最新記事

エジプト

LGBTQを拷問と性的虐待で痛めつけるエジプト警察

Egyptian Police Using Social Media to Trap and Rape Suspected LGBTQ People

2020年10月7日(水)18時35分
ダニエル・ビャレアル

「性的不道徳」の容疑で拘束した52人の男たちを裁判所に引っ立てる治安要員(2001年、カイロ) REUTERS

<警察はときにSNSでLGBTQを呼び出し、逮捕し、暴力の限りを尽くし、家族も就業機会も命も奪う>

エジプト警察と治安当局が、ソーシャルメディアを使ってLGBTQ(性的マイノリティ)ではないかとみられる人々を罠にかけて無実の罪を着せ、無期限に身柄を拘束して身体的・性的虐待を行い、必要な治療も受けさせていないという状況が明らかになった。

相次ぐ逮捕は、現在進行している、LGBTQの人々に対する、より大規模な取り締まりの一環とみられる。エジプトが合意している複数の国際人権条約はもちろん、エジプト憲法にも違反する行為だ。

国際的な非政府組織(NGO)「ヒューマン・ライツ・ウォッチ(HRW)」がまとめた新たな報告書は、2017年から2020年の間に逮捕された15名の証言を引用している。彼らには、「放蕩」や「売春」といった漠然とした容疑がかけられていたが、このような何とでも解釈できる容疑は、LGBTQではないかと疑われた人々に難癖をつける口実として、世界各国の警察によってかなり以前から用いられてきたものだ。

人間ではない扱い

一部のケースでは、治安当局が、同性愛者向けのソーシャルアプリ「グラインダー(Grindr)」や、フェイスブックやワッツアップなどのソーシャルメディア・プラットフォームを用いて、LGBTQではないかと疑いをかけた人々に接触し、公共の場におびき出して捕まえていた。逮捕された複数の人物の証言によると、警察は、こうした人々の携帯電話にポルノ画像を仕込み、わいせつ罪の嫌疑をかけたという。

HRWの聞き取り調査に応じた15名は一様に、裁判が始まるまで数日から数カ月にわたって警察に身柄を拘束されたと述べている。その間、多くの場合は狭く衛生状態の悪い場所に閉じ込められ、取調官から侮辱されたり殴られたりしたという。15名のうち8名は、警察から性的暴行を受けたと証言しているほか、4人は必要な治療が受けられず、8人は警察から供述書への署名を強要され、供述書の内容を署名前に読むことすら許されなかったケースも多かったという。

逮捕された25歳の男性、サリム(仮名)によると、警察はサリムの両手両足を1つにしばり、監房で3日間にわたって放置したため、服を着たまま繰り返し排泄することを余儀なくされたという。身柄を拘束されている間、警察からは、自身の容疑に関する説明はなかったとのことだ。さらに警察は、こうした取り扱いについて誰かに話したら「二度と日の目を見られなくなる」と、サリムを脅したという。

ニュース速報

ワールド

ロシアのハッカー集団、米民主党やシンクタンク標的に

ビジネス

中国大手5行、第3四半期は減益 不良債権圧力増大の

ビジネス

新型コロナ巡る見通し悪化、ユーロ圏回復に打撃=伊中

ビジネス

米個人消費、9月は1.4%増で予想上回る インフレ

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    菅首相は安倍首相に続き自滅か

  • 2

    「なぜ欲しいのかワケがわからない」文在寅の原潜計画にアメリカから疑念

  • 3

    日米豪印「クアッド」に走る亀裂──多国間連携で「反中国」より大事なこと

  • 4

    米総領事館に亡命申請にきた十代活動家を香港当局が…

  • 5

    日本で研究不正がはびこり、ノーベル賞級研究が不可…

  • 6

    韓国の高齢者貧困率が日本を超える理由

  • 7

    新しい原子力エンジンで火星への到達時間が半減?

  • 8

    「中国共産党は略奪者」 米国務長官ポンペオ、一帯一路…

  • 9

    「みんな承認欲求をこじらせている。それを意識して…

  • 10

    「ペンシルバニアで多くの黒人が棄権しない限りトラ…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 3

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の勘違い

  • 4

    菅首相は安倍首相に続き自滅か

  • 5

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 6

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 7

    黒人プラスサイズのヌードを「ポルノ」としてインス…

  • 8

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 9

    ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

  • 10

    新しい原子力エンジンで火星への到達時間が半減?

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 5

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 6

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 7

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 8

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 9

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の…

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月