赤ん坊を出産すると、赤ん坊にうれしいサプライズがついてきた。新型コロナウイルスの抗体だ。これは、母親のケイトリン・ヒューバーが妊娠中にワクチン接種を受けたためにできたものだと医師たちは考えている。

どうやらワクチンは、母親と赤ん坊二人の感染予防策になるようだ。ヒューバーはほかの妊婦たちにも自分の体験を広めたいという思いから、ミズーリ州ワシントンにあるマーシー・クリニック・ウィメンズ・ヘルスと協力し、自身の体験談を伝えている。

「娘であるノラの姿、彼女の幸せで健康な姿を見てもらうことで、ワクチン接種の決断に必要な安心感を少しでも感じてもらえればうれしい」とヒューバーは話している。

マーシー・クリニックの産婦人科医グレゴリー・ポッツ博士は、「妊娠中の女性がワクチン接種を受けると、自分自身が守られるだけでなく、つくられた抗体が赤ん坊にも受け継がれることが示された」と説明する。「われわれは、臍帯血(さいたいけつ)と赤ん坊の両方に抗体を発見した。つまり、一石二鳥の効果ということだ。母親は守られ、少なくとも一時的には赤ん坊も守られる」

12歳以下に使用できるワクチンはまだない

ポッツが示唆しているように、抗体が新生児の体内にどれくらい存在し、新生児をいつまで守るのかは不明だ。ワクチンは今のところ、人が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)から身を守るための最も効果的で持続的な方法だ。しかし、これまでに緊急使用許可が出ているワクチンのなかには12歳以下に使用できるものはないため、妊婦がワクチン接種を受けることは、新生児を守るための数少ない方法の一つだ。

ミズーリ州では、ワクチン接種が停滞しており、デルタ株によるCOVID-19の感染急増に見舞われている州の一つだ。米疾病予防管理センター(CDC)によれば、ミズーリ州では8月第1週、2万人以上の新規感染者が確認されている。これは、人口10万人当たり約329人が新たに感染した計算になる。ミズーリ州は、フロリダ州やアラバマ州、ミシシッピ州、ルイジアナ州、アーカンソー州とともに、CDCのカテゴリーで人口当たり新規感染者が最も多い州に分類されている。

新型コロナウイルスの抗体を持つ赤ん坊を出産した母親はヒューバーだけではない。ケーブルテレビ局「ショウタイム」のドラマシリーズ「シェイムレス 俺たちに恥はない」で知られる女優のエミー・ロッサムは7月、妊娠中にワクチン接種を受けたおかげで、娘が抗体を持って生まれてきたことを明らかにした(娘は当時、生後2カ月だった)。

ロッサムは、インスタグラムに次のように書いている。「私は妊娠中にワクチン接種を受けた。私たちは健康で美しい女の子を授かっただけでなく、たった今わかったことだが、私たちの娘は抗体を持っている......無責任で愚かな態度を改め、ワクチン接種を受けてほしい」

(翻訳:ガリレオ)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

鈴木財務相「財政圧迫する可能性」、市場動向注視と日

ワールド

UCLAの親パレスチナ派襲撃事件で初の逮捕者、18

ワールド

パプアニューギニアで大規模な地すべり、300人以上

ワールド

米、ウクライナに2.75億ドル追加軍事支援 「ハイ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 2

    批判浴びる「女子バスケ界の新星」を激励...ケイトリン・クラークを自身と重ねるレブロン「自分もその道を歩いた」

  • 3

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイジェリアの少年」...経験した偏見と苦難、そして現在の夢

  • 4

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 5

    なぜ? 大胆なマタニティルックを次々披露するヘイリ…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    これ以上の「動員」は無理か...プーチン大統領、「現…

  • 8

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 9

    アウディーイウカ近郊の「地雷原」に突っ込んだロシ…

  • 10

    台湾の電車内で、男が「ナイフを振り回す」衝撃映像.…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 3

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の「ロイヤル大変貌」が話題に

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 6

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 7

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 8

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 9

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 10

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 6

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中