最新記事

トランプ

トランプ支持に翳り? 久々の演説なのにQアノンが「もううんざり」

QAnon Supporters Express Boredom With 'Same Old' Trump Speech: 'This Is Getting Ridiculous'

2021年6月28日(月)18時33分
ベンジャミン・フィアナウ
退任後初の集会で演説するトランプ前大統領(オハイオ州、6月26日

退任後初の集会で演説するトランプ前大統領(オハイオ州、6月26日) Gaelen Morse REUTERS

<トランプ元大統領が政治活動を再開したが、「2020年の大統領選では勝ったのは自分だ」などの主張は陰謀論者にも通じなくなっている?>

ドナルド・トランプ前大統領は6月26日、オハイオ州ウェリントンで退任後初めて大規模集会を開催し、支持者の前で演説を行った。

だが陰謀論を信奉するグループ、QAnon(Qアノン)をはじめとするトランプの長年の支持者はトランプの演説に不満を爆発させ、2020年の大統領選挙での敗北に関する「相も変わらずの」不満の繰り返しだと非難した。

最も狂信的なネット上のトランプ支持者を含むQアノンは、テレグラムという暗号メッセージング・アプリを通じて、トランプが「2022年(中間選挙)のための初の選挙集会」と称するこの場での演説に対する退屈と怒りを表明するメッセージを次々と投稿した。

彼らは、トランプが1月6日の米議会襲撃事件でトランプの呼びかけに応えて議会に押し寄せたために刑務所入りになった支持者たちに一言も触れなかったと、攻撃した。

また、「ワクチン」という言葉を口にしたことでも大いに顰蹙を買った。彼らは新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)などデマでだと信じているからだ。

同じ不満、同じ批判

だが主なQアノンメンバーによるコメントの大半は、トランプの演説に対してあからさまな退屈を表明した。2020年11月の大統領選で自分は民主党候補のジョー・バイデンに勝利していたという根拠のない主張にはQアノンも飽き飽きしているようだ。

「私はトランプを100%支持しているが、文字通り3分前のトランプの演説で変節した。トランプの演説はもうたくさんだ」と、Qアノンを名乗るジェイコブはメッセージを送った。

「私のルームメイトは一般のトランプ支持者だが、彼らもトランプの演説にはうんざりしているようだ」と、別のQアノン信者は書いた。「私はトランプを支持するが、これじゃ話にならない」

「トランプ大統領のことは大好き。でも正直に言って、使い古した話ばかり。同じ話を何千回も聞かされたことか」と、アンマリー・カラブロはコメントした。

選挙集会を政敵の攻撃に利用するのはいつものことだが、民主党のナンシー・ペロシ下院議長やトランプの弾劾に賛成票を投じた共和党の下院議員アンソニー・ゴンザレスなど、攻撃対象はいつも同じだ。

トランプはアメリカが指導力を失ったせいで、アメリカ中心の世界秩序は崩壊の一途をたどっていると言い、その悲惨な実態を描写してみせた。「殺人、強姦、暴動、略奪、不正選挙がアメリカ全土で常態化しており、留まるところがない。どこを見ても大量殺人事件だらけだ」と、トランプは語った。

この大げさな表現を20年の大統領選で共和党の候補指名を目指したジョー・ウォルシュ元下院議員はツイッターで引用し、「まあそんなところだろう。僕は犬と散歩に行くよ」と、皮肉に付け加えた。

20240625issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2024年6月25日号(6月18日発売)は「サウジの矜持」特集。脱石油を目指す中東の王国――。米中ロを手玉に取るサウジアラビアが描く「次の世界」とは?

※バックナンバーが読み放題となる定期購読はこちら


今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ウクライナGDP、1─5月は前年比4.3%増 5月

ワールド

南アのラマポーザ大統領、2期目就任

ワールド

中国、南シナ海巡る言葉と行動を一致させるべき=フィ

ワールド

中国軍、「根深い」問題に直面 反腐敗を強化=習主席
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が苦言...相変わらず「しつけが悪い」?

  • 4

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 5

    トランプ前大統領、選挙演説での「異様な容貌」に支…

  • 6

    SF映画の世界...サウジ皇太子が構想する直線型都市は…

  • 7

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 8

    今回の東京都知事選を「イロモノ」の祭典にしないた…

  • 9

    なぜガザの停戦案はまとまらないのか?「イスラエル…

  • 10

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 6

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 7

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 8

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 9

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 10

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 3

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間

  • 4

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 5

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中