最新記事

米中サイバー戦争

米中新冷戦の主戦場はサイバー攻防戦

U.S., China's Cold War Is Raging in Cyberspace

2020年9月17日(木)17時45分
ナビード・ジャマリ、トム・オコナー

米中新冷戦の最も熾烈な戦場は仮想空間だ namussi-iStock.

<軍事的、経済的優位を確保するためには、卑劣な手段も厭わず他国の技術を盗む中国と、それを防ごうとするアメリカの最前線>

世界の2大超大国の覇権争いはかつてない規模までエスカレートしており、そこでは米政府と企業が束になってかかっても防ぎきれない「壮大な泥棒」、即ち中国政府系ハッカーが幅を利かせている。

中国政府は外国の知的財産を組織的かつ大量に盗んでいるという批判を躍起になって否定する。しかし、米中が技術的・軍事的な優位をめぐって熾烈な競争を繰り広げる今、中国の組織的なサイバー攻撃でアメリカが被る損失は年間約5000億ドルにも上ると、米防諜機関のトップは言う。

「中国による知的財産の盗用で、アメリカは年間約5000億ドルの被害を受けている」と、米国家防諜安全保障センターのウィリアム・エバニナ長官は本誌に語った。「これは中国がアメリカの25%の世帯から、1世帯に付き毎年4000ドル~6000ドルを盗んでいるのに等しい」

11月の米大統領選を目前に控えた今、米中関係は悪化の一途をたどっている。ドナルド・トランプ米大統領は支持基盤向けに新型コロナウイルスの感染拡大を中国のせいと言い切るなど対中強硬姿勢をアピール。米政府高官は経済や通商、南シナ海などにおける領有権争い、中国の少数民族ウイグル人の人権問題などで日々、中国批判を繰り返している。

だが、米中の最も熾烈な攻防戦が繰り広げられているのはサイバー空間だ。

パソコンごと盗むことも

FBIは、アメリカの政府や企業を標的にした中国絡みのハッキングやスパイ活動の増加は、中国当局の指示によるものだとみている。クリストファー・レイFBI長官は今年7月、現在捜査中の5000件のスパイ事件の半数近くは中国絡みだと述べた。

「中国絡みのスパイ事件が増えているのは、中国共産党のせいだ」と、FBIは本誌の取材に書面で回答した。「中国共産党は、軍事力と経済規模で優位に立つため、アメリカの知的財産と機密情報を盗む活動を続けている」

FBIによれば、中国人ハッカーの標的になるのは、情報技術、通信ネットワーク技術、軍事技術など。主な手法はサイバー攻撃だと言われているが、「中国は知的財産の盗用、米企業の合法的買収、データの入手を目的とする(パソコンなどの)物理的な盗みといった手法も多用している」。

米政府が総力を挙げても、この脅威を封じ込めるのは難しい。

「連邦政府は民間部門や地方自治体とも連携し、それらの出先機関も総動員することで、より効率的に中国によるスパイ案件を特定」することに努めていると、FBIは指摘する。「FBIは何年も前から中国のスパイ活動について警告し、民間部門や学界とも積極的に連携し、脅威に対処してきた」

ニュース速報

ワールド

米ファイザー、コロナワクチンの治験データ「まだ公表

ビジネス

米ホワイトハウス、大統領選前のコロナ対策合意に懐疑

ビジネス

ANA、過去最大の最終赤字へ 航空事業の規模縮小

ビジネス

EXCLUSIVE-中国人民銀、元基準値の調整措置

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 2

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 3

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 4

    ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

  • 5

    中国が極超音速ミサイルを配備、「能力の無駄遣い」…

  • 6

    新型コロナウイルスは糖尿病を引き起こす? 各国で…

  • 7

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 8

    米沿岸警備隊、西太平洋に巡視船配備へ 中国船の違…

  • 9

    黒人プラスサイズのヌードを「ポルノ」としてインス…

  • 10

    アメリカ大統領選挙、ラストベルトもトランプ離れ …

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 4

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 7

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 8

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 9

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 10

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月