最新記事

ロシア

W杯での集客見越し、ロシア初ロボット売春宿がオープン

2018年5月15日(火)18時20分
松丸さとみ

写真はスペインで開発されたAIが組み込まれたセックスドール Albert Gea-REUTERS

<6月に開催されるサッカー・ワールドカップを見込んで、ロシア初となる「ロボット売春宿」がモスクワにオープンした>

ロボットと部屋代で1時間9000円弱

英国のテレビ・ドラマ・シリーズ「ヒューマンズ」(日本ではHuluが独占配信中)をご存知だろうか。パラレル・ワールドを舞台にしたサイエンス・フィクション・ドラマで、AIロボットが一家に一台あるような世界だ。そこでは、風俗もロボットの女性が相手をする。あくまでもSFの世界だと思っていたのだが、この4月、ロシア初となる「ロボット売春宿」がモスクワにオープンした。

ロシアの通信社スプートニクの英語版によると、ロボット売春宿「ドールズ・ホテル」が開業したのは、モスクワの繁華街。ドールズ・ホテル代表者はロシアのメディアに対し、「通常の時間制ホテルにひねりを効かせたもの」と説明しているらしい。

英紙デイリーメールによると、1時間あたりの部屋代は17.75〜29.50ポンド(約2600〜4300円)だ。これにセックス用ロボット(セックスボット)を借りると、レンタル代込みで部屋代は1時間あたり60ポンド(約8800円)となる。

W杯のファンや選手の利用を期待

この売春宿で使用されるセックスボットは高度なAI(人工知能)や運動制御システムを搭載し、人間のような体温になるよう加熱装置も付いているという。

デイリーメールによると、今この時期にオープンしたのにはわけがある。6月に開催されるサッカーのワールドカップを観戦しにロシアに来るサッカーファンを見込んでいるのだ。

ドールズ・ホテルの広報担当者はデイリーメールに対し、「ワールドカップ中の利用客の増加を心から待ち望んでいます」と語り、外国人客を受け入れるための特別許可も申請中と説明した。もし監督や経営陣が許すようであれば、選手が利用してくれるのも大歓迎、とのことだ。

「売春宿」というと響きが良くないが、メディアに掲載されているホテルの写真を見る限り、青を基調にした清潔感あふれる部屋で、壁には日本のアニメ風のイラストも描かれており明るい雰囲気だ。

顧客が退室した後は特殊な液剤でセックスボットをしっかりと消毒するので、感染などのリスクはないとホテル側は説明している。

ロボット売春宿、欧州ではすでに複数存在

前述のスプートニクによるとドールズ・ホテルは、ロシア全土および旧ソ連諸国でのホテルの展開を目指している他、パーティ向けにセックスボットをデリバリーするサービスも開始する予定だ。

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営者が語る

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 4

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 5

    自動運転車は「どの命を救うべきか」世界規模の思考…

  • 6

    ソーセージで武装した極右がベジタリアンカフェを襲撃

  • 7

    ミャンマー若者世代、堕ちた偶像スー・チーに反旗

  • 8

    日本の次世代ロケット「H3」の打ち上げを支える新型…

  • 9

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 10

    【血みどろの王家】サウジ皇太子側近は、女性活動家…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が…

  • 8

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 7

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 8

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 9

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月