最新記事

2020米大統領選

アメリカ大統領選、候補者に「万が一の事態」が起きたらどうなる?

2020年10月7日(水)16時21分

トランプ米大統領の新型コロナウイルス感染は、11月3日の大統領選挙に向けた新たな波乱要因になっている。写真はホワイトハウス。ワシントンで2日撮影(2020年 ロイター/Joshua Roberts)

トランプ米大統領の新型コロナウイルス感染は、11月3日の大統領選挙に向けた新たな波乱要因になっている。マーク・メドウズ大統領首席補佐官は、トランプ氏の症状は軽いという。だが、仮に大統領選の候補者や当選した次期大統領が死亡または再起不能となった場合はどうなるのか。

以下、米国の法律及び各政党の内規が、こうした想定にどのように備えているのか確認してみよう。

<投票が延期される可能性はあるか>

11月3日となっている投票日が延期されることも考えられる。ただし、その可能性は非常に低い。合衆国憲法は選挙日程を決める権限を連邦議会に与えている。法律では、大統領選挙は4年ごとに、11月最初の月曜日に続く最初の火曜日に実施されると定められている。

共和党優位の上院が選挙の延期を可決したとしても、民主党優位の下院が反対するのはほぼ確実だ。大統領選挙の延期は過去に例がない。

<選挙前に候補者が死亡した場合はどうなるのか>

民主党全国委員会、共和党全国委員会とも、規則では誰を新たな候補者とするかについて党員投票を行うよう求めることになっている。だが、候補者の交代が選挙に間に合わない可能性は高い。

フロリダ大学の米国選挙プロジェクトによれば220万人以上がすでに期日前投票を済ませているという。多くの州では、投票用紙を修正できる期限がすでに過ぎている。新型コロナの感染拡大が続く中、郵便投票の利用が広がることが予想されるが、すでに30近い州で投票用紙が有権者に送付されている。

連邦議会が選挙を延期しない限り、11月3日以前に候補者が死亡した場合でも、有権者は共和党のトランプ候補か民主党のジョー・バイデン候補のどちらかを選んで投票することになる。だが、勝利した候補者が死亡した場合には、新たな問題がいくつか浮上する。

<大統領選挙人が投票を行う前に候補者が死亡した場合はどうなるのか>

選挙人制度のもとでは、人口に比例して50州及びコロンビア特別区に割り当てられた「選挙人投票」の過半数を確保することによって、当選者が決定される。

選挙人は12月14日に集合し、次期大統領を決定する投票を行う。当選するには、合計538人の選挙人のうち、最低270人を確保しなければならない。

各州の選挙人の票は、通常、その州の一般投票での勝者に投じられる。各選挙人が自由に投票先を決めることを認めている州もあるが、半分以上の州は、選挙人が一般投票での勝者に投票することを義務付けている。

選挙人による投票先を拘束している州法の大半は、候補者が死亡した場合にどうすべきかを考慮していない。ミシガン州法では、投票用紙に記載された者のうち、自州で勝利した候補者に投票することを求めている。対照的にインディアナ州法では、候補者が死亡した場合はその候補者の党が決定した新たな候補に投票先を切り替えるよう規定している。

ニュース速報

ビジネス

米株下落、ダウ410ドル安 コロナ経済対策巡る不透

ビジネス

ドル小幅安、追加刺激策協議を慎重ながらも楽観=NY

ワールド

米コロナ感染者、先週は13%増の39.3万人 夏の

ビジネス

物価上昇容認、雇用目標達成を支援=フィラデルフィア

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会議研究者たち

  • 2

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と異なる要因

  • 3

    日本メディアが使う「中国の少数民族」は政治的な差別表現

  • 4

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 5

    特権社会・中国ではポルノを見るのも一部の特権

  • 6

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 7

    ドイツも過去最大の新感染者数 マスク着用促す広告…

  • 8

    中国の傲慢が生んだ「嫌中」オーストラリア

  • 9

    中国政府、国内の米国人を拘束する可能性警告 米司…

  • 10

    トランプを批判し「狙われた」美人知事のさらなる受難

  • 1

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 2

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 3

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア州で相次いで目撃される

  • 4

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 5

    在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

  • 6

    ヒトが進化している証拠? 前腕に動脈を3本持つ人が…

  • 7

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 8

    トランプが台湾に売った対中兵器の中身

  • 9

    韓国は中国を気づかって、米日豪印4ヶ国連携「クアッ…

  • 10

    ネコにゆっくりと瞬きすると、ネコもゆっくりと瞬き…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 10

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月