注目のキーワード

最新記事

ワクチン忌避

「ワクチン怖い」インドの村で200人が脱走、川に飛び込む

Villagers in India Flee Homes, Jump Into River to Avoid COVID Vaccination

2021年5月26日(水)17時52分
ナタリー・コラロッシ

都市部ではワクチンの重要性も理解されているが(写真はベンガルール、インド国産ワクチン「コビシールド」の接種会場) Samuel Rajkumar- REUTERS

<新型コロナウイルスの危機が続くインドで新たな問題が。ワクチンを恐れる傾向が強い農村部に感染が急拡大しているのだ>

新型コロナウイルスの感染第2波が都市部から農村部に急拡大するインドで、「ワクチンは毒」と信じる多数の村人たちが、接種を逃れようと家から逃げ出す事件が起きた。

インド北部ウッタル・プラデーシュ州の農村地帯、バーラーバンキー県にあるシソーダ村で5月22日、医療チームがワクチンの集団接種のため村に到着すると、住民約200名が自宅から逃げ出した。

タイムズ・オブ・インディアによれば、副県政務官(SDM)を務めるラジブ・シュクラはこう証言する。「ワクチン接種のため医療チームと共に村に着くと、我々の姿を見た村人たちが一斉に走って逃げ出した。引き止めようとすると川に飛び込んだ。ワクチンの重要性を説明したが、信じてもらえなかった」

インディア・タイムズの報道によると、村では、ワクチンは有毒で、死んだり不能になったり、ウイルスに感染させられるという誤った情報が広まっていたという。

この村で農業を営むシシュパールという名の住民は、報道機関の取材に対し、ワクチンを接種された人たちが死んでいると聞いた、自分は政府を信用していないとインディア・タイムズに語っている。

「都市で働く友人たちから聞いた。地方政府の職員が私の問い合わせに答えなかったのも怪しい。デリーで働いていた叔父も、ワクチンを2回接種して1カ月後に死んだ」

「ワクチンを接種すれば感染しない保証もない。近隣の村ではいち早くワクチンを接種したが、その後に感染した人もたくさんいる」と、シシュパールは付け加えた。

感染は農村部に急拡大

人口約1500人のこの村で、22日にワクチン接種を受けることに同意したのはたった14人だった。

インドの農村ではこの数カ月、ワクチン忌避感情が広まって問題となっている。2020年12月に実施された全国調査では、農村部の住民のうち「接種を受けたい」と回答した人の割合は44%にとどまっていると、ナショナル・ジオグラフィックは伝えている。

ワクチンの安全性をめぐる噂や誤情報は、感染拡大第2波と戦うインドの保健当局にとって最大の障壁の1つになっている。

最近の調査報告書によると、インドの新規感染者数の48.5%は既に農村部が占めているという。インドの農村部には、伝統医学の治療者しかいない地域もある。ワクチンにまつわるフェイクニュースも浸透しやすい。

ナレンドラ・モディ首相も5月21日、農村部で急速に感染が拡大していると警告した。

保健省の発表によると、インドの感染者数は5月25日までの累計2694万8800人、死者数は30万7231人とされているが、実際には公式統計をはるかに上回るとみられている。

(翻訳:ガリレオ)

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

米で中国対抗半導体法が成立、バイデン氏署名 「一世

ワールド

中国ケーブル最大手、ZTEのイラン取引で仲介役の疑

ワールド

クリミア半島のロシア軍基地近くで爆発、攻撃でないと

ビジネス

米労働生産性、第2四半期4.6%低下 前年比は過去

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 2

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世界的な著名精神科医が指摘するある『行動』とは

  • 3

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り裂いた「ニンジャ爆弾」

  • 4

    台湾有事を一変させうる兵器「中国版HIMARS」とは何か

  • 5

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 6

    【映像】華麗なるスライディングを披露するゴリラ

  • 7

    【動画】プーチン「影武者」説を主張する画像と動画

  • 8

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリ…

  • 9

    中国でミャンマー大使が急死 過去1年で中国駐在大使…

  • 10

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホットコーヒーを浴びせる

  • 3

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 4

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 5

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 6

    冬に向けて「脱ロシア化」準備中──じわじわ効果を上…

  • 7

    中国ロケット長征5号Bの残骸、フィリピン当局が回収 …

  • 8

    お釣りの渡し方に激怒、女性客が店員にコーヒーを投…

  • 9

    【動画】ノリノリでピザを投げつけるケイティ・ペリ…

  • 10

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 9

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 10

    【動画】珍しく待ちぼうけを食わされるプーチン

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月