最新記事

中国社会

女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を引きずられる──中国

Girl Dragged Along Street After Getting Foot Stuck in Bus Door

2021年4月16日(金)18時04分
ジョン・フェン

South China Morning Post/YouTube

<状況に気付かずバスを発車させてしまった運転手は停職処分に。女子生徒の怪我は軽いという>

中国南部の広東省で2021年4月8日、13歳の女子中学生がバスから降りる際に片足と片手をドアに挟まれ、そのまま発車したバスに30秒近くも引きずられる事件が起きた。その戦慄の一部始終は監視カメラで撮影されており、バスを運転していたドライバーは停職処分となっている。

この中学生は怪我を負ったものの、命に別状はなく「軽傷だった」と、市営バス会社の広報担当者は事故後に発表した。

映像を見ると、停車したバスの後部ドアの前に、制服を着てピンクのリュックサックを背負った女子中学生が立っている。その目の前で、両開きのドアが開いた。

女子中学生は、出口のステップを一段下りたところで一瞬立ち止まり、車が来ないか外を確認。1台のバイクが通り過ぎるのを待った。その直後、下車しようと地面に左足をついたところでバスのドアが突然閉まり、右足と右手が挟まれてしまった。

映像では、マスク姿の女子中学生が必死に足を引き抜こうとしながら、動き出したバスに合わせて走っている様子がわかる。しかし、結局は転倒し、アスファルトの上を24秒間も引きずられることとなった。

South China Morning Post/YouTube


ドライバーは、彼女の叫び声と付近の通行人からの合図で事態に気づき、ようやくバスを停止させたと、地元紙は報じている。ドライバーについては、ジョウ(Zhou)という姓しか明かされていない。

監視カメラには、ドライバーがバスを止めて女子中学生のもとに駆け付け、怪我がないか確認する姿が映っている。彼女は大変な目に遭ったにもかかわらず、ドライバーが駆け付けた時点ですでに自力で立ち上がっていた。その後、ドライバーは女子中学生を支えながらバスに戻って席に座らせると、地元の病院まで連れて行ったと報じられている。

警察の発表によると、事故が起きたのは、恵州市恵城区を走る英山路という通り沿いのバス停近くだったという。ドライバーのジョウがこの過失運転で免許取り消し処分を受けるかどうか、当局は明らかにしていない。

女子中学生は入院したが、腕と脚に擦り傷を負う軽傷で済んだ。4月12日時点では経過観察中だった。

恵州市営バスの運営会社は地元メディア「ザ・ペーパー」に対し、事故が発生した路線は331系統で、ドライバーのジョウは社内の懲戒手続きを待つあいだ、停職となっていると語った。同社広報担当者はザ・ペーパーに、「事故は夕方のラッシュアワーに起こった。ドライバーは、女子中学生が安全に下車したかどうかの安全確認を怠った」と述べている。

さらに、「ドライバーは、女子中学生が下車しようとしている姿を見た。ただ、彼女は下車直前に立ち止まり、目の前を車などが通りすぎないかを確認した。そのあいだに、彼女はドアに挟まれてしまった」と説明した。

(翻訳:ガリレオ)

関連ワード

ニュース速報

ワールド

マレーシアGDP、第1四半期は減少幅が縮小 外需な

ワールド

中国、世界で初めて合成大麻を全面的に規制へ 

ビジネス

SUBARU、今期営業益95%増を予想 半導体影響

ビジネス

シャープ、今期営業利益予想1010億円 市場予想上

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ばされた参加者も

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    中国大型ロケットの残骸、インド洋に落下か NASA「宇宙ゴミに責任ある基準を満たさず」と批判

  • 4

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 5

    日経平均高値は「面白くなる日本」の先取り 投資で…

  • 6

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 7

    台湾のTSMCはなぜ成功したのか?

  • 8

    日立製造のイギリス鉄道車両で亀裂、各社が運行休止…

  • 9

    東大卒プロゲーマー「ときど」を世界一に変えた1冊…

  • 10

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジ…

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 6

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 7

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 8

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 9

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 10

    「心をえぐられた」「人生で一番泣いた」...ハリー杉…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 6

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月