最新記事

イスラム教

「コロナワクチン、ハラルであればいいがハラルでなくてもOK」 インドネシア副大統領、前言翻す

2020年10月5日(月)21時26分
大塚智彦(PanAsiaNews)

アミン副大統領(右)がワクチンのハラル発言を撤回して、ジョコ・ウィドド大統領(左)もひと安心? REUTERS/Willy Kurniawan

<世界で最多のイスラム教徒を抱える国はコロナ対策にも戒律が関わる?>

インドネシアが中国の製薬会社と共同で開発を進めている新型コロナウイルスのワクチンに関して、マアルフ・アミン副大統領が「イスラム教で摂取が許されているハラル(許されたもの)である必要は必ずしもない」との見解を示して話題になっている。

それというのもアミン副大統領は8月に「ワクチンといえども体内に摂取する以上はイスラム教徒が摂取を認められているハラルであるかどうかを調査して、ハラルの認証を受ける必要がある」という趣旨の発言を行い、医療関係者やマスコミの間から「イスラム教指導者が命より宗教を優先するのか」などと批判を浴びていたからだ。

アミン副大統領のスポークスマンはこの「ワクチンのハラル問題」に関して「投与されるワクチンの成分に関しては医療上緊急性があることからハラルかどうかは問われない」とのアミン副大統領の発言の真意を説明しているが、イスラム教指導者団体の幹部であり同時に副大統領という要職にある人物の前言撤回だけに安堵の声とともに一部からは失笑も買っている。

イスラム教指導者としてハラルを主張

アミン副大統領はインドネシアのイスラム教指導者の組織である「イスラム教聖職者(ウラマ)評議会」(MUI)の名誉議長の要職にあり、その発言がイスラム教徒、各種イスラム教団体に与える影響は大きい。MUIはファトワという宗教令を出すことのほかに、ハラルの認証も行うインドネシアでは最も権威と力のあるイスラム教組織とされている。

そのMUIの名誉議長でありジョコ・ウィドド大統領の副大統領を務めるアミン氏が、8月5日に中国の製薬会社「シノバック」とインドネシアの国営製薬会社「バイオ・ファルマ」が進めているワクチン開発に関連して「ワクチンの成分がイスラム教徒にとって体内に摂取することを許されているハラルに適合しているかどうかを調べて、お墨付きとなるハラル認証の宗教令をだす準備をするように」と指示したと地元マスコミが伝えた。

イスラム教徒は原則として豚肉、豚肉の成分、アルコール成分などを摂取することが宗教上の禁忌とされる。

2001年にはハラル認証を受けていた「味の素」の製造過程で、触媒に豚抽出の酵素が使用されていたことが明らかになり、味の素現地法人の日本人スタッフらが逮捕されたり、「味の素ボイコット」の動きがでたりしたこともある。

また2018年には「はしか」ワクチンがハラルでないとして、イスラム教徒の摂取が禁止される「ハラム(許されていないもの)」と認定されるなどの事案も起きている。(参考=9月9日「ワクチンにもハラル認証が必要 副大統領務めるイスラム教指導者 命か宗教か、選択迫られるインドネシア」)

ハラル発言に戸惑ったインドネシア社会

このアミン副大統領の「ワクチンもハラルであるべき」との発言は、世界第4位の人口約2億7000万人の約88%を占めるイスラム教徒にとっては重要な指標となるため、インドネシア社会に大きな戸惑いを与えた。

もしワクチンが「ハラル認証」を得られなかった場合、イスラム教徒はワクチンの接種が公には認められないことになるからだ。

ニュース速報

ワールド

バイデン氏、第46代米大統領に就任 「団結」訴え

ビジネス

米住宅建設業者指数、1月は低下 コロナ感染拡大など

ビジネス

米モルガンS、第4四半期は大幅増益 コロナトレード

ワールド

WHO、一連のコロナワクチン承認へ 貧困国に迅速供

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 4

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 5

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 6

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 7

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 8

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 9

    入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知…

  • 10

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月