注目のキーワード

アステイオン

ニューズウィーク日本版『アステイオン』に関する記事一覧

コロナ騒動は「中国の特色ある社会主義」の弱点を次々にさらけ出した
中国

コロナ騒動は「中国の特色ある社会主義」の弱点を次々にさらけ出した

<政治の民主化なくとも経済発展は可能という中国式の社会市場経済(中国模式)は一帯一路を通じて、特に発...

2020.07.23
中国経済は悪化していたのに「皇帝」が剛腕を発揮できた3つの理由
中国

中国経済は悪化していたのに「皇帝」が剛腕を発揮できた3つの理由

<中国式の社会市場経済(中国模式)は、習時代になるまで成功を収めていた。その後経済は悪化したが、個人...

2020.07.22
ロシアの脅威と北欧のチャイナ・リスク──試練の中のスウェーデン(下)
北欧

ロシアの脅威と北欧のチャイナ・リスク──試練の中のスウェーデン(下)

<ヨーロッパにおけるロシアの勢力拡大、民主主義の脆弱性を突いてくる中国は、東・西や保守・革新といった...

2020.07.13
保守思想が力を増すスウェーデン──試練の中のスウェーデン(中)
北欧

保守思想が力を増すスウェーデン──試練の中のスウェーデン(中)

<戦後、世界平和と人権尊重を掲げた「積極的外交政策」による移民/難民の受け入れに対して、「スウェーデ...

2020.07.10
スウェーデンはユートピアなのか?──試練の中のスウェーデン(上)
北欧

スウェーデンはユートピアなのか?──試練の中のスウェーデン(上)

<福祉国家、環境、デザイン、または重税、優生思想、治安悪化......。北欧スウェーデンに対するイメ...

2020.07.09
すばらしい「まだら状」の新世界──冷戦後からコロナ後へ
国際情勢

すばらしい「まだら状」の新世界──冷戦後からコロナ後へ

<冷戦後、自由主義と民主主義の理念が世界を覆うように思われた。しかし、実際にはイスラーム過激派が台頭...

2020.06.01
一〇〇年後に記された「長い二一世紀」の歴史
メディア

一〇〇年後に記された「長い二一世紀」の歴史

メディアとコミュニケーションの形に大きな変化が起きた90年代以降を100年後の人たちはどのような歴史...

2020.01.22
それでも民主主義は「ほどよい」制度だろう
日本

それでも民主主義は「ほどよい」制度だろう

近い将来、「多数派の専制」など民主主義の欠陥をビッグデータや人工知能(AI)が補完できるようになるた...

2020.01.21
トイアンナ×田所昌幸・師弟対談「100年後の日本、結婚はもっと贅沢品に」
対談

トイアンナ×田所昌幸・師弟対談「100年後の日本、結婚はもっと贅沢品に」

<恋愛・就活ライターとして活躍するトイアンナ氏が、論壇誌『アステイオン』に寄稿し、日本の恋愛・結婚が...

2020.01.08
存続意義を失う地方都市
日本

存続意義を失う地方都市

地方都市は今後どうなっていくのか。5Gサービスが始まる2020年以降に地理的・経済的なデジタル・デバ...

2019.12.17

人気ランキング

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら