最新記事

宇宙

12年かけて撮影された天の川の圧倒的パノラマ画像が公開される

2021年3月29日(月)17時50分
松岡由希子

12年間かけて撮影された234枚の写真をつなぎ合わせた圧倒的な天の川(一部) PHOTO:(C) J-P METSAVAINIO

<フィンランドの天体写真家J-Pメッツァヴァイニオ氏が、12年間かけて撮影した234枚の写真をつなぎ合わせた圧倒的な天の川の写真が公開された...... >

2009年から2021年までの12年にわたり、北欧フィンランドのオウルで撮影された天の川のパノラマ画像が、2021年3月16日に公開された。

この画像は、計1250時間もの露光時間をかけて撮影された。おうし座からはくちょう座まで、約2000万個の星がきらめき、水素は緑、硫黄は赤、酸素は青というように、電離した元素によって放出された光がカラフルに映し出されている。

画像の左下には米国カリフォルニア州の形に似ていることで知られる「カリフォルニア星雲(NGC 1499)」が確認でき、右寄りの中心部には「チューリップ星雲(Sh2-101)」やブラックホール「はくちょう座X-1」もみられる。

234枚の天体写真をモザイク状につなぎ合わせた

この画像を撮影したのは、フィンランドの天体写真家J-Pメッツァヴァイニオ氏だ。メッツァヴァイニオ氏は、画像編集ソフト「フォトショップ」を使って234枚の天体写真をモザイク状につなぎ合わせ、空白部分を新たに撮影して補いながら、トーンカーブやカラーバランスなど、最小限の調整を加え、1.7ギガピクセルの高解像度画像として完成させた。

matuoka0329b.jpg

(C) J-P METSAVAINIO

matuoka0329c.jpg

(C) J-P METSAVAINIO

メッツァヴァイニオ氏は、この画像の完成までに12年の歳月を費やした理由について「天体写真が大きいのみならず、とても深いこと」をあげる。それぞれの天体写真には、非常に薄暗い物質やガス雲も映っていた。

Between_Cygnus_and_Cepheus.jpg

はくちょう座とケフェウス座の間(C) J-P METSAVAINIO

また、ビジュアルアーティストとして「それぞれ個別の構図で撮影した画像をまとめ、一つのアート作品として発表したい」との思いも、完成までに時間を要した理由のひとつだ。メッツァヴァイニオ氏は、複雑な天体写真を細かくつなぎ合わせるという途方もない作業に根気強く取り組んだ。

一部の天体写真では、露光時間を長くして撮影された。たとえば、はくちょう座にあるシェル型超新星残骸(SNR)「W63」が青白い輪のように輝く様子は、約100時間かけて撮影されたものだ。超新星残骸「G65.5+5.7」の撮影にも60時間以上を費やしている。

領域ごとの画像も公開

メッツァヴァイニオ氏は、フォトグラフィー専門オンラインメディア「ペタピクセル」で「このような高解像度と深度で、天の川を赤・緑・青の三色で映し出した画像は初めてだろう」と述べている。メッツァヴァイニオ氏の公式ブログでは、このパノラマ画像のほか、領域ごとの画像なども公開されている。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

EU、ロシアをWTO提訴 域内企業の製品販売制限巡

ビジネス

英航空業界、ワクチン接種完了者の隔離義務の解除要請

ビジネス

中国シノバック製ワクチン、2回目接種後半年で効果低

ビジネス

米新築住宅販売、6月は6.6%減 価格急騰で

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 2

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 3

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本人と韓国人

  • 4

    肩こりや腰痛に悩む人がハマる大きな失敗 「姿勢をよ…

  • 5

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 6

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 7

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽…

  • 8

    コロナ対策で巨大イカ像を作り、20兆円は手付かず...…

  • 9

    ウガンダ選手の失踪は例外ではない──国際大会で「消…

  • 10

    大谷翔平がベーブ・ルースに肩を並べた部分と、すで…

  • 1

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 2

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 3

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手、審判の指摘に絶句

  • 4

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 5

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 6

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 7

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 8

    ユーチューブが投げ銭機能「スーパーサンクス」導入 …

  • 9

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世に…

  • 10

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だ…

  • 1

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 2

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 3

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 4

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 5

    「寝はじめる姿勢」で目覚めが変わる 寝ても疲れが取…

  • 6

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 7

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 8

    ある日突然「人工透析です」と告げられたら? 高血圧、…

  • 9

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

  • 10

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月