最新記事

アメリカ大統領選 中国工作秘録

中国反体制派の在米富豪に、怪し過ぎる「共産党スパイ」疑惑

THE SUSPICIOUS MR. GUO

2020年11月20日(金)17時20分
ニック・アスピンウォール(ジャーナリスト)

GTV傘下メディアは、郭がフーのような在米活動家を中傷する目的でも利用されてきた。オンラインメディアのGニュースに掲載された「ボブ・フーはフェイク牧師」という記事は、フーによる人身売買やセクハラ疑惑(証拠は示されていない)や、フーの妻が所有するワイナリーの酷評を延々と書き立てている。

あまりにもばかばかしいとフーはその内容を一笑に付すが、この記事が出たこと自体には危機感を覚えたという。「こいつは本気で私の家族を脅すつもりだと初めて思った」

萎縮する在米活動家たち

フーの自宅前で起こった「抗議デモ」は、敷地内への不法侵入と見なされる行為が1件あった以外は平和的で、郭自身も暴力は許さないと明言してきた。

だが、アメリカの非営利組織、共産主義犠牲者記念財団のエイドリアン・ゼンツ上級研究員は、断定を避けつつも、最近の郭の行動は中国共産党の「影響工作のように見える」と語った。「(ターゲットの)自宅前に人々を送り込むなんて、共産党の圧力戦術のようだ。これでは郭文貴は何者なのかという疑問を抱かざるを得ない。共産党のスパイなのか?」

2018年に郭の関連会社の仕事を請け負ったコンサルティング会社ストラテジック・ビジョンは、郭のことを「反体制活動家ハンターだ」と裁判書類で明言している。同社は、郭から在米の中国反体制活動家のリストを渡され、共産党最高幹部と関係があるとして調査を依頼されたという。

フーの自宅前の「抗議デモ」は、テキサスの田舎町でちょっとした騒動になった。9月26日にちらほら現れ始めた郭の支持者は、10月5日には50人ほどに達した。このためフーの家族は、市警の護衛を受けて安全な場所へ移されたが、その後も郭の支持者たちは近隣住民を戸別訪問して、フーとチャイナエイドを非難するビラを配って歩いた。

この騒動を受け、パトリック・ペイトン市長は「ミッドランドの住民は、市民を脅す人々とは仲良くなれない」と苦言を呈した。すると郭は激怒して、「こいつに代償を払わせなければならない」と、新たに支持者に呼び掛けた。

郭のターゲットになったのは、フーだけではない。南カリフォルニアに住む中国民主活動家の呉建民(ウー・チエンミン)の自宅にも、9月23日から10月6日までの2週間に、郭の支持者が4回やって来た。「うちの前の道路の縁石に座って、口汚い侮辱の言葉を叫び、それをツイッターで生中継していた」と、呉は言う。

ニュース速報

ビジネス

バイデン氏、インフラ投資計画で合意 超党派議員らと

ビジネス

米物価、予想超えて上昇も 「新たなリスク」に直面=

ビジネス

インフレ率予想に「上振れリスク」あり=ダラス連銀総

ワールド

ロシア、英駆逐艦クリミア沖航行に抗議 「次回は爆撃

MAGAZINE

特集:ファクトチェック 韓国ナゾ判決

2021年6月29日号(6/22発売)

慰安婦と徴用工の裁判で正反対の判決が── 「大人」になった韓国世論と政治が司法を変えたのか?

人気ランキング

  • 1

    イスラエルが航空機搭載のレーザー兵器でブレイクスルー

  • 2

    インド、新たな変異株「デルタプラス」確認 感染力さらに強く

  • 3

    目先の利権を優先してきたインフラはもう限界...日本人が知らない大問題

  • 4

    トルコの海を覆い尽くす「海の鼻水」...茶色い粘液の…

  • 5

    アボカドは「悪魔の果実」か?──ブームがもたらす環…

  • 6

    G7の英コーンウォールで2450%増の感染爆発 人流増で…

  • 7

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 8

    「研究所流出説」を甦らせた素人ネット調査団、新型…

  • 9

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 10

    女子学生を美醜でランク付けした中国「アート」作品…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 5

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 6

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    閲覧ご注意:ヘビを捕食するクモが世界中で確認され…

  • 9

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 10

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす…

  • 8

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 9

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 10

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月