最新記事

行動経済学

都知事の発言から消毒液の矢印まで 世界で注目「ナッジ」は感染症予防にも効く

2021年2月25日(木)17時45分
黒川博文(兵庫県立大学国際商経学部講師)※アステイオン93より転載

stellalevi-iStock.


<法による規制、金銭的インセンティブに続く、人を動かす第3の手法「ナッジ」。「リバタリアンパターナリズム」に基づくもので、コロナ対策にも活用されている。だがナッジに対する支持率には3タイプあり、日本は「慎重型ナッジ支持国」だという。論壇誌「アステイオン」93号「"ナッジ"――人を動かす第三の手」より」>

「感染しない、させないという意識をもって行動してほしい」

これは小池百合子都知事が、四連休の始まった(編集部注:2020年)7月23日に報道陣を通じて、都民に呼び掛けた言葉である。新型コロナウイルス感染症の流行が収まる気配はない。有効な治療薬やワクチンが開発されるまでの間、密閉空間、密集場所、密接場面が重なる「三密」を避けることや、物理的距離をとること(ソーシャルディスタンシング)、手洗い、マスクの着用などが感染拡大を防ぐとされている。これらの徹底した「行動変容」が感染拡大を防ぐために求められているが、意識をしないとこのような感染予防行動を取ることは難しい。

イタリアのように「都市封鎖」を行い、人々の外出を禁止し、強制的に人と人の接触を防ぐ国もあるが、現行法の下、このような都市封鎖を行うことはできない国もある。日本もその国の1つだ。このような国においては、国民自ら自発的に行動を取ってもらうように要請するほかない。

ところが、単にお願いをされても、なかなか人は動かないものである。オンライン飲み会で社交することはできるが、やはり慣れ親しんだ対面で飲みながら語り合いたいものであるし、マスクを着けて会話することは不快である。また、消毒液が入り口に置かれていても、つい消毒をせずに出入りをしてしまうこともある。

感染予防行動のような社会的に望ましい行動をそっと後押ししてくれる方法として、「ナッジ」が世界各国で注目されている。ナッジは2017年にノーベル経済学賞を受賞したリチャード・セイラーと、キャス・サンスティーンが提唱した考え方である(両者の共著作『実践行動経済学――健康、富、幸福への聡明な選択』〔日経BP、2009年〕に詳しい)。

法による規制や、税金や補助金といった金銭的インセンティブとは異なる形で、ナッジは行動の変化をもたらす。ナッジは人を動かす第三の手法といえる。2010年にイギリス内閣府の中にナッジを活用する行動洞察チームが設立されて以来、全世界で200を超える組織や機関がナッジを活用している。日本では2017年に環境省において日本版ナッジユニットが設立された。ナッジには明確な定義はないが、「一人ひとりが自分自身で判断してどうするかを選択する自由を残しながら、人々を特定の方向に導く介入」が一つの定義として知られている。選択の自由を尊重しながら介入することが許容される「リバタリアンパターナリズム」という思想に基づくものだ。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

EU、サル痘ワクチン少量接種法を勧告の可能性 供給

ビジネス

ビットコインが3週間ぶり安値、数分間で7%超下落

ワールド

中ロ首脳、11月のG20会議出席へ=インドネシア大

ビジネス

米規制当局、バークシャーのオキシデンタル株最大50

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:報じられないウクライナ戦争

2022年8月23日号(8/17発売)

450万人の子供難民危機と「人間の盾」疑惑 ── ウクライナ戦争の伝えられない側面

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【写真】石を使って自慰をするサル

  • 2

    【写真】すっかり大人の女性に成長し、際どい服装を着こなすジア

  • 3

    【映像】素手でサメを引きずる男性

  • 4

    石を使って自慰行為をするサルが観察される

  • 5

    【動画】Face IDが認識できなかった顔の男

  • 6

    【動画】中国軍の最強戦闘機「殲20マイティドラゴン」

  • 7

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 8

    マーベル最新ドラマ『シー・ハルク』のプロモにホー…

  • 9

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリ…

  • 10

    日本の郊外にあふれる「タダ同然の住宅地」 無責任な…

  • 1

    【写真】石を使って自慰をするサル

  • 2

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 3

    日本の郊外にあふれる「タダ同然の住宅地」 無責任な開発が生んだ「限界分譲地」問題とは

  • 4

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 5

    【映像】幻覚作用のある「マッドハニー」で酩酊する…

  • 6

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 7

    【写真】すっかり大人の女性に成長し、際どい服装を…

  • 8

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 9

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 10

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【写真】石を使って自慰をするサル

  • 8

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 9

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチ…

  • 10

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月