最新記事

大リーグ

大谷翔平は既にメジャー100年の歴史を覆し、アメリカの「頭の固い」ファンを黙らせた

The Pitcher-Slugger Phenom

2021年4月21日(水)12時20分
ヘンリー・グラバー
大谷翔平

4月4日の試合では球界トップクラスの投球と歴史に名を刻む本塁打を披露した KEVORK DJANSEZIAN/GETTY IMAGES

<アメリカで投打同時出場を果たし、剛速球と特大本塁打を披露。日本から来た26歳が「ベースボール」100年の歴史を変える>

その日、大谷翔平(26)は自らの「二刀流」の実力を見せつけるのを待ち切れない思いだったのかもしれない。

4月4日のシカゴ・ホワイトソックス戦。ロサンゼルス・エンゼルスの先発投手として1回表を0点に抑えた大谷は、直後の1回裏に「2番・投手」として打席に立つと、いきなり初球を強振した。高めの速球に対してバットを水平に振り抜いた瞬間、木が切り倒されたような音がスタジアムに響いた。

それは、大谷がボールを、そして大リーグの常識をひっぱたいた音だった。野球界には「投手と野手は分業」という考え方が長く根付いてきた。その歴史は、現存するほぼ全ての野球場よりも古い。

大リーグで先発投手が2番打者を務めるのは1903年以来のこと。アメリカン・リーグで投手が打席に入るのは、73年に指名打者制を採用して以来4人目だ。20世紀前半の二刀流選手として有名なベーブ・ルースも、本塁打を量産するようになって以降は登板の機会が減っていった。

そう、大谷は100年間続いた歴史を覆そうとしているのだ。誰だってこの若者に声援を送らずにいられない。

厳しい目で見られていた投手の能力

この歴史的な打席で大谷が放ったライナーは、右中間席に深々と刺さる本塁打になった。飛距離は137メートル。打球速度は時速185キロ。これは大リーグに現在のデータ解析システムが導入された2015年以降、エンゼルスで最速だ。大谷はマイク・トラウトやアルバート・プホルスといった強打者たちの記録を塗り替えたことになる。

大谷がホームランバッターの資質を持っていることは、誰もが知っていた。18年に大リーグにデビューしてからの成績を見れば、故障なく1シーズンを過ごせれば30本塁打を打つ実力はあるはずだ。

厳しい目で見られていたのは、投手としての能力のほうだ。右肘手術明けの19年は投手としてのシーズンを棒に振り、20年はコロナ禍により日程が大幅に短縮されたとはいえ、登板2試合、投球回数わずか1回2/3にとどまった。

しかし、4日の登板では最速162キロを記録。強打のホワイトソックス打線をほぼねじ伏せ、5回の2死まで投げて7つの三振を奪った。ただし制球には不安をのぞかせ、5つの四球を与えた。

5回表のマウンドで、とんでもない珍プレーが起きた。空振り三振に仕留め3アウト目を奪って5回を投げ切ったはずが、捕手がボールを後逸。打者振り逃げの間に走者2人の生還を許した上、本塁上の交錯プレーで転倒して降板した(大事には至らなかった)。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

米、ロシアに大規模追加制裁 500超の団体・個人 

ワールド

中国国家主席、経済政策会合主宰 製造業支援を協議

ビジネス

中国、外資誘致へビジネス環境最適化へ=国営メディア

ビジネス

中国証券当局、信頼回復へ不正に厳罰 トップ交代後初
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で得た「称号」の意味とは

  • 3

    米大統領選、バイデンが撤退ならミシェル・オバマが有力!

  • 4

    元CIA諜報員がウクライナ支援を解き明かす、バイデン…

  • 5

    「私はウクライナのラブドール」整形疑惑に反論のミ…

  • 6

    対戦車ミサイルがロシア兵に直撃...衝撃映像に「プロ…

  • 7

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」であ…

  • 10

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 1

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 2

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 3

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」である理由

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑…

  • 6

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 7

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 10

    「高慢な態度に失望」...エリザベス女王とヘンリー王…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中