最新記事

東シナ海

米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

U.S. Warplanes Foray Into China Airspace As PLA Jets Disturb Taiwan

2020年11月19日(木)17時30分
ジョン・フェン

中国の識別圏に進入した米軍のB1B爆撃機と同型機 U.S. Air Force photo/ REUTERS

<米大統領選後の混乱に乗じて台湾空軍を消耗させる中国軍に警告>

11月17日、米軍の超音速爆撃機2機が中国の防空識別圏(ADIZ)に進入した。米大統領選後の混乱を受けて同地域の情勢が不安定化するなか、中国をけん制する狙いがあるとみられる。

航空機追跡サイト「Aircraft Spots」がツイッターに投稿した情報によれば、米空軍のB1B爆撃機、MAZER01とMAZER02はグアムにあるアンダーセン空軍基地から出撃。台湾北東にある東シナ海上空のADIZに進入した。KC135ストラトタンカー空中給油機2機(PEARL21およびPEARL22)も出動し、空中で給油を行ったという。

通常、航空機が他国の防空識別圏を飛行する場合には、その国の航空当局に事前に連絡を入れることとされている。だが防空識別圏については各国が独自に設定しているもので、国際法上の規定はない。

中国のソーシャルメディア「微博(ウェイボー)」上に出回っている動画によれば、米軍機によるADIZ進入を受けて、中国空軍は軍用機2機を出動させた。1分程度の動画の中には、MAZER01と東京の航空管制官との間の無線通信らしき音が入っている。そこにさらに別の2人の声が入り、中国空軍の軍用機を名乗った上で、米軍機2機に対して「即座に退去する」よう命令している。


大型爆撃機を投入したことの意味

台湾の国防部がウェブサイト上で明らかにしたところによれば、これと同じ日、中国軍のY8哨戒機、2機が台湾南西部の航空識別圏に進入。台湾が複数の戦闘機を緊急発進させて警告すると、引き返したという。台湾国防部には11月から、中国軍機による領空侵犯への対応を専門とする部署が設置されている。また同国防部によれば、18日にも電子戦機1機を含む複数の中国軍機が台湾のADIZに進入した。

北京を拠点とするシンクタンク「南海戦略態勢感知計画(SCSPI)」は10月、本誌に対して、アメリカは2009年にバラク・オバマ前大統領が就任して以降、中国上空に派遣する偵察機の数を2倍近くに増やしていると指摘。またSCSPIが11月12日に発表した最新の報告書の中によれば、米空軍は2020年に入ってから、従来型の偵察機と民間の偵察機の両方を使って、黄海や台湾海峡、東シナ海と南シナ海における中国の軍事活動を監視している。

だが台湾在住の複数のアナリストは、米軍が17日に中国のADIZに進入させたのは、通常型の偵察機とは異なる、米空軍が所有する中でも特に大型の爆撃機であり、このことには特別な意味合いがあると指摘。中国指導部が米大統領選後の混乱を利用するのを阻止しようという、ドナルド・トランプ米政権の狙いが背景にあるとみている。

ニュース速報

ビジネス

アングル:昨年不振のバリュー株復活へ、米景気回復時

ビジネス

アングル:人民元堅調、不安視する当局に「レッドライ

ビジネス

全米ライフル協会、破産法第11条の適用申請 リスト

ビジネス

英首相、和歌山沖定置網のクジラ捕獲に懸念=テレグラ

MAGAZINE

特集:トランプは終わらない

2021年1月19日号(1/13発売)

全世界があきれる米議会占拠事件をあおったトランプがこれからも影響力を失わない理由

人気ランキング

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(英規制当局)

  • 4

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 5

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 6

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 7

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 8

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 9

    議会乱入の暴徒が叫んでいた「ハング・ペンス(ペン…

  • 10

    米議事堂乱入に中国は「狂喜」するが......信じたい…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    台湾最新のステルス哨戒艦、中国は「ヘリ1機で沈没さ…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

  • 10

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月