最新記事

中国社会

中国初のセックスドール風俗店を当局が閉鎖 理由示さず

Police Shutter China’s First Sex Doll Brothel FOTOGRAFIA INC./iSTOCK

2021年3月25日(木)18時14分
ジョン・フェン

売春禁止法に抵触しないことは当局も認めているが FOTOGRAFIA INC./iSTOCK

<人形が客の相手をする深圳の人気店が突然閉鎖に追い込まれたのはなぜ? どんな店だったのか?>

中国で、セックスドールが客の相手をする風俗店の草分けが当局に閉鎖された。

広東省深圳にあるその店は地元の客で賑わっていたが、警察の指示で今月突然、閉鎖に追い込まれた。経営者のリー・パイ(34)は処分を不服として訴訟を検討している。

リーは市内で2店舗を経営。警察が捜査終了までの暫定措置として閉鎖を命じるまで、どちらも大繁盛していた。

処分の理由は明らかにされておらず、閉鎖はとうてい納得できないと、リーは3月23日、上海に拠点を置くオンラインのニュースメディア・澎湃新聞に語った。

「当局は何らかの指針を示して、このビジネスが存続できるようにすべきだ。これは確実にニーズがあるサービスで、多くの利用者が存続を望んでいる」

リーが深圳の竜華区に1号店Ai Ai Leをオープンしたのは2018年9月のこと。竜華区は、電子機器の受注生産の世界最大手で、iPhoneの部品などを生産している台湾企業フォックスコン(鴻海科技集団)が、中国における最初の工場を建てた地区として知られる。住民の大半は工場で働く男たちで、リーは「商機あり」と見て、出店を決めた。

競合店が続々と出現

地元メディアによると、この地区には工場勤めの12万人の単身男性がいる。女性の工場労働者との人口比は5対1で、圧倒的な「男の街」だ。組み立てラインで働く男たちの間で、リーの店の評判は口コミで広がり、1日にざっと70人の客が詰めかけるようになった。

リーは地元政府に宛てた3月22日付の公開書簡で、店をオープンする前に、この種のビジネスに詳しい法律の専門家に助言を求め、地元当局に何度も足を運んだと述べている。

中国には売春を禁じた法律があり、違反すれば最高で10年の懲役刑となる。リーは店がこの法律に抵触しないことを確認した上で、サービスを開始した。中国ではセックス産業を白い目で見る風潮があり、セックスドールを使った店もタブー視されるが、法的にはグレーゾーンながらも営業はできると、専門家のお墨付きをもらえたからだ。

料金は1時間で98〜228元(約15〜35ドル)。このビジネスに手応えを感じたリーは、1号店に続いて数カ月後に、深圳の竜崗区にある華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)の本社近くに2号店をオープンした。

リーの店の繁盛ぶりを見て、二匹目三匹目のドジョウを狙う業者が現れ、今や深圳では10数の競合店がしのぎを削っているが、本家本元にはかなわないと、リーは胸を張る。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

イタリア総選挙、右派連合が圧勝 初の女性首相誕生の

ビジネス

中国人民銀、元安抑制へ外為フォワード取引の準備金再

ビジネス

1─7月のドイツ原油輸入、前年比13.5%増 ロシ

ビジネス

北朝鮮、核実験実施含めさらなる挑発行為の可能性=官

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:ウクライナ サイバー戦争

2022年9月27日号(9/20発売)

ウクライナでのロシア大苦戦の裏に、世界が知らないもう1つの戦場があった

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 5

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    Google元エンジニアは言う──彼が開発したAIには、確…

  • 8

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 9

    米NY最小!? 家賃650ドルのアパートにネット驚愕...日…

  • 10

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 5

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 8

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 9

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 10

    植民地支配の「罪」をエリザベス女王は結局、最後ま…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 8

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月